良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

プロ野球

何故、球団新人登板記録の榎田がかわいそう。西武の岡本とトレードに。

投稿日:

西武の岡本洋介投手と阪神の榎田大樹投手が1対1の交換トレードが成立しました。

今季の球界では初のトレードになります。

何故この時期にと気になった人は多いのではないでしょうか?

もうオープン戦が終わり、シーズンまであと3週間を切って開幕するこの時期ですからね。

余計に何故?って思いますよね。

このトレードの意味を分かりやすく簡潔にお伝えしますね(*´ω`*)

 

こちらの記事も人気ですよ(*’ω’*)

ロシアの13才の天才少女トルソワの4回転ジャンプが羽生結弦に似ている理由。

 

新人球団登板記録の榎田投手

 Sponsored Link
 

榎田って実は凄い結果残しているんですよ。

参照:Yahoo!

球団1年目の11年に球団新記録の登板数となる62試合に登板しました。

榎田は野球少年をそのまま大きくしたような素朴で親しみやすい人柄です。

しかも大学から社会人まで経験しているので落ち着いた物言いで受け答えはとても丁寧です。

それだけではないですが、阪神ファンからはとても愛されてました。

持ち味は落ち着いたマウンド度胸。

とても冷静沈着です。

力で勝負するのではなくスライダー・カットボール・スクリュー・フォーク・カーブと多彩な変化球を持ち、制球力を武器にする投手です。

これらの事からピンチの時ほどよりしからが発揮されるのでストッパーを任されることが多い投手でした。

 

西武の岡本

阪神ファンの方はあまり知らない方が多いと思うので、これから仲間になるので紹介しますね。

参照:Yahoo!

 

岡本洋介 1985年9月27日

和歌山県西牟婁郡すさみ町出身です。

実は父は元プロ野球選手の岡本光。

(巨人に2位で指名で入団した投手なんです)。

 

2009年に西武にドラフト6位で入団しました。

 

2013年10月13日ロッテ戦でプレーオフ初登板初先発し、安打1四球無失点でプロ初完封勝利を挙げました。

プロ初完封勝利をプレーオフ初登板の試合で挙げたのは史上初だったのです!

2015年からは主にリリーフとして登板し自己最多の42試合に登板しました。

持ち味は力のある直球とスライダー・シュート・カーブで本格的な右腕です。

 

何故トレードに?

 

では、何故この二人がトレードに出される事になったのかと気になりませんか?

彼らはまだ30代前半。

このまま終わっていくにはまだまだ早すぎます。

 

西武は先発左腕が菊池だけという台所事情から昨季までリリーフだった武隈の先発転向も視野に入れているそうです。

ですが、そんな簡単にはリリーフから先発にはなれません。

スタミナの問題やペース配分など自分なりの調整が必要ですからね。

ある程度経験値が必要です。(その逆もしかり。)

一方で高橋朋や小石らが中継ぎとしているものの、また今度はそこが手薄になるので、実績十分の榎田に白羽の矢が立てられたのです。

榎田は昨季は若手の台頭もあって自己最小の3試合の登板に終わりましたが環境が変わって復活する期待が大きいのです。

 

では、阪神はどうなんでしょう?

 

阪神は逆ですね。

経験のある右腕を探してました。

阪神は昨秋のドラフトで1位で馬場・2位高橋遥を指名。

大卒のルーキー2人を含め、投手陣は20代の若手中心の布陣となっています。

30代の日本人の右腕は藤川と桑原だけ。

そこで32歳の岡本は先発・中継ぎと経験豊富で昨季はローテの穴を埋める役割自己最多の6勝をマークしました。

両チームは昨季はともに2位でしたので、優勝に向けてウィークポイントを補う形となったのです。

 

まとめ

 

しかしこれは個人的な感想ですが、

どっちかというと阪神の方がお得な感じはありますよね。

榎田投手は正直もう阪神では投げるところが無いんですよね。

若手の活躍・鉄壁の外国人・メジャーからの復帰。

すでに1軍の投手は多種多様な投手がいます。

ここに榎田投手を入れる必要性がほぼ感じられない。

 

コントロールが良くても、桑原や髙橋がいます。

 

ストレートが速くても外国人投手や岩崎もいます。

あ、桑原も速いですね…

 

変化球が凄くても桑原や藤川、外国人投手がいます。

桑原…(笑)

 

正直、先発以外では阪神は最強ですよ。

その先発も藤浪が復活したら…。

メッセンジャー・秋山・藤浪・小野・能見・あと一人ですね。

 

阪神はなかなかいいトレード出来たのではないでしょうか?

 

逆に西武は簡単になって申し訳ないですが、

怪我でだいぶ落ちてきている榎田がもう一度怪我でもしたら…

どうなるんでしょうか?

復活してきているとはいえ、怪我は慢性的に来たりもします。

ましてや最近ではあまり1軍で活躍はしていません。

ちょっと厳しいのではないかと思いますね。

 

しかしこればっかりはシーズンが始まらないと分からない部分です。

両投手の活躍を祈りましょう!!

 

こちらの記事も人気ですよ(*’ω’*)

ロシアの13才の天才少女トルソワの4回転ジャンプが羽生結弦に似ている理由。

Sponsored Link



Sponsored Link



-プロ野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事




アーカイブ