良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

世の出来事

宮川泰介選手が会見で語る日大・アメフト部の不満。皆の知りたい指示の有無や全貌が分かった。

投稿日:2018年5月22日 更新日:

日本大学と関西学院大学のラフプレー問題。

もう“ただのラフプレーです。すみません。”で済まない事になっています。

これはもしかすると刑事事件になるかもしれないのです。

何故ここまでラフプレー問題が大きくなったのか。

それは日大の監督である内田正人前監督とそのコーチがラフプレーの指示をしたのかしてないのか。

そこをはっきりさせずに誠意無き謝罪をし、事をうやむやにしたまま終わらせようとする魂胆が見え見えだからですよ。

もちろん他にも問題はあります。

はっきり言って本当は選手同士、学校同士の問題ですが、ここまでスポーツを馬鹿にした態度はスポーツが好きな我々は関係ないけども、

腹立だしいしはっきりさせないと気がすみません。

そもそもここまで問題が大きくなってるのですから監督を辞任するだけでなく理事も辞任しろよー!!と言いたくなります。

ラフプレーをした選手が会見し語りました。

どこか悲しくなりましたよ…相当不満が溜まってるのでしょう。

 Sponsored Link
 

ラフプレー騒動の概要

 

問題となったラフプレーは、5月6日に東京・調布のアミノバイタルフィールドで行われた試合で起きた。東西を代表する強豪校同士で、17年の大学選手権(甲子園ボウル)でもぶつかった日大と関学大の一戦だ。

この試合冒頭、日大のディフェンス選手がラフプレーを連発。パスを投げ終え無防備になった相手クォーターバック(QB)に背後から走り込んで強烈なタックルを加えるなど反則行為をし、試合開始から5プレーでこの選手は退場処分となった。

試合の模様を報じた6日の共同通信の報道によれば、この日大選手が退場したのは、試合中に口論となった相手選手を殴ったためだという。試合は21-14で関学大が勝利したものの、関学大の先発QBは反則タックルにより負傷し、一時フィールドを離れた。

問題の動画

 

 

被害選手の父親が涙の会見

 

 Sponsored Link
 

 

6日に行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日本大の守備選手が関西学院大の司令塔であるクォーターバック(QB)選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた問題で、21日夜、負傷した関学QB選手の父親が大阪市内で会見し、警察に被害届を提出したことを明らかにした。父親は大阪維新の会の奥野康俊大阪市議。この日に奥野氏と息子である被害選手、妻の3人で提出した。相手はタックルを仕掛けた日大選手の名前で提出したという。

 

見ていて悲しくなりますよ…

 

やはりこの会見を開く、被害届を出す理由は『そこなんだな。』という事でした。

 

ー加害者がなぜあそこまで追い込まれたのか、その一点をあちらの監督の会見で一言いっていただきたかったー

 

全く無かったのです。

我々がずっと気になっていた事が何一つ語られませんでした。

むしろラフプレーの指示はしていなく、ラフプレーをした選手が悪い。

しかしその監督責任は取る。だから理事は話は別だけども監督は辞める。

ラフプレーの指示をしたと世間で言われているがそれは心外だとまで仰っていました。

なんですか。選手を切り捨てるような発言は…その上で選手をまたアメフトをやらさせていただきたいとか。

この内田前監督に怯えているのですよ。ラフプレーをした選手は。

自分を守りたいがために理事に残って…意味が分からない。本当に腹立だしい。

 

被害選手も親御様もみんなも知りたいポイント

 Sponsored Link
 

ここでは加害選手の語った全貌をまとめて記載します。

大学の事情も聞き取りがあったのに対応も遅いし、アメフト部からも事情聴取もない。

相当この加害選手も不満が溜まっているのでしょう。

 

  • 日大の指示があったのか
  • 普段からどういう部の体質があったのか
  • どういう認識でラフプレーをしたのか

 

加害選手のご両親、ご本人は顔を出さない謝罪はないと経緯があるようですね…。

監督やコーチからは指示があった事を説明するためでもある…。

それを無くして被害選手への謝罪はない。

 

井上コーチ・内田正人前監督の指示はあったのですね…

そして普段からそのような指示を断れない圧倒的な圧力はあったという事で、

自分では正常に判断が出来ない中でのラフプレーという事になります。

 

これは犯罪教唆にならないのでしょうか?

まだ20歳になったばかりの子ですよ。そんな子に…一般の子ですよ。

こんな会見をさせるなんてどういう事か大学側・アメフト部側は何とも思わないのでしょうか?

内田前監督よりしっかりとした会見をしているじゃないですか。

今よく言われているパワハラまがいな事をこんな場に出てはっきりと話するなんて凄い事ですよ。

それを“監督やコーチのせいにするわけでは無く自分のせい”と仰っています。

内田前監督と真逆な会見になっていますね。

 

みんなの感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-世の出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事




アーカイブ