良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

プロ野球

マー君が本気出すとこうなるパート2。崖っぷちのヤンキースを救う。

投稿日:

もうこれシリーズ化してしまおうかと思いました。

マー君が本気出すと球団を救うらしいです。

 

前回の記事はこちら。

マー君が本気を出すとこうなる。ブルージェイズにやり返して15奪三振ショー!!

 

 

本日、現地時間8日(日本は9日)でマー君こと田中投手は、

インディアンス戦で7回を無失点、92球3安打7三振と圧巻の投球で勝利投手を勝ち取りました。

8回はロバートソンに交代したのですが、1アウトを取ったところでピンチを迎えて交代。

その後から終了までアウト5つを【たった一人の異次元の住人】チャップマンがあっさりと締めくくりました。

 

個人的にはチャップマンが無双状態に入ってましたので、そこに顎が外れそうなぐらい驚きました。

167キロのボールを投げた時には笑ってしまいましたね(笑)

 

【自分のボールを信じるだけ】

2連敗でもう負けられない崖っぷちの中8日で登板。

前日には『自分のボールを信じて投げていくだけ』っと言っていたように、

初回からエンジン全開の本気モード。

スプリットがキレッキレで2三振と快調な立ち上がりでした。

 

4回には1アウトから2番キプニスにライトへ3ベースを打たれ大ピンチも、

スプリットの連騰で3番ラミレス、4番ブルースを連続三振に仕留め、

田中投手は吠えました。

あの姿はやっぱりカッコいい!!

【動画】4回のピンチを三振で切り抜けて吠えたマー君!

 

味方のファインプレーにも助けられた

5回に初めてノーアウトからランナーを出しました。

ですが、7番ブラントリーを二ゴロのダブルプレーで片付けました。

6回も先頭にヒットを許しましたが、

1アウトランナー1塁からの1番リンドアの右翼へのホームランボールをジャッジが201センチの長身を生かしキャッチ!

これには田中投手も脱帽してました(笑)

っというか、そこにいた人、テレビで見ていた人、みんな脱帽だわw

 

7回は3者凡退で仕留め7回92球で降板。

その裏に、先頭のバードがミラーから豪快な先制ソロホームランでした。

 

試合後、賛辞の嵐の田中投手

もちろんこの勝利はチームで勝ち取った勝利でしょうが、やはり強力なインディアンス打線を抑えた田中投手に賛辞が送られるのは必然でしょう。

『タナカはヤンキースが最も必要としていたことをなし遂げた』

『タナカは4年に渡るヤンキースでのシーズンにおいて、最高の結果を記した』

っと地元誌は称賛しています。

そして監督のジラルディも…

『お見事。持てる物すべてを出し切ってくれた。今夜見せた、これ以上の投球は望めない』

『(シーズン最後の登板で)15奪三振を記録したわけだが、今夜は強打の打線に対して最高のパフォーマンスであったし、無失点に押さえ込んでくれた。私がこれまで見てきたなかで、彼のベストパフォーマンスだろう』

っと、最大級に称賛してくれてますね。

 

チームメイト捕手サンチェスも、

『僕が知る中では今季ベストの内容だったかもしれない』

『全部は防ぎきれないけど、今日はいい結果が残せた』

キレのあるボールを投げるピッチャーの女房役は疲れますねw

 

守護神チャップマンも

『タナカは素晴らしい仕事をしてくれた』

あなたのボールはすべて危険球だと思います。

っというか反則球だ!

調子悪くて150キロ台ってなんなんだ!笑

 

おわりに

最後に田中投手は試合後振り返ってこう答えてます。

こういうゲームに勝つためにここに来た。

『こういうゲームに投げて勝つためにここに来たと思っているので。前回(2015年)僕はプレーオフで、ワイルドカードゲームで投げた時は負けてしまいましたけど、今回こういう状況の中でこういうゲームに勝てたということが、こっちに来てから1番大きな勝利なんじゃないかなと思っています』

 

バードが値千金のソロホームラン。ダグアウトの裏でテレビで見ていた田中

『ガッツポーズがやっぱり出ましたね。『ヨシ!』ってなりましたしね』

それでも田中投手は…

『今日に限ってはもちろん良かったと思いますし、自分自身を褒めたいと思いますけども、それでもまだ1試合なので。1回やったからどうなんだっていうところはあるので、こういう投球を繰り返しできるようにしっかり準備して投げていくだけですね』

彼はなんでこんなに向上心があるんでしょうね?

どの場面で結果を出しても、そこで満足しないというか…。

 

本当に【不思議な子】ですね(笑)

 

田中投手の勝利で突破口が見えてきたヤンキース。

ですが、まだまだピンチなのは変わりありません。

明日は田中投手を兄貴と慕うセベリーノ投手です。

全く見逃せない試合ですよ!

 

 

前回の記事も人気です!

マー君が本気を出すとこうなる。ブルージェイズにやり返して15奪三振ショー!!

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-プロ野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

MLB地区シリーズ、ヤンキース30秒ルールで負けた…じゃねーよ!采配ミスだよ!!

今MLBポストシーズンで大盛り上がりです。 今日もドラマがありましたね。 っというよりも毎日メイクドラマです。   ヤンキース対インディアンス第2戦 ヤンキースは8-9の大逆転負けを食らい崖…

続きを読む

財界で活躍されている京大出身者は野球選手でも魅力的なんです。

野球選手で争奪戦っと言えば、 『FA権を取得した』 『ドラフト1候補』 など理由があるんですけど、こんなパターンもあるようです。 何年か活躍してFA権を取得すると、他球団はやはりその選手を欲しがります…

続きを読む

no image

大谷がメジャーで暴れる事を決断したようです

昨日の試合で圧倒的な力を見せつけた大谷投手。 6回途中1安打無失点で降板しました。 2回には1死1、2塁の場面ではギアチェンジ。 この日最速の163キロの計測しましたね。 やっと今シーズン初勝利を手に…

続きを読む

no image

虎の戦士・安藤優也投手が引退します。気になる動向は?

2008年から3年連続で開幕投手を務めた安藤優也投手が今季終了後、 引退してしまいます。 虎一筋で背番号16番と同じタテジマを背負ってきた、戦ってきた男がついに16年の幕を降ろします。 もくじ1 今シ…

続きを読む

来季は小川監督と宮本ヘッドコーチ!あれ?高津二軍監督は?ヤクルトには秘策があった!

来季に向けてチーム編成が慌ただしくなってきましたね。 ヤクルトもまだまだ一部ですが、面白い編成が垣間見れてきました。 この記事では憶測には過ぎませんが、何故この編成なのか、今後の狙いは何なのかを見てい…

続きを読む