良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

ジャニーズ

関ジャニ∞の渋谷すばる脱退…手越祐也のコメントや過去の共演者や渋谷すばるやメンバーのコメントを紹介。

投稿日:

もうそこら中で情報が出ていますが、ここでは何故海外を拠点にするのか半分憶測ですが書かせていただきたいと思います。

またこれだけ活躍している関ジャニ∞の皆さんです。芸能界から驚きの声も出てきています。

そちらも紹介したいと思います。

渋谷すばるさんとその他のメンバーのコメントも紹介します!

そして手越祐也さんのコメントも!!

 

ジャニーズファンだけじゃなく日本に衝撃

 [ad#ad-1]

いや…しかし驚いた。

本当に驚いた。

ここまで今リアルに活躍している人がそれを捨ててまで自分に追いかける事はないんじゃないかと思う。

概要

人気グループ・関ジャニ∞の渋谷すばるが15日、都内でメンバー6人(安田章大は欠席)で会見を開き、年内でジャニーズ事務所からの退社、グループからの脱退を発表した。

会見ではグループ、ジャニーズ事務所を飛び出して海外を拠点に音楽を学びたいという渋谷すばるの強い決意、そしてCDデビューから13年の苦楽を共にしてきたメンバーからの激励の発言が多く見られましたね。

またグループのコミカルな路線…バラエティなどが離脱の理由として挙げられていましたが、これについては『責任を持って否定させていただきます』とそれまでの神妙な面持ちから一転、笑みを見せながら心境を明かしてくれました。

 

何故関ジャニ∞もジャニーズも辞めるのか

 

繰り返しになりますが、今バラエティでも活躍しCDを出しても常にランキング上位どころか首位間違いなしのグループなのですが、何故このタイミングで関ジャニ∞もジャニーズも辞める決意をしたのか。

渋谷すばるさんのコメントをすべて記載します。

 

渋谷すばるのコメント

 

――具体的にどんな音楽をこれから提供して、目指していきたいのか。そしていつ頃何がきっかけでそういうエイトを抜けてジャニーズをやめるという決断に至ったのか。

渋谷「考え始めたのは35歳を過ぎた辺りからだと思うんですが、年齢的なタイミングと言いますか、人生半分くらい来たのかなーってことをぼんやり考え初めたのが最初で。意思が自分の中で固まったなーと、自分で感じたのは今年の1月辺りです。意思が固まった以上はなるべく早くお伝えしないと、今後のことを考えると、いろんなご迷惑が大きくなるだけかなと思いまして、このタイミングになったということですね。音楽というものをいままでちゃんと勉強したことがないんで、そいうった音楽の学校なのかというのも、いろいろあるんで、そういう所にまずは行って学びたいなということです」。

――それは関ジャニ にいる状態では出来ないことなんでしょか?

渋谷「えー…音楽の学校に通うということですか? 出来る出来ないはまぁ、そうですね、出来なくないと思いますけど」。

――辞めるという決断までされたというのは、なにか特別な思いが?

渋谷「今まで自分は音楽が好きだということで活動してきたんですけど、ここ何年間かは特に音楽の活動をたくさんやらせて頂けて、グループとしてもそうですし、個人としても音楽活動させて頂けた中で自分としてはものすごく、命がけでやらせていただいたんですが、その経験が合ったからこそ、さらにここから先に人生は自分の責任でどこかでやれるかということに、今後に人生をかけてみたいという思いです」。

――(単独初主演映画)『味園ユニバース』を演ったあたりとか、ソロツアー、それからロックフェスとか、そういうところから、だんだんそういう気持ちになっていったんですか?

渋谷「そうですね、ここ最近は特に音楽活動が多かったですから」。

――年齢的にも人生を考えてということですけども、具体的に活動の中できっかけになったものは?

渋谷「これっていうきっかけっていうのも、ずっと音楽が好きで、活動してきたというのもあって、これがきっかけというのは無いんですが、音楽活動があった上で、それだけではなく、自分の中では21年間すべてという考えなんですけど、いろんな音楽活動を最近させて頂けていたというのが自分の中で大きいですね」。

―― 一部ではバラエティ番組が嫌だったという報道があるが?

渋谷「責任持って否定させて頂きます(笑)」。

――やっぱりそれはノリノリで?

渋谷「はい!」。

 [ad#ad-1]

――関ジャニ とはどういう存在?

渋谷「間違えなく一番自分の中で大切で大きい存在で、家族より長く長い時間をともに過ごしてきた人たちなんで、中途半端な覚悟や中途半端な思いでは、何ひとつ出来なかったです。何をするにも、全員本当に命がけで取り組んできたからこその今があると思ってるんで、自分もその経験があったからの今回この決断に至ったので、もう本当に心からの感謝と心からの申し訳ない気持ちとです」。

――メンバーに支えられてここまで来たって、言葉がありましたけど、もっと甘えて、申し訳ないけど、自由に勉強させてもらえないかってそういうふうな思いは生まれませんでしたか?

渋谷「なかったです」。

――もうここは自分の決意で?

渋谷「はい」。

――メンバーの方々に直接ご自身の言葉でどんな風に伝えた?

渋谷「今まで自分は音楽が好きで、活動をしてきて、その中で年齢的なことを考えることもあり、今後の人生は、自分で音楽を学び、一から学んでやっていきたという意思が固まったので、正直辞めさせて頂きたいという意思を伝えました」。

――今皆さんのそれぞれのごあいさつを聞いて、どんな風に思ったか?

渋谷「もう…感謝しかないですね、感謝と本当に申し訳なさと。どんな理由があれ、どんな決断だとしてもこれは迷惑をかけてしまうことは間違いないことなので、そこに関してはただただ申し訳ない気持ちしかないのですが。にも関わらず、一人ひとりが言ってくれた言葉というのは、頑張って来いよというのが感じ取れたので、本当に感謝しかないです」。

――15歳から21年間、振り返って今思うことは?

渋谷「本当に良かったなと思っております。いろんな経験をさせて頂きましたし、15歳という年齢から21年間という一番多感な時期を、そういう時間を、こういうジャニーズというところでお仕事させて頂くことで、自分という人間も造られて来たので、感謝しかないですし、今後の人生もジャニーズというところで21年間、そして関ジャニというグループで活動させて頂けたんだというのが、自分の人生において一生の誇りだと思うんで。感謝と誇りというものを常に胸において今後生きていきたいと思ってます」。

――逆に大変だった、しんどかったことは?

渋谷「ん~…いやでも、楽しいことしかなかったですね。それは一人じゃんなかったですから。ありがたいことに仲間がずっと横にいてくれたんで。なんか誰かがつらそうな時には助け合えたのがグループのいいところで。大阪から一緒に出てきたっていうこともあり、すごく絆が深い仲間ではあるので、つらいというより、助け合えたという、楽しい、いい時間でした。」

――今後海外を拠点にするとのことですが、場所はどこで、どのようなジャンルの音楽をやっていきたい?

渋谷「これから…いろんな所があると思うんで、語学も同時に学びたいと思っているので、これから具体的に探していこうかなと思うんですが」。

――思い描いているご自身の将来の形は?

渋谷「音楽学びながら、自分の音楽というのを、それは今までと変わらないかもしれませんが、自分の中から出てくるものを、音楽として形にしていけたらなっと思っております」。

 [ad#ad-1]

――ジャニーさんからお言葉は?

渋谷「直接電話をさせて頂きまして、今回こういう決断をしましたということを伝えさせて頂きました」。

――ジャニーさんとどんな話をしたのか?

渋谷「今回決断をしましたという経緯と、とにかく今まで育てて頂いた感謝の気持ちをお伝えしました」。

――ジャニーさんは?

渋谷「『そう決めた以上は応援するしかないので、頑張りなさい』という言葉を頂きました」。

――昨年事務所で解散とか辞められるケースがありましたが、そういった先輩の姿の影響は?

渋谷「全くないです。どちらも」。

――先輩への相談もまったくない?

渋谷「ないです」。

――全く一人で決めたということ?

渋谷「そうです」。

――今目標としている先輩、目標とする人は?

渋谷「特にないですね。自分なりの音楽表現でちょっとでもお伝えしていけたらなぁ…というようなことは思ってます」。

――事務所で目標にする方は?

渋谷「目標にする方がいたら僕やめてないと思うんです」。

 

――音楽留学する際にアジアなのかアメリカなのかヨーロッパなのか具体的な希望は?

渋谷「語学も含めてなので英語圏のがいいのか漠然とは思っている。英語を習得したい、世界共通語というのもありますので英語は取得できたら」。

――関ジャニ の活動のなかで一番印象に残っていることは?

渋谷「一番印象に残っていることは、メンバーと、何気ないこと、楽屋でしょうもないことを話したり、バカ笑いしている時の顔とか空気とかがなにか、いつも絶え間なくあったなというのが一番です」。

――入ってきた時、すばるくんは目と鼻が真っ赤だったような気がしますが。

渋谷「直前に目薬を差しました…すいません(笑)」。

――”eighter”(ファンの総称)の皆さんにメッセージは?

渋谷「申し訳ない気持ち。言っても言い尽くせない。コンサートを楽しみにされて来た方はたくさんいらっしゃる気持ちでしかない。今、自分勝手な判断で抜けるんですが、その後のグループを6人が今、さらに大きく強くしていくために今まで以上に心をひとつに絆を深めているんです。自分が言えることではないですが、これからの、ここからの関ジャニ を見守ってくれたらと思っています」。

 [ad#ad-1]

――ソロデビューや音楽を制作したいなど、留学後のビジョンは?

渋谷「勉強をしていくなかで今までの曲を作ることはしてはいたので、それもイチから勉強していくなかで出てくるものがあれば形にしていこう。それをなんかしらの形で発表していくかはわからないですが、タイミングや機会があればいずれはしていけたら」。

――引退ということではない?

渋谷「音楽表現はしていく。芸能界というのはどこまでといえるのかわかりませんが引退ということではないです」。

――いつくらいの時期にジャニーさんに報告?

渋谷「2日前とかですかね。」。

――7人全員で集まって話し合ったのは何回くらい?

渋谷「全員では2回とかですかね。食事で話はなしたりとか。現場でもありましたね」。

――留学をいつから行きたいというのも決まっていない?

渋谷「そうですね。これから自分の活動の最後がどこになるっていうのはこれからになると思うんで、それが見えてきたら決めようと思っています」。

――ファンの方の前であいさつをするのはコレで最後?

渋谷「ですかね。今後の残された活動でその中でどんなことをやっていくかっていうのもこれからなので、なんとも言えないところもありますが」。

――せめて今年いっぱいとか、あるいはコンサートツアーが終わるまでやるという決断はなかったのか? なぜこのときなのか?

渋谷「自分の意思が固まったのが今年の1月くらいなので、自分の中でそういったことが固まった以上は事務所にもなるべく早くお伝えしないと、もし今後いろんな仕事が頂いてたり、決まってたりしたならば、どんどんご迷惑が大きくなるだけだなと思ったので、お伝えしたんですが、自分がお伝えしたときには、もうアルバムの制作だったり、ツアーの制作が始まっていた段階だったので、その段階で自分が把握しているすべての仕事はやらせて頂きますという意思でお話させて頂きまして、あとは事務所の判断もそうですし、実際活動していくのは6人のメンバーなのでそこはお任せしますという話をしました」。

――せめてコンサートがおわった後という判断は?

渋谷「コンサートの制作始まっていたので、すべて終わるまでは僕が責任持ってやらさせてくださいということでお伝えさせて頂いたんですが」。

――コンサートが6人体制で行われることに対しては?

渋谷「僕はもう全て受け入れて、自分に残されたやるべきことを責任持ってやらさせていただきたいなという気持ちです」。

 [ad#ad-1]

今回の会見で夏のツアーにも参戦しないという事を発表されました。

これもファンの方にはショックな出来事の一つでした。

関ジャニ∞脱退でショック、ジャニーズも脱退でショック、ツアーにも参戦しないっという事でショック。

もう…何というか…

夜の報道番組ではファンの方で泣いてる方がたくさんいらっしゃいました。

そりゃそうでしょうね…。

宮根さんは『明確では無いんですけどすばるくん以外のエイトが「俺ら6人でもできるんだぞ」とeighterとすばるくんを安心させる為に決断したのではないか』と言っていました。

 

海外を拠点にする理由

 

ここからは独自の視点での見解になりますが、

何故音楽を勉強するのに海外を拠点にするのか?って思いませんか?

渋谷さんのお話では『今までまともに音楽の勉強してこなかった(音楽の学校にいくなど)』と語っていました。

 

そんなシンプルな事では無いですが、海外で音楽を勉強するという話は有名人ではよく聞く話です。

関ジャニ∞の渋谷すばるが国内の音楽学校などに行くって事は普通は考えないでしょうね。

もし行ったら学校はとんでもない事になります(笑)

まず学校などに行くとするならこの理由だけで海外一択になるでしょう。

 

他にも『英語圏での活動を…』と語っているので、もしかしたら今後はソロかバンドかはわかりませんが、

英語詞などを含めた楽曲などを作成し、自らも楽器を学び使った活動なような気もします。

一部でもロックな楽曲が好きという話があるように、きっと全く違う渋谷すばるを今後披露していくのでしょうね。

 

メンバーのコメント

 

ここからは渋谷すばるさん以外のメンバーのコメントです。

 [ad#ad-1]

横山裕

「まずはじめに、ファンの方に心配をかけ、そして僕たちに関わってくれているスタッフの皆さま、各関係者の皆さまにご迷惑をかけたことを本当に申し訳なく思っています。どうもすみません。正直、きょうという日が来ないで欲しいという思いでいっぱいでした。僕なりに全力で、すばるにいてほしいと思いも伝えました。でもすばるの思いは強く、何の迷いもなく、それを聞いたときに、僕たちも下を向いててはいけないだろうと本当に思いました。これから、すばるの厳しい道が待ってると思います。僕たちもすばるに負けないよう、全力で前を向いて突っ走っていくので、皆さまどうかお力を貸して頂ければ幸いです。よろしくおねがいします」。

 

 

丸山隆平

「まさかデビューする当時はこのようなことがあるとは思っていなかったですし、ファンの方々にもすごく仲のいいグループだって、そういう空気を楽しんで頂いた時間がたくさんあったんですけども。本当に仲が悪くなってとか、いろいろ考えたりとか、詮索とか、きっとね想像する方がたくさんいると思うし、それはeighterの中にも、ファンの方々の中にも、どんなふうにこの事実を受け止めるのかっていうのは、僕たちの手の届かないところで想像したり考えたりあるのは当然だと思うんですけど。これは関ジャニ∞で、みんなで向き合って、すばるくんとも向き合って、出た結果であって、メンバーってことには変わりはないですし、これからもそういうすばるくんがいる関ジャニ∞、そうじゃない関ジャニ∞っていう形でこれから進んで行くんですけど、エイトってことは事実なので、これからもそういう思いだったりとか、みんなで一緒にいた時間っていうのを、ファンの方々と共有しながら進んで行けたらなと思います。どんなふうに感じるかわからないですけど、前向きにプラスの方に僕たちが考えて進んでいきたいと思っているので、変わらず渋谷すばる、関ジャニ∞を応援して頂けたらと思います」。

 

 

大倉忠義

「そうですね、こういく結果になってしまったことは非常に残念なことなんですが、メンバーってすごく不思議な存在で、他人なんですけど家族のようであり、そういう大事な存在の一人が下した決断っていうことは、もちろん応援したいし、一緒に7人で夢を追いかけて行きたかったですけど、すばるくんがそういう夢を持ったのであれば、応援するべきなのかなと思いました。この数日、ファンの方々、いろんな憶測が飛び交うような形になってしまいましたけども、悲しい寂しいって思いはあると思いますが、僕らと同じような気持ちで背中押してあげて欲しいなっと思います」。

 

 

錦戸亮

「せっかくの日曜日に、ありがとうございます。初めて聞いたときは正直びっくりもしたんですけども、今こうして、僕たちがジャニーズ事務所っていう大きな事務所の中にいて、守られているというのがわかった状況で、ここを飛び出して、やっていきたいって 、決めるってことがすごい決断だったんだと思うんです。僕的には。だからそこらへんの覚悟だったり、本当に自分がやりたいことっていうのを見つけたすばるくんの決断を僕は尊重したいですし、もちろん頑張って欲しいですし、証明してくれるような未来を作っていって欲しいですし、きれい事かもしれないですけど、僕ら自身も6人でこれからやっていって、“すばるくんどうよ”っていうのをやりたいなと思いますし。なんか、頑張れだなって思いましたね。すばるくんの歌声が一生聴けなくなるわけではないので、すばるくん、6人の関ジャニ∞を応援していただけるとうれしいです」。

 

 

村上信五

「メンバーが言った言葉が全てではあるんですが、まずはファンの皆さまに、このような形でベストアルバムもそうですし、ツアーもそうですし、いろいろ準備していく最中でのこと、ご迷惑をかけてしまって申し訳ございません。最初に話を聞きましたときに、ここまでの思いとは正直最初は思っていなかったと思います。僕と横山は、彼がいたジャニーズの21年というのは、僕らのジャニーズの21年でもありますので、そこでも彼が下した決断というのは、一人の男としての決断なんだなという思いで。これほど付き合いの長い僕らからすると、尊重する以外のなにものでも無かったですし。この話し合いの中で、一度も揉めるということもなければ、憤ることもなに一つなく、話して話して…そうかと。すばるのまだ見てない音楽というのを僕らがいずれ聴くまで、僕たちは関ジャニというグループで頑張るから、お互い頑張ろうねということがきちんと話せた上でのこの度の形ということになりました。正直僕らにしかわからないところでもありますし、どうしていったらいいかというのは、やるべきことを一つひとつやっていき、皆さまに安心して僕らを見ていただける状況をつくっていくことだと思いますし。ファンの方はわかるとは思うんです。「eighter」という言葉はすばるから最初に出てきた言葉ですし、それは一番皆さんがわかってくださってることです。この言葉を残し旅立っていく。我々もそれを受け継いだ上で、向き合っていくべきことだと思います。家族であり、友人であり、ライバルありというような時期をみてきています。Jr.のときからこのメンバーで、関ジャニ∞としてデビューできるかもわからない時間を過ごしてきた中での今回の決断ですので。新しいカテゴリーが出来てしまった僕らにしかわからないところでの思いというものもたくさんあります。でも、いち男としての決断は背中を押す以外になかったことですから。しばらくまだ活動は続きますので、その前にきちんとご説明したいなと思いました」。

 

 

安田章大

「本日このような大切な場であるにも関わらず、欠席することになってしまったこと、おわび申し上げます。2月中旬に初めて渋谷の意思を聞いたときは、正直理解が追いつけませんでした。唯一無二のグループになることを目指して、共に歩んでいる道中ということもあり、もちろん彼の選択を止めました。必死に止めました。しかし、渋谷の意思は堅く、すでに前を向いて歩み始めようとしてることも理解しました。渋谷の性格を知ってる以上、これは彼の背中を押すべきなんだろう。音を楽しむことを常に追求し続けてきた渋谷だからこそ奏でられる音楽が、きっとこの先あると思っています。関ジャニ∞を離れても、渋谷の音楽に聴きほれていけばという思いを込めて、渋谷を送り出したいと思っています。関ジャニ∞を支えてくださってる全ての皆さん、ずっと1番近くで応援してくれてるeighterのみんな、これから先、関ジャニ∞と渋谷は今まで以上の覚悟をもって、日々の仕事に精進していきますので、これからも支えていただけますよう、どうぞよろしくお願いします」。

 

 

関ジャニ∞の過去の共演者からのコメント※随時更新します

 [ad#ad-1]

やはりこれだけ愛されてきたグループですので芸能界からもたくさんの驚きの声が出ています。

こちらも掲載します。

 

徳光和夫

「関ジャニ∞は実に自由。彼らなりに成長してきて、色んな人と合う中で、スバルくんは自分を高めていったと思う。その中で出た答えだし決断。彼は非常に歌も上手いし、音楽性も高いので」

 

ヒロミ

「関ジャニ∞になる前から僕は知っていますが、年齢的にも36歳になって、自分の夢とかチャレンジしたいという気持ちも(分かる)」

 

高橋茂雄(サバンナ)

「関ジャニ∞というのは素晴らしいグループ。そこに(これからも)すばるくんがいたら、それをずっと見続けられると思うけど、それを1回やめてまで、というのは相当の決断があったんだと思う」

 

斎藤司(トレンディエンジェル)

「eighterの方も悲しいけど、頑張ってもらおうと言うしかない」

 

和田アキ子

「私にとって小さい子どもたちだったけど、親が知らないうちに大人になっていた(という感じ)。歯も生えてないし、お腹空いて泣く、おむつが濡れても泣く、そうだった子が意志を持って言うことに対し、兄弟が『お父ちゃんお母ちゃん怒るかもしれないからやめときーや』と言ってるけど『いや決めた』ということはあるかも」

「メンバーがOKし見送っているのに、隣近所がガーガーと言うことはない」

「大人が決めたことだからどっちにしろ見守ってあげたい。個人で頑張ろうとしている人も、残って頑張ろうとしている人もお互いに頑張ってほしい」

 

まさかのNEWSのメンバーからも!!

 [ad#ad-1]

手越祐也

『ちょっと上からになっちゃう
けど、もし周りに関ジャニ∞の
ファンの子がいたら、NEWSの
UR not alone 聞いてもらって?
1人じゃないって、伝えてあげて!!
ありがとうございました。』

 

小山慶一郎

「俺ら、ジャニーズファミリー、頑張って行きましょう!! 」

 

 

おそらくですがまだまだ著名人からのコメントが出てくると思いますので出てきたら記載していきたいと思います!

Sponsored Link



Sponsored Link



-ジャニーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事




アーカイブ