良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

サッカー

ハリル監督解任はパルプンテ論。むしろメガンテ状態。選手が悪いからこうなる。

投稿日:

ハリル監督をワールドカップまであと2か月というタイミングで解任するという策に出た日本サッカー協会。

しかしこれを暴挙では無いという人もいれば、暴挙という方もいます。

何が正解かはこれからの結果を見なければ分からないし、結果が出てもそれを正解と呼べるかも分かりません。

各業界でも話題にもなり各々が意見し対立し『もうこれはやるっきゃない』状態なわけですが…。

 

個人的には一番の被害者は2か月先を見越してハリル監督のワールドカップの予測記事を立ててたライターさんかなと思ったり…(笑)

様々な方面で論争を巻き起こしている中、面白い記事を見ました。

【ハリル監督解任はパルプンテ】っという…

そんなお話です(*’ω’*)

 

注意:個人的な主観的な見解です(笑)

 

ハリル監督解任は【パルプンテ】というお話。

 

まず【パルプンテ】てご存知ですか?

あの有名なドラゴンクエストの呪文の一つです。

それは基本的に使う必要のない呪文…しかしもうにっちもさっちもいかない状況で、あと残されている結果は全滅だけ。

ここで使えばもしかしたらいっけに形勢逆転になるかもしれないし、はたまた一気に味方全滅するかもしれない。

もしかしたら現実では無理なのですが、この状況(戦闘)をリセット(最初から)出来るかもしれない。

ほんの些細な波風…いや、そよ風ぐらい(笑)は立てるかもしれないし、もう使った意味があるのか分からないぐらい何も起こらない。

むしろ一か八か【逃げる】を選択した方がいいのではないかと思う程、何も起こらないかもしれない。

そんな呪文が【パルプンテ】。

 [ad#ad-1]

今サッカー日本代表のハリル解任劇がまさに【パルプンテ】ではないかという記事を読ませていただきました。

 

少しだけ引用させていただきます。

リセットできない現実で日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長はパルプンテを唱えた。ロシアワールドカップまで2ヶ月に迫ったいま、監督を解任するのは狂気の沙汰。そこに論理的な裏付けがあるならいいが、まったくない。やはりこれは田嶋会長によるパルプンテとしか考えられない。

 

ハリルホジッチ前監督は、ワールドカップに向けて詳細なプランを練っていた。日本代表選手に関しては1人ひとりに改善点や本大会で何をすべきかを盛り込んだドキュメントを作成して渡す予定だったという。当然、対戦国の分析も深いレベルでしている。

 それは会長も知っていたはず(知らなければ逆に大問題)。知った上で、それでは勝てないと技術委員会を飛び越えて解任を決断してしまったのは、理解に苦しむ。

 

 

残念ながら日本人スタッフと外国人監督との間にはレベル差があり、理解できない部分に関しては外国人監督を信じて「おまかせ」するしかなかったのである。だからハリルホジッチのサッカーが田嶋会長の理解の範疇を超えていたとしてもやむを得ない。

 問題は、そうした状況にもかかわらず、結果以外を見て大きなジャッジメントをしてしまったことである。結果が出ていないのならばともかく、ハリルホジッチ前監督はワールドカップ出場を決めている。次に結果が問われるのは本大会しかなかったのだが…。

 

 

田嶋会長のパルプンテによって失ったものは計り知れない。ワールドカップの結果がどうなろうと、4年間の検証をし、次のワールドカップにつなげることができなくなった。土壇場でちゃぶ台を返したら上手くいきました、いきませんでした。それだけがわかる。

 そしてまた上手くいかなくなったらパルプンテが発動される。世界に追いつこうとしても強制的に巻き戻されるアンチユートピアの世界ができあがり、必死に努力している人々に絶望感を与え続けるのである。

引用:フットボールチャンネル

 

とても分かりやすく面白い記事というか視点でした。

個人的には【パルプンテ】というより…

 

むしろメガンテ?

 

個人的に感じたのはもはや自爆行為の【メガンテ】かなと。

※【メガンテ】…

自身の命と引き換えに敵にダメージを与える呪文。

 [ad#ad-1]

しかもこれはハリルホジッチ監督がするつもりもないのに田島会長が勝手にハリルホジッチ監督のメガンテを発動させた…

ような感じがします。

しかも敵グループにダメージ無し。

ただただハリル監督が消えただけという。オチ。

結果、指揮する者がいなくなった勇者である日本代表のパーティーはノープランで…いや、作戦は【ガンガン行こうぜ(呪文無し)】でしょうか?

で、敗退ですかね?

 

むしろガンガン行く事もないかもしれない。

田島会長は【日本らしいサッカー】が好きなようです。

日本らしいサッカーってここでドラクエ風に言うと、守備力が低いのに常に防御してる感じですかね。

そしてHPが低くなってきたら微妙な回復のホイミホイミでしょ。

現状思い浮かぶ日本らしさのサッカーはいつもストレスが溜まる試合ばかりです。

 

自陣でボール奪っても前に運ばずにパス回し。

いざゴール前までに運んでシュート打てるタイミングでも打たず取られるか他の選手にパス。

その選手もまたまたパスようやく打っても守備固められてコースは限定されて枠にすら行かない。

ボールを奪えても適当にパス出して結局相手に取られる。

相手が攻めている時でもプレッシャーに行くのが遅く挙げ句の果てに裏を取られる。

相手がシュート打とうとしているのに誰も詰めない。

 

いつもこんな試合をしているイメージです。

これをハリル監督は変えたかったのではないでしょうか?

もっと縦のパス…という事でもなくて、横パスも大事。

だけども縦のパスも取りえていきながらサイドチェンジ。

と思ったら縦。

素人の僕が文字で表すほど簡単ではないでしょうが、そういう事なのではないでしょうか?

もちろんこれでW杯で結果が出ないかもしれません。

でも今までの日本のサッカーは日本のファンは好きじゃないと思います。

だから海外の監督を連れてきて日本のサッカーを少しでも変えようとしたのでは?

そのはずなのにまさかのW杯2か月前にハリル監督を解任するという暴挙。

ここは成功するかは…結果が出るかは分かりませんが、W杯の後も考えてそのままハリル監督に任せてもいいのではないでしょうか?

 

チーム内で不協和音があった?

 

そうであっても監督をリスペクトするのが組織じゃないですか?

なぜなら今までどういう戦術であっても結果を出さなかった選手たちですから。

何を言われても仕方がないでしょう。サッカーをしているのは監督じゃないです。

選手たちなのですから。

ハリル監督もどの海外の監督も仲良しこよしで監督するつもりはないと思いますよ。

むしろトップは嫌われて当然ですから。

監督の要求に応える事が出来ないからハリル監督を解任ですか?

 [ad#ad-1]

僕もそうなのですが日本人って、

 

これは出来ないからあれをやる。

 

って発想多くないですか?

まるで逃げ道を作るような発想。

 

ハリル監督もそうだと思うのですが世界基準では、

 

あれをやるには最低限これは出来るようにしておけ。

 

だいたいこの発想なんですよね。

だから前述しましたが横パスが悪い訳じゃない。それを生かすなら最低限の縦パスは出来るようにしておけ。

って事なんだと思います。

 

残り2か月でW杯でいい結果が出たとしてもそれは今後に生かせるのでしょうか?

もちろんW杯での結果は大事ですが、その後の日本のスタイルをこれから常勝チームにしていくスタイルに変えないと、

結局W杯後の監督探しで誰も来てくれないし、誰が来ても同じような結果しか出ないのではないでしょうか?

 

もちろん西野ジャパンは応援します!

でも日本のサッカーは他国のサッカーを見ると見劣りします…。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-サッカー

執筆者: