良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

ドラマ

半分、青い。の豊川悦司(秋風羽織)がみうらじゅんにも佐村河内守にも似ていると話題。

投稿日:

4月25日放送のNHK朝ドラ「半分、青い。」に初登場した豊川悦司さんが世間を賑わせています。

最近、どこか悲しくなるような事ばかりなのでこんな話題は書いていてほっこりします(^^;

豊川さん演じる少女漫画家・秋風羽織(あきかぜはおり)がある実在の漫画家に似ているのです。

またあのゴーストライター騒動で一時期世間を賑わせたあの人にも似ているとも話題になっています。

 

それではご覧ください(*’ω’*)

 

NHK朝ドラ「半分、青い。」

 [ad#ad-1]

このドラマ、

1971年(昭和46年)。

大阪万博が行われた翌年に岐阜県東農地方に産まれたヒロイン・鈴愛の七転び八起きで駆け抜けて、やがて一大発明を成し遂げるまでの半世紀の物語を紡ぎ出していきます。

毎日野山を駆け回る元気な子が小学生の時に病で片耳を失聴してしまうが、落ち込まず後ろ向きになる事もなく活発に行動するところも変わらずに生きていくのです。

 

 

実際に片耳の聴力を失ったお子さまを持たれた親御様、実際に聴力を失った方、周りに聴力を失った方がいらっしゃる方、様々な方がご覧になると思います。

その時に難しい場面があったのは事実かと思います。

『その部分』ですよね。

ドラマで東京に行くか行かないかを親と揉めるシーン。

僕は周りには聴力を失った方と出会わず今日まで生きてきました。

ドラマで拝見するぐらいですね。

この『半分、青い。』を見て

自分自身や、自分の子供の耳が聞こえなくなった時の事を考えました。

…何と言うか、まだ始まったばかりなので5話までしか見ていないのですが、すでに勉強になる部分が多いです。

 

単純に圧倒されているだけかもしれませんが(^^;

 

豊川悦司の役どころ

 

その中で25日放送分で漫画家・秋川羽織役で出演している豊川悦司さんが話題になっているのです。

僕も思ったのですが、「あ。この風貌は…w」って感じです。

まずその豊川悦司さんを見て頂きたい。

 [ad#ad-1]

参考:NHKオンライン

 

こちらをご覧になって「あ、」ってなった方は多いでしょう?

その役どころは画像にも書いてある通りなのですが、

人気作品を次々に生み出す、今をときめく売れっ子少女漫画家。その作風から美少女か美少年を想像させるが、その実は…偏屈で編集者泣かせ、社会性はほぼないに等しいオッサン。漫画に関しては、一切の妥協を許さない。高校生の鈴愛は、そんな秋風の漫画の世界に引き込まれ…。

参考:NHKオンライン

とヒロインである鈴愛の今後に大きく影響がある人物です。

 

 

みうらじゅん?佐村河内守?

 

そして話題になっている人物はこちら。

 

参考:Yahoo!

 

一緒やんw

 

もう9割一緒ですねw

みうらじゅんさんですね。

みうらじゅんさんは実際に漫画家さんです。

もうここまで似ているなら豊川悦司さんでは無くて、みうらじゅんさんでもよかったかもしれないですね(^^;

 

個人的にこちらの方にも似ていると思いました。

 

参考:Yahoo!

 

耳が聞こえないフリをしていた方です。

こう見るとみうらじゅんさんの方が見ていますね。

 

みんなの反応

 

僕も思っていた事なので、世間の皆さんも同じ事を思っていたようで…(笑)

 [ad#ad-1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 [ad#ad-1]

 

 

 

むしろ似すぎてて皆さん話が入ってこないなど悪影響を及ぼしているようですね(^^;

しかしここまでロン毛がカッコいいのはさすが豊川悦司さんですよね。

ロン毛にすると不潔な感じがしますが、さすが豊川悦司さん…全くそんな事感じさせません。

 

初登場してから数日経ちますが、改めて豊川悦司さんを楽しみながらごらんくださいね(^^;

 

締め方が酷い…(笑)

 

 

 

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事

関連記事はありませんでした