良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

新潟女児殺害事件で逮捕の小林遼容疑者は別事件でわいせつ事件の前科者だった。

投稿日:

当初の話ですと、【白い車・黒ずくめの男性・現場付近の不審な車】等々、これで間違いないだろうと思われてきました。

しかし実は全く関係なくて、警察は当初より現場付近の防犯カメラに先月別の女児に対するわいせつ事件で書類送検されていた小林容疑者を徹底的にマークしていました。

結果、自宅にも犯行に関連する証拠品などが見つかったという事なので逮捕に至りました。

わずか1週間で逮捕なので本当に最初から捜査線で浮上していたのでしょうね。

詳しく書かせていただきました。

 

逮捕までの振り返り

 [ad#ad-1]

事件を振り返り、逮捕されるまでの記事です。

小林容疑者の母までインタビューに受けてました。

 

新潟市で、小学2年の女子児童が殺害され線路上に遺棄された事件で、14日、死体遺棄・損壊の疑いで逮捕された近所に住む23歳の男は、4月、別の女子児童に対して、わいせつ事件を起こし、いち早く捜査線上に浮上していたことが、FNNの取材で明らかになった。

逮捕されたのは、新潟市西区の会社員・小林 遼(はるか)容疑者(23)。

小林容疑者は5月7日、近所に住む小学2年の大桃珠生ちゃん(7)の遺体を遺棄した疑いなどが持たれている。

警察「死体遺棄・死体損壊の疑いで、被疑者を通常逮捕しました。線路内にご遺体を置いたというところです。遺棄でもあり、列車で損壊させたということでもある」

小林容疑者は調べに対し、容疑を認めているということで、14日夜から15日未明にかけて、小林容疑者の自宅では、警察による家宅捜索が行われた。

警察は、殺害についても調べを進めている。

14日、小林容疑者の母親は。

(小林容疑者は、今どこに?)
「仕事だと思いますけど」

(何か連絡は?)
「いえ」

(小林容疑者は、月曜日(事件当日)どこかに行っていた?)
「…」

小林容疑者は14日夜、顔を隠すことなく、ややうつむきながら、新潟西警察署に到着した。

そして、署に入る際には、笑顔のように見える表情も見せた。

小林容疑者はなぜ、珠生ちゃんを狙ったのだろうか。

参考:Yahoo!

 

 

小林遼容疑者とはどんな人物か

 [ad#ad-1]

名前:小林遼(コバヤシハルカ)

年齢:23歳

外見:170cm位で70Kgぐらいのぽっちゃり体型

学歴:新潟工業卒

職種:電気工事士

職業:会社員

車:日産デイズ

生活スタイル:戸建住宅にて両親と兄弟と生活

備考:先月 女児強制わいせつにより書類送検 前科あり

 

先月、別の女児に対するわいせつ事件で書類送検されていて、今月7日に自宅からわずか100mしか離れていないにもかかわらず、

大桃珠生さんに対し犯行に及んでいます。かなり猟奇的な人物としか思えないですね。

想像してもらいたいのですが、自分の住んでいる家から100m以内の人物にこんなヤツがいたらどうしますか?

そして犯行に及ぼうとしていたら防げますか?

一般的な解釈として普通はこんなヤツがいると思わないのでまず無理ですよ。

絶対に油断してしまうと思います。

 

次に前の事件の詳細です。

 

前科者だった

 

 [ad#ad-1]

小林遼容疑者が逮捕された経緯について捜査関係者は4月に別児童への青少年保護育成条例違反などで書類送検されていたことが分かりました。

この悲惨な事件が起こされる前に別女子児童に対するわいせつ事件を起こしていた。

ですので、今回は早い段階で捜査線上に浮上していたようです。

さらに犯行時間帯に現場付近で小林容疑者の車が防犯カメラに写っていた事などから小林容疑者の事件への関与が疑われる事になった。

そして小林容疑者の自宅の家宅捜査で犯行を裏付ける証拠の発見にあったようですね。

15日から本格的な取り調べで詳しく犯行の経緯や動機の解明をするようなので、そこの説明をしっかりしていただきたいですね!

 

何故こんな惨い事をしたのか!何故こんな事が出来るのか!

 

 

語った所で我々には納得できないでしょうけどね…。

今出来る事は大桃珠生さんに皆で『捕まったよ…』って教えてあげる事ぐらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 [ad#ad-1]

 

 

 

 

みなさんの意見も記載させていただきました。

本当に腹立だしいですよね。

捕まってももう帰ってこないんですよね…。

Sponsored Link



Sponsored Link



-事件事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事




アーカイブ