良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

世の出来事

関東学連が会見で内田前監督井上前コーチの処分が決定。警視庁も動いてる。日大の選手達からも近々声明発表する。

投稿日:2018年5月29日 更新日:

いよいよクライマックスでしょうか?

まだかなぁ…

まだ田中英寿理事長が出ていませんから。

ここが全てを責任を負い日大から関わる事を辞め、コーチ・監督が一新されない限り何も変わらないでしょう。

さてどうなるでしょうか。

見てください。

 [ad#ad-1]

 

関東学連が処分を下す

 

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が危険なタックルをした問題を巡っては、関東学生アメフト連盟が29日、臨時理事会を開いて内田前監督らに対する処分を決めます。「除名」を含む厳しい処分が検討されていて、連盟は夜に記者会見を開く予定です。

 連盟の関係者によりますと、29日に開かれる臨時理事会では、内田前監督と井上前コーチに対して除名や資格剥奪(はくだつ)などの厳しい処分を検討するということです。2人の他にも、別のコーチやタックルをした選手も処分の対象となる可能性があります。連盟は臨時理事会の後に記者会見を開き、処分の内容について説明する予定です。
 林芳正文部科学大臣:「(日大の対応は)迅速だったとは言えないのではないか。速やかに事実の全容の解明、究明が行われることを強く望みたい」
 一方、林文科大臣は学生連盟の規律委員会や日大の第三者委員会による早急な事実解明を求め、日大の理事会が責任を持って対応することが必要だとしました。

 

何とかして大学側や井上コーチなども内田正人前監督を守ろうとしてましたが、もうキツイでしょうね。

本人達はそういう状況ではない事を理解しているでしょうか?

未だトップが出ていない状況ですが、もはや世論を舐めているのでしょうか。

 [ad#ad-1]

日大の選手達も近く声明を出す

 

日大ではアメフト部現役選手たちの動きも出ている。日大アメフト部の父母会によると、近く、部員たちによる声明が出される予定だということで、25日と26日には、そのためのミーティングが行われていた。

日大アメフト部員からは「みんな宮川君が正しいと思っている」「監督の会見は何を言っているのか訳がわからない会見だった」という声が上がっている。

 

近々、日大の選手から面白い話が出てくるでしょう。

数年前にも20人程の学生が暴力により部を辞めています。

という事は慢性的な暴力、圧力があったという事です。

今まで内田正人前監督の権力や地位に怯えて選手として過ごしていましたが、今ならそれを変えれるという事で立ち上がったようですね。

 

警視庁も動いている

 

関西学院大学とのアメリカンフットボールの定期戦で、日本大学の選手が悪質な反則プレーを行った問題で、警視庁が28日、日大の関係者から話を聞いていたことがわかった。

警視庁によると28日、警視庁の捜査員が東京・千代田区にある日本大学の本部を訪れ、関係者から話を聞いたという。反則プレーをめぐっては、けがをした関西学院大学の選手側が大阪府警に被害届を出し、その後、警視庁が捜査を始めている。

警視庁は、タックルをした宮川泰介選手や内田正人前監督らから事情を聞き、傷害容疑を視野に捜査する方針。

被害選手の父・奥野氏による被害届により警察が動きました。

こうなると監督・コーチ・宮川選手が傷害事件として問われています。

しかし下記に詳しく記載してますが、宮川選手は何とかして守られるでしょう。

 

追記:日大アメフト部声明文発表

 

声明文全文は以下の通り。

 声明文

 本年5月6日に行われました関西学院大学アメリカンフットボール部と私たち日本大学アメリカンフットボール部の第51回定期戦での私たちのチームメイトの反則行為について、ケガを負ったQBの選手とご家族の皆様にお見舞い申し上げるとともに、関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆様、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまったことを、私たち日本大学アメリカンフットボール部選手一同、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。また、私たちの行為によりアメリカンフットボールという競技そのものへの信頼が損なわれかねない状況に至ってしまったことについて、アメリカンフットボールを愛するすべての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます。

 今回の事件が起こってから、私たちは、どうしてこのようなことになってしまったのか皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいと思います。また、これから捜査機関による捜査や大学が設置する第三者委員会の調査が行われるようですので、私たちも全面的に協力して、その結果も待ちたいと思います。なお、それらの捜査・調査に際しては、関係者の皆様にも、私たちが信じているチームメイトのように、誠実にありのまますべてをお話しして、その責任をしっかり受け止めていただきたいと思っています。

 ただ、少なくとも、私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています。これまで、私たちは、監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまいました。それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました。また、監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています。

 私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います。ただし、絶対に必要だと今思っていることは、対戦相手やアメリカンフットボールに関わる全ての人々に対する尊敬の念を忘れないこと、真の意味でのスポーツマンシップを理解して実践すること、グラウンドではもちろんのこと、日常生活の中でも恥ずかしくない責任ある行動を心がけるなど常にフェアプレイ精神を持ち続けることを全員が徹底することです。そのために何をしていく必要があるのか、皆様にご指導いただきながら、選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜くとともに、チーム全体でよく話し合っていきたいと思います。

 そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制を含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメートにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています。

 私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

 平成30年5月29日

 日本大学アメリカンフットボール部選手一同

 

参考:日大アメフト部

 

見づらいですがこのような形ですが発表されました。

学生達がこのように発表しています。

ですが、肝心な大人達が保身に走ってますからね。

大人の保身程情けない事ないですよ。

地位や権力やお金がそのようにさせているのでしょうね。

しかしもっと踏み込んでほしかった部分もありますね…

今の日大の選手ではこれが限界か…。

 

処分の決定

 

関東学連からの処分が決まります。

午後8時半から会見のようです。

また追記します。

処分が決まりました。

内田正人前監督

 [ad#ad-1]

追記:

事実上永久追放になりました!

内田監督に『やらなきゃ意味ないよ』と言われた。

 

宮川選手の会見で内田正人前監督にこのように言われてました。

また医者の録音されていたテープで『これであいつも一皮むけたんじゃないか』も含めて【反則指示】と認定されたのではないでしょうか。

 

井上前コーチ

 

追記:

事実上永久追放になりました!

宮川選手は井上コーチからどこでもいいから相手QBに突っ込めという指示を受けた。試合当日も井上コーチから『相手QBを潰す』と監督に言ってこいと言われた。

 

宮川選手の会見で井上コーチからこのように言われていました。

これが【反則指示】と認定されました。

 

宮川選手

 

追放:

シーズン終了までは出場停止ですが、

面談で危険が払拭されれば出場資格取り消しは解除されるようです!

 

日大の選手には寛大な処分を求めている

 [ad#ad-1]

この処分の事は、刑事事件にするには日大の選手にも刑事責任を負わなければならないという事なのです。

今回の問題では被害を受けたQBの選手は監督・コーチ・選手により被害を受けました。

という事はけがをした関西学院大学の選手側が大阪府警に被害届出すにはこの3名によるものだという事にしなければならないのです。

そうなると日大の選手も刑事責任を負わないといけなくなるので…

QBの父・奥野康俊氏はこのように26日の会見で語っています。

 奥野氏は「社会的制裁を十分に受けているので、さらに刑事責任を負うべきではない」として寛大な処分を求める嘆願書を集める考えを明かし、SNSで嘆願書を公開。フェイスブックやコミュニティサイトを使って署名を集めていた。

この結果29日の朝の時点で目標だった3万件の嘆願書は遥かに超え32112件を突破しました。

この嘆願書は全く関係のない第三者による嘆願書とは違い、被害者の父の奥野氏によるものなのでかなり有効だそうです。

このようにして不起訴に日大の選手を救おうというのです。

 

もちろん、監督・コーチに関して非常に重い処罰を望んでます。

ですので関東学連からの処分とは違います。

みんなの反応

 

 [ad#ad-1]

 

 

 

 [ad#ad-1]

 

 

 

 

結局、現在でも来年受験生の母親が心配になりお話を聞きに行っても『まぁ来年の話ですから』 と。 

どこまでも根本的に腐っている大学ですね。

担当の者も今は何も言えないのでしょうね。

Sponsored Link



Sponsored Link



-世の出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事