良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

可愛い船戸結愛ちゃんの誕生日はいつ?献花台に花を手向けたい方に。現場アパートの地図を詳しく調べました。

いきなり冒頭からこんな事を書くのは矛盾しているのですが、

この記事は書きたくなかったです。絶対に書きたくなかった。正確には書けないというのが正しいでしょうか。

しかし様々な報道を見ていると全く関係のない方が船戸結愛ちゃんにお花を手向ける方が多かったのです。

遠く離れた私にはその場に行くことは出来ませんが、もし近くの方、県外の方がそこまで行けるなら私は現場までの地図を詳しく書くことによって、結愛ちゃんの手向けにしたいと思い書かせていただきます。

 

そして誕生日を知る事によってその時期に何かしたい方もいるかもしれないので調べました。

地図と一緒にご覧ください。

 

 

事件の概要

 

 

 

東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。同日発表した。2人とも容疑を認めているという。

2人は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせ、2月下旬ごろには結愛ちゃんが衰弱して嘔吐(おうと)するなどしたにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院を受診させることをせずに放置。3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。

雄大容疑者は2月末ごろに結愛ちゃんを殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されていた。

結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代の平均の約20キロを下回る12・2キロだった。部屋からは、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと結愛ちゃんが書いたノートが見つかっていた。毎朝4時ごろに起床し、平仮名の練習をさせられていたという。

都や一家が以前住んでいた香川県などによると、結愛ちゃんは同県で2016年と17年に計2回、県の児童相談所で一時保護された。2回目の保護が解除された後の同年8月末には、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報があり、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と話したが、県は一時保護の必要はないと判断していた。

一家は今年1月に目黒区に転居。県の児相から引き継ぎを受けた品川児相が2月9日に家庭訪問していたが、優里容疑者とは会えたものの、結愛ちゃんには会えなかったという。

雄大容疑者については、結愛ちゃんに暴行を加えてけがをさせたとして香川県警が昨年2月と5月に傷害容疑で書類送検していたが、いずれも不起訴になっている

 

 

 

現場のアパートの地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船戸結愛ちゃんの誕生日

 

 

まず調べましたが、やはり幼いという事もあり詳しい日付までは記載されていませんでした。

Facebookでも画像はありましたが誕生日の記載はございませんでした。

 

 

 

とても可愛い結愛ちゃんです。

(ダメだ…辛すぎる…)

 

詳しい日付は分かりませんでしたが、結愛ちゃんは本当は…今頃小学生になっているはずです。

報道では3月の上旬ではまだ5歳のようです。という事は3月の下旬に誕生日があったのではないかと思います

 

結愛ちゃんのメッセージ

 

もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから 

もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします

これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので 

もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします

 

まとめ(個人的主観)

 

 

※まず初めに感情的になって書いてしまったら申し訳ございません。

 

結愛ちゃんは朝4時から平仮名の練習していたようです。

その時間に起きていたのは船戸雄大容疑者が『4月からの小学校の練習だ』という事で自ら起床させていたのです。

また『ぽっちゃりしている』と言い、朝はスープ1杯、昼と夜は少量のごはんとみそ汁といった過度の食事制限を課し、1日に1食しか与えないこともあったと言います。

本当になんて賢くて良い子なんだと思います。将来有望ですよ。本当に凄い子です!!

これだけ色んな字を…文章を書けるのですから…

 

私には結愛ちゃんとほぼ同じぐらいの子供がいますが、今回の報道ほど腹立だしく怒りに震えた事はないですし、涙が出るほど悲しいニュースは見た事がございません。

あくまでも自分が今まで見てきた報道の中で感じた話ですが。

本当にこの船戸雄大容疑者に関してはぶっ飛ばしてやりたい。いやそれ以上の感情があります。

もちろんそれは許される事ではないのは分かっています。

しかしSNSを見ていると同じような感情を抱いている方々はとても多いようです。

 

色んな卑劣で腹立だしい事件はあります。今回の事件に関しては私の子供もほぼ同じぐらいの年という事もあっての感情なのですが、

 

もう…怒りしかないですよ…

 

そして結愛ちゃんに関しては何も言えないですよ…

同じ親として申し訳ない…同じ大人として申し訳ない…

何とかして周りの人は助ける事は出来なかったのか…。

 

県の児童相談所は2016年と17年に一時保護しています。

2回目の保護が解除された後の同年8月末には、病院から『こめかみ付近と太ももにあざがある』と児相に通報がありました。

ここで結愛ちゃんは『パパに蹴られた』と話しているんです。

しかし県は一時保護の必要はないと判断しているのです。

 

なんでなんだ?!

ただ普通の家庭で怒られて蹴られた訳ではないのです。(それでも蹴るのは良くないですけど…)

一時保護をされなければならない家庭環境の中で起こった『パパに蹴られた』なのです。

これは結愛ちゃんのSOSではないのですか?

これがSOSで無ければ、5歳の子のSOSは何なのですか?

 

なんで県は児童相談所は助けてあげなかったのですか…

母親の船戸優里容疑者も父親の船戸雄大容疑者に落ちてしまっている。

この状況ならもはや助けなければならない事を理解できないのか?

仕事がめんどうだからか?

 

 

こんな悲しい事件が起きたのは県と児相の責任もあるという事を十分感じ取ってほしい。

もちろんこの親二人。いや、『親』なんて言葉を使う必要ない。こいつらの方が『子供』だ。

 

もし近くに行かれる方、行きたい方はこの記事の地図を見て行って献花してほしいと思います。

 

 

結愛ちゃん…ごめんね…。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.