良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

渋川市行幸田スーパーとりせん渋川に車で突っ込んだ男性誰?無差別大量殺人か?車種と店内の状況と現場の地図をご覧ください。

投稿日:2018年6月10日 更新日:

これは国全体の日課なのでしょうか?

また車でスーパーに突っ込むという悲惨な事故?いや、事件がありました。

ここまで頻繁に起こる出来事ならもはや注意では済まされない。

事件と言っても過言ではないし、テロと呼ばれても仕方がないでしょう。

一体この卑劣な犯人の男性とは誰なのでしょうか?そして悲惨な現場を地図と画像でお伝えします。

 

Sponsored Link

 

事件の概要

 

 

群馬県渋川市のスーパー「とりせん渋川店」に10日午後4時ごろ、車が突っ込んだ。県警によると、重体が1人、重傷が9人という。
 スーパーの近くにあるクリーニング店員の女性(39)は、黒いワゴン車が駐車場で何度か空ぶかししている音を聞いた。少しすると、「ドーン!」という音と、「ガシャン」とガラスが割れる音が聞こえた。
 スーパーの方を見ると、入り口から10メートルほど先にあるレジ付近にまで車が突っ込んでいた。複数の人が倒れ、子どもの泣き叫ぶ声も聞こえてきた。目撃者は「駐車スペースからいったん出た後、車はお店の方に突入した」と話したという。
 駐車場にはテントが張られ、救護措置が行われていた。女性は「何が起きたのかと思った。本当に驚いた」と振り返った。
 救助にあたった渋川市の看護学生原田彩加さん(22)は「8歳くらいの男の子が頭を切っていたので服で止血した。運転手は男性で、警察との受け答えはできていた。日曜日のお客さんがこんなにいるときに怖い」と話した。

参考:朝日新聞

 

 

矢島克人容疑者(55)、その事故の瞬間右半身が痺れアクセルをより一層踏み込んでしまったと言います。。

矢島容疑者も普通に買い物し、そして帰ろうとしていただけだった。

警察の見解によりますとその瞬間に何等かの病気で右半身が痺れて…起こった事故と慎重に調べているようです。

従業員と客計14人が負傷し、うち5人が腰の骨を折るなどして重傷を負ったが、いずれも命に別条はないという。

当時の様子を他のお客さんは言います。

矢島容疑者に意識はあったが、呆然(ぼうぜん)とした様子だった。

病気だとしてももし万が一被害者の方が亡くなっていたら…それを理由に許す事は出来ないです。

難しいですけどね…。

本当に亡くなった方がいなくてよかった…。

 

現場の地図

 

Sponsored Link

 

現場の地図をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な店舗と一体になっている店舗なので駐車場が大きいのですね。

加速するには十分か…

 

 

車種とみんなの反応

 

Sponsored Link

 

一体幾度繰り返されるのでしょうか?

これだけ色んな方が事故を起こしているのですから、そこはドライバーであるなら常に意識し続けなければならない。

 

ポイントは3点

  • もし病気でこのように突っ込んだなら仕方がない…

しかしそうはなりません。

そこに被害者が多数いるのです。

仕方がないと簡単に済ませる事なんてできません。

 

  • もしアクセルとブレーキを踏み間違えたなら…

前述したようにこれは本人の意識の問題なので、

事故ではなく事件と今のご時世は言っても過言では無いでしょう。

 

 

  • 最悪なのは故意によるもの…

これはもはやテロでしょう。現在は死者はいませんが重体の方がいます。

日曜日のこれだけ人がたくさんいるところを狙っての犯行ならば許される事ではない。

 

以上3点は今後の報道で明らかになるでしょうが、注目すべきでしょう。

※改めて記載します。

 

車種はTOYOTAのBOXY(ヴォクシー)ですね。

少し古い型のBOXY(ヴォクシー)です。 

 

Sponsored Link

 

みなさん反応です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被害に遭われた方の1日でも早い回復をお祈り申し上げます。

Sponsored Link



Sponsored Link



-事件事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事