良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

岡本顕一郎(Hagex)さん殺害事件の真相や現場の地図は?松本英光容疑者の犯行の理由(引き金)はあまりにも身勝手。

投稿日:2018年6月26日 更新日:

人や動物を、虐待や殺害する容疑者は何故こんなにも身勝手な生き物なのでしょうか。

福岡市で人気ブロガーのHagexこと、インターネットセキュリティー会社社員で岡本顕一郎さんが刺殺された事件。

犯人の松本英光容疑者の犯行の理由が…引き金となった理由が…事件の真相がドンドン明らかになってきています。

それはあまりにも身勝手なもので、我々には到底理解の出来るレベルでは無いです。

当然と言えば当然ですけどね。

刃物で人を襲うという行為を理解できるわけがありません。

 

Sponsored Link

 

事件の概要

 

福岡市中央区の創業支援施設で、IT関連セミナーの講師で東京都江東区東雲(しののめ)2、会社員岡本顕一郎さん(41)が刺殺された事件で、岡本さんが自身のブログに、殺人などの容疑で逮捕された福岡市東区筥松(はこまつ)1、無職松本英光容疑者(42)とみられる人物から不快な書き込みをされたと記述していたことが分かった。松本容疑者は「インターネット上のやり取りで恨んでいた。死なせてやろうと刺した」と供述。ネット上の書き込みを巡っては、過去にも事件に発展したケースがあり、専門家は注意を呼びかけている。

 福岡県警の発表によると、松本容疑者は24日午後8時頃、創業支援施設「フクオカ グロース ネクスト」のトイレや廊下で、岡本さんをナイフで刺殺した疑い。傷は首や背中などに複数あり、胸の傷は心臓まで達していたという。松本容疑者は事件後、自転車で逃走し、約3時間後に自宅近くの交番に出頭した。

 2人には、直接の面識はないとみられるが、ネット上には、トラブルをうかがわせる記載があった。岡本さんは「Hagex」(ハゲックス)のハンドルネーム(通名)でブログを書き、松本容疑者とみられる人物について、「低能先生という荒らし(=嫌がらせ投稿者)がいる」「私もお下劣な言葉を定期的に投げかけられている。昨日は1日に7回も」と書き込んでいた。サイトの管理者に「嫌がらせ投稿者」として通報し、この人物のアカウントが凍結されたことにも言及していた。

参考:Yahoo!

 

ネット上だけで関りがあるだけで、リアルでは関りはないのです。

という事は面識はないのです。

しかし恨まれる…

不思議な事件ですよね…。

 

岡本顕一郎さん

 

参考:Yahoo!

 

 

爽やかな感じがしますけどね。

ネット上でそんな事を書かなければ…

セミナーだけを開いていれば…

後悔しますよね…。

 

松本英光容疑者

 

参考:Yahoo!

 

 

思ってた人物と違いました…。

家賃3万円のアパートで無職の人ですか…。

人は見かけによらないですね…。

 

現場の地図

 

こちらはその事件現場の地図です。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは小学校と一緒になっているような形ですね。

そちらのトイレや廊下で犯行に及んだようです。

 

事件の真相

 

人気ブロガーのHagexこと、インターネットセキュリティー会社社員・岡本顕一郎さん(41)が

福岡市東区の無職・松本英光容疑者(42)にナイフで刺されるなどして殺害された事件

 

岡本顕一郎という本名で、ネットセキュリティの専門家だったことが報じられていたが、それらは事件とは全く関係がなく、容疑者の恨みを買ったのはHagexというハンドルネームの方だった。

 

そう犯人の松本英光容疑者はHagexに殺意を抱いていました。

 

私は上記↑が真相に繋がる部分だと思います。

 

松本英光容疑者ははてなブログで誰彼構わず誹謗中傷を繰り返すユーザーでした。

はてなブログからは幾度もアカウントを削除されたのですが、また違うIDを作り直し同じ事を繰り返していたのです。

ここ3、4年現れては誹謗中傷を繰り返し、全く議論もしなくて他のユーザー達は大変困っていたわけです。

 

そこにHagexというユーザー名で岡本顕一郎さんは“増田”で、

“低能先生は引きこもりでネット弁慶だから何もできないだろう“という揶揄、いじりの投稿をしたようです。

 

これに反応したのでしょうね。

 

松本英光容疑者は自らの力をネットユーザー達に示したかった。

そこにたまたま岡本さんが近くでセミナーを開くことを知った。

Hagexでブログを開き、そこに福岡でセミナーを開く…と告知してますからね。

これを関連付けさせないようにしていれば岡本さん自身はこんな事にならなかったかもしれません。

 

しかしHagex=岡本顕一郎と分からなければ、松本英光容疑者はおそらく岡本さんではない誰かをターゲットにして犯行に及んでいたでしょう。

実際に、

“増田“上で“事前の予定では東京までいってはてな本社にこんにちはするつもりだった“

と書いています。

という事ははてなの会社の誰か岡本顕一郎さんの立場になっていてもおかしくはない訳です。

 

今回、Hagex=岡本顕一郎と知られてしまった事。

このタイミングで福岡でセミナーを行った事が今回の事件を起こしたのでしょう。

岡本さんでは無くても誰かが狙われたいでしょうけどね。

 

岡本顕一郎さんが何故殺害されなくてはいけなかったかという事に関しては、これが真相になるでしょう。

 

しかしこのような供述もあります。

 

「インターネット上で恨んでいた」などと供述し、犯行前に現場の施設内をうろつく姿が防犯カメラに映っていたということで、警察は、松本容疑者が岡本さんを待ちぶせし、強い殺意を持って犯行に及んだものとみて調べを進めている。

参考:Yahoo!

 

これだと真相が違うように思えますが、

これもHagex=岡本顕一郎と知ったがための話です。

 

もし知らなかったら?関連付けるようにしていなかったら?

“たられば”は今となっては意味が無いですが、

そこまで他人をコバカにするような発言をするのであれば、

人を煽るような発言をするのであれば、Hagex=岡本顕一郎と関連付けるようにするべきでは無かったですね。

自分がそんなつもりは無くても、受け取る側の気持ちになると意味が変わりますから。

それはネットでもリアルでも一緒でしょう。

 

かと言って、自分を晒さしていなら人をバカにしていいとか煽るような発言をしていいという意味ではないですよ。

 

松本英光容疑者は他人にバカにされてもおかしくはない発言をしていて、

岡本顕一郎さんは松本英光容疑者を逆撫でするような発言をしていますからね…

『う~ん…』となる事件ですよ…

岡本さんの傷が、心臓や首を貫通していたようなので、相当な怒りや恨みだったのでしょうね…

だとしても殺害なんか普通はしませんけどね。

 

どこでどんな形で自分の力を示しているんだか…

そんな行動力があるなら、無職じゃなく真面目に働けよ!

っと思ってしまいます。

 

Sponsored Link

 

増田の意味

 

こちらははてなブログからの引用です。

知らない人にとっては何のことやらわからず、「誰かの名字?」と考えるのが自然と思われるこの言葉。これは『はてな匿名ダイアリー』の略称であると同時に、その利用者たちを指す表現です。

 

なぜ「増田」と呼ばれるようになったかは定かではありませんが、その語源は、 “「匿名ダイアリー」を英語にした「アノニマス・ダイアリー」の短縮形から” だという説が濃厚なようです。アノニ「マス・ダ」イアリーの、「ますだ」の部分を取った形ですね。

 

そして、サービスそれ自体のみならず、ある書き込みの執筆者を指して「増田」と呼ぶこともあります。例えば、件の「保育園落ちた」のブックマークページを見ても、「増田さんが会社を辞めずに~」「この増田すごい」といったコメントが書き込まれており、執筆者自身に向ける形で「増田」と呼んでいることがわかるかと思います。

 

私は初めて知りました。

ネットって奥が深い…

 

みんなの反応

 

ここでは皆さんの反応をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

海外でも取り上げられてます…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局ネットの世界で誹謗中傷を互いにしあっていた訳ですから、

【自業自得】という意見もあります。

岡本顕一郎さんの中では“誹謗中傷や名誉棄損に当たらないように注意していた”ようですが、

それは世の人には納得できないものがあるかな。

さすがに殺害という事に、それ相応に…という事は当てはまらないですが、

人をイラだたせるには十分な記載はしていますよ。

 

とは言えど故人を非難はしませんが、真相を見る限りはどちらの行動も理解はし難いかな。

 

身勝手な理由で自業自得に関わらず殺害という犯行に及んだ松本英光容疑者を援護なんてこれっぽちもできません。

しかし松本英光容疑者を煽る必要は無かった…無視で良かったのではないかと思うのは違うのかな…。

もう度を超えた罵倒雑言だったかもしれないし…。

だとしたら、岡本顕一郎さんの言いたい事…“低能先生は引きこもりでネット弁慶だから何もできないだろう“は分からなくもないが、

こうなると言うべきではなかったのでしょうね…。

 

 

 

 

岡本顕一郎さん、夢半ばだったと思います。

こんな所ですが、ご冥福をお祈り申し上げさせてください。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-事件事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事