良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

サッカー

サッカー日本代表NZ戦で結果出なかった。香川の理由がちょっと酷い。

投稿日:

10月7日にキリンチャレンジカップ2017がありました。

日本対ニュージーランド戦でしたね。

結果はちょっと物足りない感じで、どの選手も評価は赤点レベルだらけ。

これはW杯決まって気が緩んでるんじゃないか?

とか言われても仕方がないレベルのように感じます。

 

試合前、気を吐いていた香川

この試合前は気合が入り、どのように試合を運ぶのか語っていた香川。

『攻撃陣を引っ張っていきたい』

『10番を意識して結果を出したい』

このような事を仰っていました。

 

やはりドルトムントで長く海外でやってきただけあって責任も感じているのが分かる発言ですね。

このようにして自分自身にもプレッシャーを与えているのか?っと思えますね。

さすが名門に所属する選手です。

 

試合後の香川の発言が酷い。

ところが、試合後の香川の発言がちょっと酷いんじゃないかっと言われています。

インタビューでこう答えてます。

ワールドカップ出場を決めた後ということもあって、みんなのモチベーションも含めて難しい部分があった。勝ち切れた部分は良かったですけど、果たして、これがワールドカップを考えると、正直、なんの意味があるゲームだったのかなと。

 ニュージーランドのインテンシティも高くなかったし、やっぱりワールドカップを見据えるという意味では正直、こういうレベルはない。もっとも、攻撃のところでどれだけやれるかという点でトライする必要はありましたけどね」

このように考えてると、

『では、今日の収穫は?』

の質問に対し、

「う~ん、勝ち切ったこと……。まあ、引き分けで終わるのと2-1では違うので、そこは良かったと思います」

っと歯切れは悪かったのですが、

この発言がちょっとおかしくないか?っとなってるんですよ。

 

そりゃそうでしょうね。

 

10番として…攻撃陣を…

などと答えていたにもかかわらず、

これでは反感を買うだけです。

 

もちろんこの結果が大差とかだったり内容がもっと良かったら話は別でしょう。

2-1で何とか勝って、しかも香川自身マークがキツイとはいえ、

あの動きでは誰も納得がいかないよ。

っというのがサポーターの本音でしょうね。

 

マッチメイクの重要性

中にはマッチメイクがそもそもおかしい等の意見もあります。

確かにこんな極東にわざわざランキングがかなり下の国に来させるのもおかしい。

ニュージーランドからしたら、もしかしたら日本に勝つことによって得るものはあるかもしれない。

だが、日本からしたらランキングが下と戦う必要性はあるのか?

若手に経験か?又は戦略の確認か?

ならもっと近い国でもよかったんじゃないか?

もう少し強い国じゃダメなのか?

 

とか。

ここには疑問を感じる部分はありますよね。

おわりに

何にせよ、マッチメイクよりもその後の発言が少し言い訳っぽく聞こえたのが、

こんなに話題になってしまったんでしょう。

試合前に言った言葉と、

試合後に言った言葉。

これに差がありすぎていたって事です。

 

もっと大差で勝ってほしかった…

Sponsored Link



Sponsored Link



-サッカー

執筆者: