良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

災害news

ラオスでダム決壊。現場の場所(地図)を。被害状況の動画や画像も。タイ洞窟の救助班が救出活動に賛辞。

投稿日:

これは…ちょっと酷すぎる…

あまりにも酷すぎて現場の状況などが動画で拡散されていますし、

テレビなどでも報道されていますが目を覆いたくなるほどです。

このラオスで起きた建設中のダム決壊事故。

現場の場所を地図で調べました。

そして先日、タイの洞窟に閉じ込められた救助班が救出活動に入ったようです。

まだ疲れも残っていそうなのですが…本当に勇気がいる仕事ですね。

心配ですが、我々は被害に遭った方々と救助に当たる方々の無事を祈るばかりです。

 

Sponsored Link

 

事故の概要

 

ラオス南東部アッタプー県で水力発電用に建設中のダムが決壊した事故で、避難した人たちが26日、取材に当時の様子を語った。決壊した23日以降、数千人が家を失い、多くが避難所に逃れた。現地では近く、まとまった雨が降る予報で、二次被害も懸念される。

 現場から約60キロ離れた町パクソンの避難所。26日現在、約800人が身を寄せる。イーさん(45)は険しい表情で「ダムのある山の方から巨木が倒れるような、聞いたことのない大きな音が3回した」と語った。ダムから数キロ離れた村に住んでいたイーさんは24日昼ごろ、近くの村の人から「下流の村が水で埋まった。すぐ逃げろ」との知らせを受けた。音を聞いたのはその直後。幸いイーさんの村は高地にあり、身重の妻や子どもと役所の車などで、無事に逃げられた。だが、出身の別の村は全戸が水に流されたとされる。親類や小さい頃世話になった僧侶と連絡がとれない。「何でこんなことが起きてしまったのか」

 別の村のフーさん(51)は田んぼで仕事をしていた24日昼ごろ、急に水位が上がるのを感じた。遠くで大きな音が鳴るのを聞き、家族が「逃げよう」というので、着の身着のままで友人の車で逃げた。人づてに、村全体が腰の高さまで水につかったときいた。「これからどうやって過ごしていけばいいの」とうつむいて話した。

 ラオス政府によると、26日時点で決壊による犠牲者は26人で、131人が行方不明だという。警察当局によると、ダム近くの村人たちは22日から、近隣の町などに避難。パクソンの避難所には首都ビエンチャンなどから毎日、水や洋服など数百キロの支援物資が届いているという。日本政府も25日、毛布やテントを送ることを決めた。

 ダム建設に関わった韓国西部発電は26日、韓国の国会で事態を説明した。豪雨により、20日時点で5カ所の補助ダムのうち1カ所が11センチ沈下。23日午前11時ごろに約1メートル沈下した。同日午後1時半ごろから、貯水がダムを越え、決壊が始まったという。

 

日本でも先日同じ事がありました。

私は自然に対し、何故そこまで苦しめるんだ!

と思う。

確かに今回のダム決壊については自然災害ではない。

という情報もありますが、日本にしても世界にしても最近大雨や極暑が酷すぎる…。

 

自然災害ではないっという件についてはまた記事にしようと思います。

 

Sponsored Link

 

ダム決壊の現場の地図

 

 

だいたいこの辺りですかね…。

山ばかりのように見えますが、拡大していく小さな家もたくさんありました。

6つの村壊滅的なのですから、報道に知られていない場所でも被害はたくさん出てると思います。

 

 

 

大きな被害のあった村ですね…。

 

 

 

 

タイ洞窟の救助班が救出開始

 

ラオス南部で建設中だった水力発電用ダムが決壊した事故で、タイの洞窟に閉じ込められた少年らを脱出させたチームが救助活動に加わり、数日間空腹と恐怖に耐えた生存者らを救出した。渦巻く水流、腰までの高さに達した泥の中から乳児が注意深く運び出される様子を捉えた動画が、27日公開された。

 23日に豪雨でセナムノイ(Xe-Namnoy)ダムが決壊すると、鉄砲水が複数の村を襲った。高台に避難した住民は、濁流を前に立ち往生を余儀なくされた。

 大規模な自然災害への対応能力が十分とはいえないラオスには、国際救助班が次々と出動し、救命活動を急いでいる。

 タイ北部の洞窟に閉じ込められたサッカー少年らの救出に貢献したばかりのチームも加わり、根こそぎ倒れた木々やがれきが浮かぶ急流を数キロ進み、生存者らの救出に当たった。

 

Sponsored Link

 

洞窟とは言えど四六時中、救出作戦を考えたり活動していた彼らです。

体力的にもまだ完全には回復していないでしょう。

そしてわずかな間に次はラオスで大規模な自然災害です。

(自然災害じゃないかもしれないのですが…これについてはまた記事にします。)

 

 

今度は本当に自分たちの命が危ないかも知れないのですが、人々の命を救いに行きました。

 

前述しましたが、日本でも先日大雨土砂災害がありました。

 

何と言えばいいのか…

本当に他人事とは思えないですよね…

小さなお子さんも流されたりしていると報道を見ました…。

辛いですよね…

本当に小さな命が奪われると辛い…。

大きい小さいとか無いのですが、

偽善かもしれませんが胸が苦しくなります。

 

 

みんなの反応は?

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだで酷い状況なのか分かるかと思います。

 

…辛いですね…

今回の原因につきましてはまた記載します。

 

1日でも早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-災害news

執筆者: