良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

スポーツ

床のスペシャリスト達の遥か上。白井健三、圧巻の3度目の金!

更新日:

日本の体操界はレベルが相当高い所にいる事が改めて証明されました。

体操の世界選手権第6日目の5日にカナダのモントリオールで男女の種目別決勝が行われました。

男子ゆかで予選首位だった白井健三(21)【日体大】が15・633点をマーク、

2015年に続き、3度目の金メダルを獲得しました。

 

白井健三は2013年に金、14年銀、15年に金を獲得しています。

それに続き4個目のメダル獲得になります。

やはり種目別では白井健三が最強なのか?

白井健三はあの内村航平に、

捻りすぎて気持ちが悪い。

むかつくけど、種目別ではおそらく勝てない

っと、白井健三がまだ10代の頃に言わしめた男です。

この太い眉毛にどこか男らしさ凛々しさまでかんじるようになってきたのは、

私だけではないでしょう。

 

捻りまくった故に、世界からはこんな事まで言われました。

【ドラム式洗濯機】

こんなあだ名はきっと彼だけでしょうね(笑)

プライベートでは白井健三ならではの意外な一面も?

高校生の間、白井健三は家では脱いだら脱ぎっぱなし。

掃除も母親に任せっぱなしでだらしが無かったようです。

ですが、家ではリラックスさせたいっと思っていたご両親は何も言いませんでした。

しかし大学に入学し、寮生活になるとこの子は大丈夫なのか?

っと思っていたようです。

 

寮生活が始まるとそんな事は杞憂に終わるんです。

っと言うのも、周りが驚く程きっちりと完璧にこなします。

掃除も洗濯も完璧に。

どういう事かっと言いますと、

白井健三は母親を観察していた記憶を手繰り寄せて同じ様にやったら、完璧にできたようです(笑)

どんな人間だ(笑)

天性の身体感覚とズバぬけた記憶力。

自身の名前を冠した技を4つも持つ男は、まさにこの才能の塊なのです。

 

おわりに

日体大に入ってからはスペシャリストからオールラウンダーに切り替えたようなのですが、

そんな簡単に一つから全てになれるものではないです。

ですが、白井健三なら…【天性の身体感覚とズバぬけた記憶力】があるなら…

出来てしまうのでしょうね(笑)

 

東京五輪までまだ3年あります。

どこまで伸びてくるのか注目ですよ!

 

 







-スポーツ

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.