良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

尾畠春夫さんはボランティアのプロフェッショナル。名言や過去の経歴(実績)と顔画像や動画。

投稿日:2018年8月16日 更新日:

将来自分もこのような人間になりたい…。

なんて思った人も多かったのではないでしょうか?

私もそうです。

二番煎じでも構わない。

偽善者と思われても構わない。

それでも尾畠春夫さんのような男になりたい!

と私は思いました。

でもこのような考え方は中々出来るものではないですよね。

本当に頭が下がります。ボランティアのプロフェッショナルですよ…。

尾畠春夫さんの名言や過去の経歴・実績などを調べました。

そして顔画像や動画もどうぞ。

 

Sponsored Link

 

藤本理稀ちゃんを発見した経緯(動画)

 

山口県周防大島町家房で12日から行方不明となっていた同県防府市の女性(37)の三男(2)が15日朝、3日ぶりに同町内の山中で見つかった。搬送された病院によると、目立った外傷はなく、健康状態はおおむね良好という。

 県警柳井署などによると、男児は曽祖父宅に家族で帰省中の12日午前10時半頃、祖父(66)と兄(3)の3人で曽祖父宅から約400メートル離れた海に向かった。100メートルほど歩いたところで男児だけが引き返し、曽祖父宅のすぐ近くまで歩いていく姿を祖父が確認していた。その後、行方が分からなくなった。警察や消防などは約150人態勢で捜索していた。

 15日午前6時半頃、ボランティアで捜索にあたっていた大分県日出(ひじ)町の尾畠春夫さん(78)が、曽祖父宅の北東約560メートルの山中の沢で男児を見つけた。名前を呼ぶと、「おじちゃん、ここ」と答えたという。

 尾畠さんによると、男児は岩場に足をそろえて座っていた。尾畠さんが「頑張ったね」と声をかけ、アメの袋を取り出すと、ガリガリとかんで食べたという。長袖の水着を着ていたが、下半身は何も着けず、はだしだった。

参考:Yahoo!

 

こちらは尾畠春夫さんに出来抱えられながら母親の元に行く姿の動画です。

 

 

 

こちらの動画では尾畠春夫さんが改めて心境を語ってくれています。

 

 

Sponsored Link

 

尾畠春夫さんは14日に大分県からやってきました。

そして15日7時から警察の捜索が始まる前の6時から捜索を始めました。

何処かの報道で見たのですが、

『警察の方々が捜索を始めると賑やかになり、まだ小さな子どもの声が聞こえなくなるかもしれないから、7時から始まる前に捜索した』

と見ました。

そこまで考えるとは…まさにプロフェッショナルです。

そして親戚の家の北側の山の中に700m行ったところに沢のすぐ側で発見しました。

『よしく~ん!!』

と探していたところ

『ぼく、ここ…』

と反応があったそうですよ。

 

あかん…これだけで何故か涙が出そうになる…。

 

 

またYouTubeではこの他にも長時間のインタビュー動画などがあります。

そこでは涙を浮かべながら語っているのですが、

私も何故か涙ながらに見てしまいました。

 

 

尾畠春夫さんの顔画像や経歴

 

 

Sponsored Link

 

名前 尾畠春夫(おはた はるお)
年齢 78歳
生年月日 1940年
職業 以前は魚屋さんだったそうですね。そしてボランティア活動を始めたそうです
住所 大分県速見郡日出町
家族 奥様は5年前からお出かけをしているようです。息子さんもいるようですね。

 

 

 

ボランティア活動の実績

 

 

 

数々のボランティア活動をしてきたようです。

登山道の整備なんかもしてきたそうです。

 

東日本大震災や新潟県中越沖地震や大雨土砂災害…など本当にたくさんの場所でボランティア活動してきました。

そして2016年には大分県で行方不明になった2歳の女の子も発見しています。

 

SNSで皆さんが紹介してくれているのでご覧ください。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾畠春夫さんの名言集

 

参考:Yahoo!

 

Sponsored Link

 

今回、藤本理稀ちゃんを発見救助した事により様々なところからインタビューを受けています。

その際に数々の名言を残しています。

その一部をご覧ください。

 

  • 人の命より重いものはない。尊い命が助かってよかった
  • 人に、世の中に、恩返ししたい
  • 今の自分があるのは周囲のおかげ。社会に貢献したい
  • 65歳まで鮮魚店で働いてきました。残りの人生、社会に貢献させてもらおうと思ってボランティア活動してきた
  • 「ボランティアは人を頼ったり、物をもらったりしちゃいけない」「自己完結、自己責任。怪我しても自己責任」
  • Q.なぜ大分県からわざわざ? A.わざわざじゃないですよ。日本人だから。
  • ぼろぼろの救助袋について「まだ38年しか使ってないから新しいですよ」
  • 日本っちゅう国は資源の無い国じゃから。だけど知恵が無限にあるんですよ

最後にこんなメッセージも。

 

定年を迎えて仕事を引退する世代に向けて

「やっぱし夢を持ち続けるっちゅうことじゃないですかね。夢を持ったらそれを目標に立てて、計画を立てて、迷うことなく実行するのがいいんじゃないですか。私はそうしてるんです」

 

 

 

そしてテレビではこんなやり取りがありました。

本当にユーモラスな方です(^^;

 

精力的な活動に小倉智昭キャスター(71)は体調を心配し「血糖値とか血圧とかコレステロールとか人間ドックに入って調べたりすることありますか?」と聞くと尾畠さんは「悪いところは3か所あります」とし「顔が悪いんです。色が黒すぎます。足が短すぎます。その3か所です」

参考:フジテレビ

 

MCの国分太一(43)から「理稀ちゃんを発見したときにもらったものなんでしょうか」と訪ねると、尾畠さんは「あぁ、これ柳井警察署の親分がくれたんですよ」と答えると、スタジオは爆笑に包まれた。その上で尾畠さんは「尾畠さん、これもらっていうから、あぁありがとうって言ってもらったんです」

参考:TBS

 

こんな人がいるもんですね(^^;

なんだ。日本もまだまだいい人たくさんいそうじゃないですか。

良かった(*’ω’*)

本当にそう思えさせえてくれた尾畠春夫さんですね。

 

みんなの反応は?

 

ではここから皆さんの感動の声をご覧ください(*’ω’*)

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

何故、今この尾畠春夫さんがこんなにも取り上げられているのか。

 

それはこんな暗いニュースばかりの日本に、嫌な事に涙ばかりしている日本に、

赤の他人なのに見つかった時はこんなに嬉しくてガッツポーズするぐらいで…

本当に感動を与えてくれた藤本理稀ちゃんと尾畠春夫さんが凄すぎて嬉しい涙を流させてくれたからだ

と思います。

全く興味もない人もいるかもしれません。

しかしこの人のコメントなどは見るべきだと思う。

 

本当に心の奥底から感動させてくれ方。仏様のような人だと思いました。

 

藤本理稀ちゃんも本当に頑張った!!!凄いよ!!!

 

そして尾畠春夫さんには感服させられました。

本当に心配していた…もう無理だろうと思っていた。

 

それを見事に覆してくれた二人には感動させられました。

 

今はぜひゆっくりしていただけたらと思います!!

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-事件事故

執筆者:


  1. 色えんぴつ より:

    すごいね。 この尾畠さん 道徳の教科書にも載ってもいいくらい。
    このような 人間性になるのだよ。と
    世の中、おれおれ詐欺のように悪い事をする人もおれば
    その他もろもろ悪い事する人おる中
    尾畠さんのような人も いれば ・・・
    尾畠さんの 人間の命は地球よりも重いのだから・・に
    胸が熱くなりました。終戦記念日の次の日だからよけい 涙が。。

    本当に本当によしきくんよかった~(^^)/

    人の為に使った金 行動は光輝いていますね
    尾畠さん輝いてます、頭下がります

  2. saburou より:

    わざわざじゃないですよ、日本人だから。
    この言葉にぐっときました。
    この方は日本人の誇りですね。

    最近は日大アメフトの監督、アマボクシング連盟会長と高齢者のおごった考えを持った先輩方にガッカリすることが多かったけれど、尾畠さんのような凄い先輩もいるのだと知り嬉しいです。

  3. toshiharu より:

    わたし達、災害ボランティアの励みにもなります。
    78歳の師匠がかくしゃくとしてボランティアをやっている事実は、
    新人ボランティアの参入にもつながります。すごいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事