良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

体操

塚原千恵子がパワハラ?プレスリリースで反論?評判や経歴や顔画像は?

投稿日:2018年8月31日 更新日:

18歳の子にそんなに圧力かけてどうするのでしょうか…

そういう態度がパワハラをしていると言われるのでは?

塚原千恵子・光男夫妻は元々他の選手からの評判もよろしくなかったようですし。

しかしまだまだ反論するようですね。

プレスリリースを発表しました。

経歴や顔画像もご覧ください。

 

池谷幸雄さんは涙してますよ…。

 

 

 

 

これがパワハラですか?

仲が良さそうじゃないですか…

切り離す必要はないでしょう…

 

 

Sponsored Link

 

塚原千恵子のプロフィールや経歴や顔画像

 

 

名前 塚原 千恵子 (つかはら ちえこ)
旧姓 小田 千恵子 (おだ ちえこ)
生年月日 1947年8月12日
年齢 71歳 (8月31日現在)
出身 長崎県
所属 日本体育協会・強化本部長  朝日生命体操クラブ女子チーム監督

 

そもそも朝日生命体操クラブで監督の人が体操協会で本部長なのがおかしいでしょ。

違和感しかないです。

これがまかり通っているから、営業利益目的のような気がしてしょうがない。

 

 

塚原千恵子の他の選手の評判は?

 

Sponsored Link

 

世界選手権メダリストの鶴見虹子さん(25)は自身のTwitterでこのように語っています。

「元朝日生命で元日本代表として、全力で宮川さえちゃんを応援したいです。皆さんも応援してあげて下さい」

 

田中理恵さんは30日、自身のツイッターを更新しています。

「この問題は前から多くの体操選手が抱いていた疑問であり、私もそう感じていた1人です。でもみんな怖くて言えないんです」

「それをあのちっちゃいさえは勇気を出して1人で訴えかけてくれました」

「色んな形での助け方があります。私もさえのためにも、選手たちのためにも、協力します。心配で仕方がない」

 

寺本明日香(22)=ミキハウス=は自らはつぶやいていないが、北村晴男弁護士の「3キロの速度超過も200キロの速度超過も同じ速度違反だから、何れも免許取り消しの上、懲役6カ月の実刑を科すとすれば、それはバランスを欠いた不健全な社会」、「宮川選手は選手生命を賭けて訴えている。これについて徹底的に事実調査をし、協会幹部がえげつないパワハラをしていたのかどうかを解明するのが社会の責任だ」という日本協会の姿勢を断ずるツイートに、“いいね”を押し、宮川に同調した。

参考:Yahoo!

 

池谷幸雄さんはこのように塚原千恵子副会長を述べています。

「僕らは体操協会の下の方の団体の理事ですから。僕らは本当にもう、体操協会が決めた方なので、女子強化本部長ですから、その方に従うしかないんですね、僕らとしては。その方を体操協会が選ばれたっていうことですから、その方の指示に従っていくしかない」

そして宮川紗江選手に対してはこう答えています。

「ぼくらとしても信じられないほど赤裸々に語ってくれたので、それは素晴らしい。よく頑張った」

 

森末慎二氏はこう語っています。

「こういう問題は遅かれ速かれ体操協会では出て来るものだと?」と聞かれると

「出て欲しいとは思っていた、逆に言うと」

「これまで30年ぐらい前から、そういう噂はありましたから、そういう部分で出て欲しいとは思ってましたが、なかなかこういう発言をする選手はおられなかった」

 

ここまで体操競技に関わってきた人たちが語っているのです。

素人が安易に語る事とは違います。

しかも引退した人たちも語っている。

もう恐れる者がない人たちが語れば真実味が増すのではないでしょうか?

また鶴見選手も語っているのも重みがありますよね。

 

パワハラに反論?プレスリリースを発表

 

 

「私たちの言動で宮川紗江選手の心を深く傷つけてしまったことを本当に申し訳ないと思っております」

 

プレスリリースされました。

冒頭でまず上記のように記されていました。

 

Sponsored Link

 

速見佑斗コーチに関係を断ち切るように迫ったという話では

「そういう趣旨での発言をしたかもしれない」

と認めています。

そして高圧的な態度だったのかという話では

「そういう風に捉えてしまったのなら申し訳ない」としながらも、

『私達の録音した音声を聞いていただければ高圧的な態度に聞こえないのは理解していただけると思う』

衝撃的な事実を語っています。

 

「五輪に出られなくなる」

という話では、

「正確には『だんだん成績が落ちてきているでしょう。そしてこのような現状のままだと五輪に出られなくなるわよ』という内容を伝えた」

と語りました。

そして自身が運営を行っている朝日生命体操クラブの勧誘については、

「一切行ってはおりません」

としました。

 

みんなの見解は?

 

ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

皆さんはどちらの話を信じますか?

いや、もしかしたら双方の勘違いから生まれただけかもしれません。

まだそこの判断は出来かねますね…

 

が、

私は宮川紗江選手にここまで勇気を振り絞らせた責任は大きいと思います。

では、このまま話が終わったとして、

宮川選手は何事も無く選手としてやっていけるのでしょうか?

なんの不安も無くやっていけるのでしょうか?

 

絶対に塚原夫妻からの何らかの圧力がかかりそうな気がします。

アスリートファーストであるならば、もうこの塚原夫妻には体操協会から辞めて頂く必要があるのではないでしょうか?

そして他の選手などにも悪影響を及ぼしそうな気がします。

 

また他にも反旗を翻している方もいます。

何も無い方なら反旗を翻す人はいないでしょう。

 

ずっと前から何かがあったから…ですよね?

まだまだこの問題注目していく必要がありますね。

 

 

というか…子供に『勝てるまでやる!』とか言うか…

しかも盗聴までしてるし…。

 

スポーツ協会…酷いところが多すぎる…。

Sponsored Link



Sponsored Link



-体操

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です