良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

木本結梨香さん・モロサワ・チエさんの顔画像や殺害された理由は?現場の地図も調べました。

投稿日:

布教するのはいいでしょう。

人それぞれ信心する事がもあるものですからね。

ですがちょっとグアテマラで…っと言うのが理解し難いはありますね。

 

グアテマラでエホバの証人の宗教活動していた20代女性の2人が襲われました。

亡くなったのは木本結梨香さん(26)、大けがを負ったのはモロサワ・チエさん(28)です。

木本結梨香さん顔画像を調べました。

そして何故襲われたのか調べました。

 

 

Sponsored Link

 

 

事件の概要

 

 

 

 

 

中米グアテマラの日本大使館によると、同国北部ペテン県の民家で4日、現地在住の20代の日本人女性が殺害されているのが見つかった。

 同居していた別の日本人女性も重傷を負い、病院に運ばれたという。現地メディアは強盗の可能性があると伝えている。

 現地報道によると、死亡したのはキモト・ユリカさん(26)で、頭などに殴られた痕があった。同居していたモロサワ・チエさん(28)も刺されるなどしていた。2人は宗教団体「エホバの証人」の信者で、3年ほど前から布教活動のために県中部サンタアナに滞在していたという。 

参考:Yahoo!

 

 

 

現場の地図

 

Sponsored Link

 

 

 

 

参照:Yahoo!

参照:Yahoo!

 

当たり前かもしれませんが、セキュリティー面ではほぼ皆無ですね。

侵入し放題とまでは言いませんが、警察などに警備に当たってもらわないとかなり不安な場所です。

一応【村】という事もあり周りには民家などもあるのでしょうが、それでも時間帯によっては目撃者もいなさそうです。

いや、人が付近にいてもこの国では起こるかも。

 

キモト・ユリカさんとモロサワ・チエさんの顔画像

 

参照:Yahoo!

参照:Yahoo!

 

ちょっと二枚の画像では別人のように思えますが、同一人物です。

綺麗な方だと思います。

そこにモロサワ・チエさんと一緒に住んでいた訳です。

こんな小さな村で日本人女性が2人が住んでいる。

すぐ有名になりますよね。

だとしたら犯人は狙っていたかもしれません。

 

モロサワ・チエさんの画像も調べました。

Facebookがありましたが、ここでは伏せさせていただきます。

 

 

Sponsored Link

 

殺害された理由は?

 

では犯人は何故彼女たちを狙ったのでしょうか?

木本結梨香さんは殺害され、

モロサワ・チエさんは大けがです。

 

生き残ったモロサワさんは幸運でしょうが…やはり失ってしまった友人の事を考えるととてつもないショックがあるでしょう。

 

まず日本人だから…ってのはあるかもしれません。

その理由は【お金】でしょうね。

グアテマラのような貧困差が激しい国ではアジア系の外国人はお金があるように思えるでしょう。

服装からして違いますからね。

ですので、報道でも強盗の可能性があるっと出ています。

 

 

そしてもう一つは彼女たちがしていた【宗教活動】ですね。

彼女達はエホバの証人という宗教に属していました。

 

もしかしたらグアテマラのペテンではちょっと嫌な目線で見ていた人もいるかもしれません。

それ故に一番酷い殺害…とまで犯行が行われたのかもしれません。

どっちが理由にしても力弱き女性や子供に暴力っという事は許されません。

それが例え違う国や文化であっても私は考えられない。

 

みんなの反応は?

 

では、ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

エホバの証人っという宗教に対してどんなイメージも何もないです

よく分かりません。

しかしこんな危ない国で若い女性に宗教活動させる事に私は疑問に思います。

いかなる事情があってもです。

 

そしてもちろんこの殺害した犯人にも怒り覚える。

国が違っても女性に手を出すなんてありえない。

その犯人も貧しさなどもあるかもしれないが、命まで奪う必要なんかないはず。

ただただこの事件は悲しく思います。

 

ご冥福という言葉合うのか分かりませんが、

私は木本結梨香さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Sponsored Link



Sponsored Link



-事件事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です