良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

訃報

渡辺恒雄氏(ナベツネ)が死去。死因は?ソースは菅野完さんのメルマガからのTwitterから。

投稿日:2018年11月17日 更新日:

ちょっとビックリした速報が入りました。

あの読売新聞社の渡辺恒雄氏、通称ナベツネさんが亡くなったとの事。

しかしまだ読売は発表していません。

何故すぐに発表しないのでしょうか?それはとある人のためだそうで…

死因も調べました。菅野完さんのTwitterの情報もどうぞ!

 

 

Sponsored Link

 

菅野完さんのTwitterとメルマガ

 

事の発端はここから。

 

と書かれれば皆見てしまいますよね(笑)

読者の気持ちを分かってらっしゃる。

 

 

 

そこで書かれていたのは

“渡辺恒雄氏が亡くなった”

という事。内容まで書いてしまったらメルマガの意味が無いですから書きません。

しかし読売新聞社はこれをいち早く流していないのですよ。

おかしいですよね。これだけのビッグニュースですよ?

それにはどうも安倍総理の帰国まで公表したくないようなんですね。

 

 

Sponsored Link

 

…ちょっと待て。一国の総理が気を遣わないといけない程の人物なんですか?

渡辺恒雄氏とは…いったい何者…。どこまで力があるんでしょうか。

 

渡辺恒雄氏の死因は?

 

そして気になるのは死因ですよね。

おそらく関係するのはこれではないでしょうか?

8月16日に自宅で酒を飲んで転んで首を骨折しました。そしてすぐに病院の集中治療室に運び込まれたようなのです。

しかし一時は回復に向かっていて一般病室にも移っていたのですが、18日になって容態が急変し、ふたたび集中治療室に入っているという事が8月にあったのです。

 

この頸椎骨折が何らかの形で関係している死因なのではないかと思われます。

名古屋第二赤十字病院の整形外科医、飛田哲朗氏によると

「頸椎が折れると食事をしたり痰を切る力が衰えます。結果的に、痰が肺に詰まる誤嚥性肺炎のリスクが急増するのです。一般論ですが、度合いの軽重を問わず、65歳以上で頸椎を損傷すると、1年以内に28%が亡くなるとの研究結果もあるほどです」

とまで言われています。

非常に危険な状態な事が分かりますよね。

という事は…ではないでしょうか?

 

Sponsored Link

 

みんなの反応は?

 

ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

しかし不謹慎ですが、若干喜んでいる方もいるようで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

事実にしろガセにしろ、人が亡くなっている以上【喜ぶ】という事はしてはいけないですよね。

ましてや人の【死】をもて遊ぶもんじゃない。

 

とは言えど個人的には“嫌い”な人物です。

昔巨人ファンでしたけど、この人のせいでなんか嫌いになった中学生時代。

しかしこれとそれとはまた話が別です。

渡辺恒雄氏が亡くなっていたとしたら、人一人が亡くなっている訳ですからね。

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-訃報

執筆者:


  1. ijkjp より:

    自分も同世代で、「空白の一日」以来、読売が嫌いになりました。以後、プロ野球にまつわる諸々の問題は、すべてあの妖怪がいたことが原因だと思っています。
    ねじ曲がった理屈で球界をいつまでも支配・私物化するあの言動は、許しがたいものがありました。
    人ひとりの訃報に不謹慎なことは避けるべきとは思いますが、私にとってナベツネは人間ではありません。これまで何度も「くたばれ、ナベツネ」と叫んできました。もう叫ぶ必要がないとすれば、寂しくなる感情も沸き起こってきますが、世のため日本のためにはやはり喜ばしいことです。

  2. […]  本と雑誌のニュースサイト/リテラナベツネにいったい何が?「読売グループが緊急幹部会議を開催」の情報でマスコミ…https://lite-ra.com/2018/11/post-4375.html ナベツネが亡くなったんじゃないか──。読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏の死亡説が昨晩からネット上に流れ、大きな騒ぎになっている。 今朝に…  良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ渡辺恒雄氏(ナベツネ… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です