良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

高2女子の右折バイクが直進車と衝突で死亡。現場の地図を調べました。どちらが悪いのか…

投稿日:

まず始めに言いたいのは、この事故はどちらかが“譲り合い”の気持ちを少しでも持っていたら防げた事故という事。

そんな気持ちが欠けていたから起こるべくして起こった事故でしょう。

もちろん実際にその現場を見ていないので何とも言えませんが、その気持ちだけで死亡事故になる事なんてないと思う。

高2女子の右折バイクが直進車と衝突で死亡しました。これから楽しい季節でもあるし、これからも楽しい人生が待っているのに本当に悲しいですね…

現場の地図も調べました。

 

 

Sponsored Link

 

事故の概要

 

16日午後6時半頃、茨城県坂東市幸神平の国道交差点で、右折しようとした同市猫実、県立高校2年落合雛乃(ひなの)さん(16)の原付きバイクが、対向車線を直進してきた乗用車と衝突した。落合さんは頭を強く打って死亡した。

 県警境署は、乗用車を運転していた同県取手市山王、会社員(30)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、過失運転致死容疑で調べている。

 現場は信号機のある見通しの良い十字路。

参考:Yahoo!

 

 

現場の地図

 

この辺りで事故あったようですね。

もし地図通りなら確かに見通しはいいはずです…はずなのに。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

この場合はどちらが悪いのか?

 

ではこの場合どちらが悪いのか。

実際に事故を見てる訳でもないので一概には言えませんし、二段階右折をしなくてはならない場所なのかにもよります。

もし二段階右折をしなくてはならない場所でこのような事故が起きてしまったなら、女子高生が乗っていたバイク側が悪いという事になります。

しかし車にも責任がないわけではないです。

普通に走っていれば万が一飛び出してきても急ブレーキで止まれる可能性も高いでしょう。

その急ブレーキも後続車からすれば危ないですけどね。

という事は、車側はもしかしたら制限速度を超えていた…という可能性もあります。

その場合は車の方が割合的には悪いかも知れません。

そして残念ながらといういい方は適切ではないかもしれませんが、車に全く責任がない!という事はほぼないでしょう。

動いている限り車には責任があります。

ですので、どちらかに10対0の責任がある!!とはならないと思います。

 

みんなの反応は?

ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

確かに可能性としては女子高生の方が悪いかも知れません。

しかし亡くなってしまったのは女子高生です。

まだ未来がある若者が亡くなってしまったのです。

もちろん車の運転手も30代ですので、まだまだ未来があります。

どちらかが亡くなればいいと言う話ではなく、

たった少しの“譲り合い”で防げた事故なのに…と言えることなら双方に言いたいです…。

 

亡くなった落合雛乃さんのご冥福をお祈り申し上げます。

Sponsored Link



Sponsored Link



-事件事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です