良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

高校野球

丹波慎也の死因は?球速や実力や動画を調べました。松坂大輔より上。上地雄輔が凄さを語る。

投稿日:

皆さんはご存知でしょうか?

“あの松坂大輔投手より上”と呼ばれた天才の事を。

11月18日放送のTBS系『消えた天才』で紹介されます丹波慎也さん

横浜高校史上最高の天才とも呼ばれていました。

しかし悲しい出来事があり、彼はプロ野球界にはいませんでした。

 

丹波慎也さんの死因、球速や実力。動画を調べました。

上地雄輔さんや渡辺元智・元監督が語る丹波慎也さんとは。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

丹波慎也さんとは?

 

名前 丹波 慎也 (たんば しんや)
生年月日 1978年
享年 17歳 (1995年8月17日 亡くなる)
身長 184cm
体重 84kg

 

横浜高校のOBには堂々たる名が連なるプロ野球選手がいます。

松坂大輔…筒香嘉智…涌井秀章…成瀬善久…多村仁…鈴木尚典…愛甲猛…等、凄い選手ばかりで…。

私が知っている中でもこれだけの方々いらっしゃいます。

しかし渡辺元智・元監督は“50年の指導歴の中でナンバーワン”と語る程。

さらには“同年代であれほど慕われた選手は他にはいない”とも語っています

それほど野球人としても人間としてもずば抜けた天才だったのでしょう。

もちろんそこ(天才と呼ばれる)に至るまでの努力は相当なものだったのでしょうね。

ちなみに渡辺元智・元監督の教え子からは、大学・社会人(あるいは両方)経由を含めて40人以上の方々がプロ入りしています!

 

しかし現在も…これまでも…彼はプロ野球界にはいません。入っていません。入れなかったのです。

そう丹波慎也さんは17歳という若さで亡くなってしまったのです。高校2年生です。

なぜ彼は亡くなってしまったのか。

その時、周りはどうだったのか…続きます。

 

丹波慎也さんの死因。皆、泣き崩れた。

 

まず死因は心臓肥大の急性心筋梗塞です。

そしてどう皆さんに伝えられたのか…。

 

 

8月17日に丹波慎也さんは亡くなりました。

その2週間前、7点差を引っ繰り返され悔し涙に明け暮れたました。

『この屈辱を絶対に晴らそう!!』

と胸に誓い再出発した新チームに悲しい出来事を渡辺監督は伝えなければならなかった。

新チームでは丹波慎也さんはエースで4番でチームの大黒柱になっていました。

春の甲子園予選ではノーヒットノーランという偉業も成し遂げた。

 

Sponsored Link

 

その2日後…

その時の様子を上地雄輔さんが語っています。

 

出典:NAVERまとめ

 

グラウンドから合宿所に選手全員が呼び戻され、監督からそれを宣告された日。

俺は前の日に
「ちょっと預かってて♪」
と言われたピッチャーが一人一人一個づつ持っているピッチングボールを(今もかたみに持っている)持って最後の方に合宿所の食堂に入った。

先輩達はウキウキして言っていた。
「この前あんな良い試合したから今日は練習やすみか(笑)?」
「ないない(笑)」
「あら?そういえば丹波は?」
「あいつ調子に乗って寝坊じゃね(笑)?」
すると涙目の監督と部長、コーチが入ってきて、全員
「?」という空気になった。

監督は途切れ途切れ言った。
「今‥連絡が来て‥丹波が‥亡くなった‥」

「‥‥‥」

ざわついた空気が凍りついた。
いや。
「はい?」
という感じだった。

合宿所の食堂は長生きしてるセミの鳴き声だけが鳴り響いていた。
しばらくして3塁コーチャーをやっていた斉藤タケシ先輩が
「ぅ、ウソだ。」
「ウソだぁぁああ!!!」
と泣き崩れた。

それからは早かった。
みんな次々に泣き崩れてった。

よくドラマとかでいきなり悲しい事があると物を落としたりするでしょ?
あれ本当だよ。

俺は合宿所で丹波さんに返そうとしてたボールを
「‥ボトッ」
と落とした。

でもその時俺ゎ泣き崩れなかった。

一番後ろで一人呆然と立ち尽くした。
(あの光景は一生忘れない)

何が何だか分からなかった。
俺のスーパースターが、丹波さんが、お兄ちゃんが‥
消えちゃった。
つい数時間前まで笑いあってた。
俺、寝て起きただけ。

消えちゃった…

そんな感じだった。

出典:上地雄輔の大事な思い出。|上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba

 

これだけで本当に泣きそうになります…。

では、その前に聞いていた監督は…

このような事があったそうです。

 

出典:NAVERまとめ

 

女房が掃除をしている時に、玄関のチャイムがけたたましく鳴った。
「こんな朝早く、だれだろう」と目をこすりながら出てみると、そこには血相を変えた丹波の同級生の親がいた。 
「丹波が倒れました。救急車で運ばれたんです。亡くなったんです」 
矢継ぎ早に言うが、最初はその内容を理解することができないほど、私は目の前が真っ暗になっていった。
と、同時に体中の血が一気に引いていくのが分かった。 
「丹波が死んだ?」 
そんなバカな!と思った。昨日まであんなに元気だったのに…。 
南区浦舟町にある市大病院へ行って初めて冷たくなっていた丹波がそこにいた。
丹波のお母さんは私の顔を見るなり、突然泣き崩れた。

「慎也が冷たくなって…。死んで動かないんです」 
その丹波がどうして口をきかずに眠っているのだろう。
私はそれがどうにも信じられなかった。なぜなんだ。 
「おい、起きろ。何で寝てるんだ。甲子園に行くんだろ」 
いくら叫んでも丹波は答えてはくれなかった。心臓肥大による急性心不全という医師の診断であった。

出典:NAVERまとめ

 

あ…もうダメ…号泣です…。

 

松坂大輔投手より上?

 

Sponsored Link

 

渡辺監督よりますと…

98年には春夏連覇でエースだった松坂大輔が横浜高校史上最強投手ではなく、丹波慎也さんだったというのです。

細かい技術的な事も総合すれば松坂よりも優れていた選手だった

と語っています。

しかしこれは私はまくまでも総合的な部分であり、投手として怪物的な部分はもしかしたら松坂大輔の方が上っとも取れると思います。

(確かに松坂投手は本当に怪物でしたからw)

 

ですが、松坂大輔は入学した時に『丹波さんみたいになれればいいな』と言っていたそうなので、憧れはあったのでしょう。

 

球速や実力が分かる動画は?

 

 

 

実は動画ではこれぐらいしかないのです。

 

夭逝したため甲子園にも出ていません。

今でしたらビデオカメラも便利にすぐ買えますし、スマホでもいけます。

しかし当時では記録や動画はおろか静止画ですらほとんど残っていないそうです。

 

わずかに残る資料では右上手投げで豪速球ではなく、速球のキレなどで勝負するタイプだったそうです。

ただ上地雄輔さんは丹波慎也さんの事をこう語っています。

丹波さんは本っっっ当に優しかった。
俺が一年生の頃、まだ上下関係があった。
先輩達によくしてもらっていたが、中でも丹波さんは本当に優しかった。
そしてカッコ良かった。
毎日女子に「キャーキャー」言われても黙々と練習をし。
マスコミに「パシャパシャ」撮られても、騒がれても淡々と受け答えをする。
成績は常にトップクラス。
モデルみたいな体系で顔は男前。
野球はスペシャルうまい。

 

漫画の主人公でもいないぐらい絵に描いたような優等生でもあったそうです。

イケメンでモデル体型で成績優秀で野球は天才でチームのムードメーカーなんですね。

新チームでの成績は全て練習試合ですが、4試合でノーヒットノーランを2回、打者としても3本塁打を記録しているようです。

 

Sponsored Link

 

実は横浜高校には丹波慎也さんの石碑があります。

それほど横浜高校には丹波慎也さんの存在が大きく影響があったのです。

 

 

 

父と母と兄の丹波幹夫さん

 

丹波慎也さんのお父さんは亡くなった前日、一緒に練習してたそうです。

そしてお母さんは渡辺監督に

『何としても慎也のためにためにやってくれ』

『慎也からそういう声が聞こえた。すぐやってください』

と机を叩きながら懇願したそうです。

丹波慎也さんのユニフォームで作った、丹波慎也さんの母親手作りのお守りを手に、見事秋季大会を勝ち進んで第68回選抜(1996年)に出場しました(初戦敗退)。

 

4歳年上の兄の丹波幹雄さんは丹波慎也さんと同じ横浜高校に投手として進み、1年の秋からベンチ入りするほどの実力者でもありました。

が、肘の故障のために2の春に退部し、その後は野球から離れていました。

丹波慎也さんが亡くなる直前に、

急に『キャッチボールに付き合ってくれ』と頼まれ相手を務めた時に、

丹波慎也さんから『まだやれるじゃん』と言われ、それが後に丹波幹雄さんが野球を志すきっかけとなったそう。

1996年からクラブチームで野球を再開。

98年のドラフト会議ではヤクルトスワローズに8位指名されました。

なんの偶然か…そのドラフトの目玉は松坂大輔。

自身の弟・丹波慎也さんの後輩だったのです。

 

この弟が果たせなかった夢を実現した事から…

野球ファンからはリアル【タッチ】と呼ばれました。

 

まとめ

 

Sponsored Link

 

どうでもいい事ですが私は野球ファンです。これほどの天才が心臓肥大の急性心筋梗塞により亡くなってしまった…。

私は急性心筋梗塞を起こしてしまった何らかの原因があるとするならば、その原因が恨めしく腹立だしい。

私は見たかった。丹波慎也選手としてどこかのプロの球団のエースとしてマウンドに立つ姿を。

もちろん丹波慎也さんも丹波慎也さんのご家族や監督、友人や先輩後輩も丹波慎也さんのファン。

皆そう思っているでしょう。なんですかね…ずっと昔の話なのに未だにこの出来事を思い出す度に本当に悔しいしやるせない。

丹波慎也さんの周りにいた方々があの平成の怪物と呼ばれた松坂大輔よりも上と言うならば尚更。

もしかしたらメジャーでバンバン投げていたかもしれない。

本当に悔しいですね…。

 

しかしこうやってまたTBS系の【消えた天才】で放送してくれるのはありがたいと思います。

また丹波慎也さんの事を知ってくれる方々が増えるでしょうからね。

 

最後に皆さんの18日放送のTBS系“消えた天才”での丹波慎也さんへの

コメントをいくつか載せさせてもらいます。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-高校野球

執筆者: