良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

スポーツ

佐藤愛香(サッカー)の今現在や経歴と川澄奈穂美選手との関係。何故天才GKなのか?

投稿日:

皆さんは佐藤愛香さんという方をご存知でしょうか?

2月10日のTBS系で放送されます、【消えた天才 ★前田健太が勝てなかった中学世界一メンバー!感動対面SP★】で紹介されます。

幼き頃から川澄奈穂美選手と仲が良かったようで川澄奈穂美選手から天才と呼ばれています。

そんな佐藤愛香さんの今現在や川澄奈穂美選手との関係を調べました。

そして何故佐藤愛香さんはGKとして優れていたのか?

 

 

佐藤愛香さんの今現在

参照:Yahoo!

まず佐藤愛香さんの今現在ですが、『消えた天才』の予告の紹介によるとサッカーを続けられなかった…と語られています。

そこで調べてますと現在はサッカーをやっておらず、2013年にはデフリンピックに出場しています。その後、日本ろう者サッカー協会理事として後方支援に回っているようです。

分かっている範囲では2016年までは東日本ろう者サッカー協会に携わっているようですが、今現在までは分かりませんでしたので、そこに関しては番組内で語られると思いますので要チェックですね。

 

 

佐藤愛香さんの経歴やプロフィール

参照:https://www.soccer-king.jp/

名前 佐藤 愛香
年齢 33歳
出身地 神奈川県大和市
所属団体 神奈川県聴覚障害者連盟

 

大和市立中央林間小学校に入学しここで川澄奈穂美選手と出会っています。

その佐藤愛香さんをサッカーに誘ったのが川澄奈穂美選手なのです。

しかし佐藤愛香さんは生まれつき聴覚障害があり補聴器をつけての生活をしていました。

ですので小学生ですでに補聴器をつけながらのプレーだったのです。

その後中学でも高校でも川澄奈穂美選手と同じサッカーチーム『大和シルフィールド』に6年間在籍しプレーしていました。

ちなみにこの『大和シルフィールド』という女子サッカーチームは佐藤愛香さんが中学生にできたチームだそうで初代監督は佐藤愛香さんのお父さんだったそうです。

 

高校3年生の時に『ティファール・カップレディースフットサル大会(後の全日本女子フットサル大会)』で全国優勝しています。

 

高校卒業後の佐藤愛香さんはアニメ関係の専門学校に進学し卒業後は障害者枠で一般企業に就職しました。

この間はサッカーからは離れているのです。

にも拘らず、首籐麻衣さんから『ろう者サッカー女子日本代表』の話を聞き、誘われて代表入りする事になります。

 

佐藤愛香さんと川澄奈穂美選手との関係

 

ではここで佐藤愛香さんと川澄奈穂美選手との関係はなんだったのでしょうか?

佐藤愛香さんと川澄奈穂美選手は『大和シルフィールド』で一緒にプレーをしています。

当時川澄奈穂美選手は佐藤愛香さんに衝撃を受けたようで、番組でも語られていますが、『天才』『非常に上手い選手』『すごーい』と常々称賛していたようです。

小学校でも清水カップで優勝し、高校でも優勝…

川澄奈穂美選手からすれば絶対的な守護神で頼もしい限りでしょうね。

 

番組内では友情秘話や15年越しの想いも伝えられています。

スタジオが涙していましたからね…

ティッシュの用意は忘れてはいけませんよ?

 

 

何故佐藤愛香さんは天才だったのか?

 

 

 

では、気になるのは聴覚障害があるにも拘らず何故佐藤愛香さんは天才的なゴールキーパーになれたのか。

もちろん差別的な意味は全くございません。

しかし『耳が聞こえないのに何で?!』と思うのが健聴者の疑問です。

まずいきなりタイトルを否定しますが佐藤愛香さんが天才ではなく生粋の努力家であると思います。

 

それは『サッカー』だけではなく、『コミュニケーション』でもです。

健聴者からすれば指示や笛が聞こえないのに…と思いがちですが、佐藤愛香さんにとっては何の問題なかったのでしょう。

何故なら日常生活から口元を見てコミュニケーションを取っているから。

これは凄い事ですよ?

相当な努力…なんて語れるものではないと思います。

そんな軽々しく私が語れるものではないでしょう。

まずこれが一点。

 

もう一点…

私は佐藤愛香さんは優れているものがあるのではないか?と思いました。

ボクシングなど格闘技や野球でもそうなのですが、相手の目や口元を見てパンチやキック、ボールを判断するそうです。

これをもし佐藤愛香さんのように日常的にしていたらどうでしょうか?

PKはもちろんの事、1対1の場面、ゴール前での判断などむしろ佐藤愛香さんの方がアドバンテージがあるのではないかと思いました。

よく言いますよね。

目が見えない方は耳が良くなる

と。

人間の不思議な所です。

ならば佐藤愛香さんは耳が聞こえない分、洞察力と言う部分で突出していたのではないかと私は感じました。

この点に関してはあくまでも憶測ですけどね。

まさに努力が天才を生んだと言えるのはないでしょうか。

 

 

まとめ

 

消えた天才…

とは言いますが安易に天才とは呼べないところはありますよね。

その裏では私たちには知る余地もないほどの努力の積み重ねがあったと思います。

言うなれば【努力の天才】と呼ぶべきでしょうか。

 

消えた天才、楽しみにして見ましょう。

ティッシュの用意も忘れずに!(笑)

-スポーツ

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.