良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

世の出来事

不適切保育園で問題のあかつき保育園の情報・教育方針や発覚した経緯と内容とは

不適切保育で問題となった福岡県の「あかつき保育園」

一時期ニュースでよく流れていましたよね。

見ていてすごく酷い内容で、保育士がそんなことを・・・と耳を疑うニュースでした。

今回はこの福岡県の「あかつき保育園」の創立、保育定員、理事長、園長の情報や教育の方針、保育園の不適切保育が発覚した経緯、内容について調べてみました。

 

 

あかつき保育園の創立・保育定員・理事長・園長の情報

参照:Yahoo!

不適切保育を行っていた社会福祉法人 北斗会 あかつき保育園(福岡県は、

 

昭和53年に創立されており、創立40年

保育定員は310人

とのことです。

 

理事長 柿迫恒夫

園長 柿迫裕理子

 

夫婦で経営していることが分かりました。

 

あかつき保育園の教育方針

 

 

あかつき保育園のサイトには次のような教育方針が載っていました。

 

 

 0歳児から就学前までの児童を対象に、厚生省の指導指針にそって健康・人間関係・環境・言語・表現の五領域を中心に養護と教育とが一体化した保育園を行います。

 そして、友達と仲良く、明るい素敵な自主性と自立の精神を養い、心身共にたくましく、何事にも積極的に取り組む意欲のある園児の育成に努めます。

 

1.    徳育(心を育てる)・・・しつけ教育、情操教育

2.    体育(健康な身体)・・・体育ローテーション、リトミックあそび

3.    知育(理解力、創造力、記憶力)・・・絵本読み、カードあそび

 

 

 このようにサイトでは書いてましたけど、なぜ不適切保育が発覚したのか・・・

 

あかつき保育園の不適切保育が発覚した経緯と時系列

 

参照:Yahoo!

 

 あかつき保育園の不適切保育が発覚したのは、あまりの酷さに見かねた保育士が録音した音声を福岡市に提出したことにより発覚しました。

 

  • 20017年10月~12月

告発者が不適切保育の音声をとる。

  • 20017年12月

福岡市に不適切保育の通報が入る。

  • 2018年1月

福岡市が園長に確認し、報告するよう指示。

  • 2018年2月

園長が一部事実を認めたので、再発防止に努めるよう指示。

  • 2018年7月

再び福岡市に不適切保育の通報が入る。

  • 2018年8月

福岡市が職員37名に聞き取り調査するも、不適切保育の確認がとれず経過観察。

主犯格が「言わないように」と口止めをしていたそうです。

 

 

 いくら口止めされていたからって、1人2人くらい真実を話していれば・・・と本当に思います。ですが、やはり言ってしまったら・・・ってのもあるのでしょうね・・・。

でも、そのときは言わなくても他に真実を話す方法はあったと思います。

でも、どういった不適切保育をしていたのでしょうか。

 

不適切保育の内容

 

参照:Yahoo!

気に入らない園児はおやつ無し

 

言うことを聞かない、自分の気に入らない子はおやつ無しにしていたそうです。

 

なにもしなくても気に入らない子供におやつ無しは本当ありえませんね。

それに言うことを聞かないのが子供です・・・

 

おやつ代込みで保育料を支払ってるのに・・・

 

おしっこなら勝手に行け!漏らすな!

 

2歳の子供が、「おしっこがでるー!!」と泣き叫んでいました。

ですが保育士は・・・「おしっこなら勝手にトイレ行けば!知らんよ!ここで漏らさないでね!」と・・・

 

2歳の子供に?とありえない話ですよね。

2歳の子供がひとりでトイレに行くのは難しい話です。

おしっこと教えてくれるだけすごいことだと思いますけどね・・・

 

その子は我慢できず漏らしてしまい・・・

 

「なんでここで漏らすと???!!!」

と罵倒されていました。

 

必死に子供は伝えていたのに・・・

可哀想で、その子のことを考えるとすごくつらいですよね。

 

 

うるさい園児の口をセロハンテープで塞ぐ

 

言うことを聞かないうるさい園児にはセロハンテープを口に縦に貼り、黙らせていた

とのこと・・・

 

なにもかも本当耳を疑う行為をしていて、耳を塞ぎたくなります。

 

ある園児の母親が、子供が家でセロハンテープを口に付け、「先生がうるさい子にはこうやってやるんだよ」と言われたそうです。母親はそれを見て絶句したそうです。

 

そんなことを子供の口から聞くとは思いもしませんよね・・・

本当に腹が立ちます。

 

正座で昼寝させたり、毛布を巻き付けうつぶせで寝かせる

 

正座で寝かせていた。

 

なかなか寝ない子には毛布をぐるぐるに巻き付けうつぶせで寝かせていた。

 

正座で・・・?正座で寝かせていたなんて・・・

大人でも正座ではなかなか寝れないですよね・・・

 

それに加え、なかなか寝付けない子は毛布をぐるぐるに巻き付けうつぶせ・・・

 

小さい子供をうつぶせで寝かせたら窒息死する恐れがあることくらい皆さん知っていることですよね・・・なんとも恐ろしい話。

 

そんな保育園に預けていた・・・なんて思うと、ぞっとしますよね。

子供たちがすごく可哀想でしかたありませんし、親御さんもかなりショックを受けているでしょうね。

 

食事が遅い子には無理やり食べさせる

 

その子その子で食べるスピードが違うことくらい分かりますよね?

 

しかし、あかつき保育園の保育士は、食べるのが遅い子には、

 

口に食べ物を押し込み、おわんで塞いで強制的に食べさせていた。

 

とのことです。

中には嘔吐してしまう子も・・・

ですが・・・

 

その嘔吐した物も、園児の口に無理矢理突っ込んでいた。

 

そうです。

 

こんなんじゃ、子供はトラウマになりご飯の時間が恐怖になりそうですよね・・・

毎日毎日嫌ですよね。そりゃ、嫌がるのは当たり前ですよね・・・

被害にあった園児のことを思うと胸が痛いです・・・

 

 

仕切り部屋に連れて行き、泣くまで閉じ込める【通称:鬼の部屋】

 

仕切り部屋?なにそれ・・・?て思いますよね。

 

あかつき保育園には、仕切り部屋と言われる子供を閉じ込める鬼の部屋があるそうです。

 

これを聞くだけでも嫌ですよね・・・

 

その部屋には、怖いお面が置いてあり、悪いことをした園児を閉じ込めて、泣くまで仕切り部屋から出ることはできないそうです。

 

それでも泣かない子には、怖いお面を園児に被せてなんとしてでも泣かせていたとのことです。

 

そんな部屋いらないでしょ。悪いことして怒るのなら別の部屋に行って怒ればいい話ですよね。子供が怖がることをして怒るのは違うと思います。

 

保育園が楽しくなかったでしょうね・・・

そんな保育園に通わせていたと親がしったときのショックはすごいものでしょう。

もはやただのストレス発散。弱い者いじめです。

 

まとめ

 

 

不適切保育を行っていた主犯は「ベテラン保育士」だったそうです。

中にはベテラン保育士と一緒になり、不適切保育を行っていた新人保育士もいたそうです・・・。

逆らったら怖いで従ったのだとは思いますが、理由にはなりませんよね。

 

園児を思ういい保育士たちは耐えられずに辞めています。

そして、この辞めていった保育士の誰かが、福岡市へ告発したのでしょう。

 

園長・理事長・主任がいない中、さまざまな問題をひとりで解決しないといけなかったため限界だったそうですが・・・どうにかならなかったのでしょうか・・・園長・理事長は自分の代理をたてるとか・・・

こういったことが起きるのは、保育士の給料が低い=保育士が少ないというのも要因だという意見もあります。確かに、それも一理あると思いますが、個人の資質によるものが一番大きいのではないでしょうか。

人間性の問題ですよ。

個人的にはこれ傷害や虐待事件ですよ。

逮捕されてもいいのではないかと思います。

 

低賃金でも志を持って園児に接している保育士はたくさんいます。ただ、こういう人たちを救うためにも、保育士の賃金アップを国にはもっと行ってほしいですよね。

賃金アップしたから不適切保育がなくなるとは限りませんが・・・

 

こういった子供についての痛ましい事件が少しでもなくなって欲しいですね。

 

今回は、不適切保育で問題となった「あかつき保育園」についてでした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

-世の出来事

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.