良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

ジャングルジムオブジェ火災5歳男児焼死事件。制作の大学生6人は誰?何故この悲劇が起きたのか?

投稿日:

この事件はっきりと覚えています。

同じ親として『もしこんな事が目の前で起きてしまったら…』と考えるととても冷静でいられるはずもない。

無力な自分にイベント主催者に怒り狂うでしょう。

ジャングルジムのオブジェ火災。5歳男児の佐伯健仁くんが焼死しました。

この主催者である大学生の6人は誰なのか?何故この悲劇が生まれたのか調べました。

 

 

事件の概要

 

 

火災は16年11月6日夕に発生。明治神宮外苑軟式球場で開催された「東京デザインウィーク2016」で、木枠に飾りの木くずを絡みつけたジャングルジムのような作品(高さ3メートル、幅4メートル、奥行き5メートル)から出火し、中で遊んでいた港区の幼稚園児(当時5歳)が焼死し、助けに入った父親ら2人も顔などにやけどを負った。出火当時は複数の子供がこの作品で遊んでいた。学生数人が交代で見回っていたが、出火後すぐに作品全体が炎上したという。

参考:読売新聞

 

何故この悲劇は起きたのか

 

参照:Yahoo!

 

 

事件直後の制作者である大学生の言い分は『白熱灯は使っていない。LED電球を一つだけ使っていた。』という話でした。

LED電球では本来はおが屑に火が付きここまでジャングルジムが燃えるような事はありえません。

ですが、条件さえ整えば燃える可能性もあるんです。

如何にこの大学生6人が無知なのか分かります。

そして結果として『日が暮れて、その場の思い付きだけで白熱灯を設置した』という事なのです。

 

しかし実はこれだけではなかったのです。

万が一…万が一…のことを考えて全ての工程をしっかりしていればこんな事は起きなかった。

起きたとしても命まで奪う事のなかった事件かもしれません。

それは大学生だけではなく主催者側の川崎健二社長にも責任があったという事。

 

主催者・川崎健二社長の責任

 

参照:Yahoo!

 

 

何故こちらの川崎健二社長まで責任があったのか…。

このジャングルジムのオブジェ火災が起きた【素の家】という作品を含むおよそ600作品を一つ一つチェックするのは困難で安全性などをチェックしていなかったのです。

さらにこの大学生6人が提出した書類で構造はチェックしていたものの、照明や素材などは一切記載していなかったというありえない程の杜撰な書類だったことが分かっています。

しかも現場の近くには一切消火器が無かったという事実…。

 

またこれは作品を制作した大学生側の責任ですが、事件直前に見物客が大学生に安全性について声を掛けられていたものの、大学生は鼻で笑って無視をしたそうです。

これはTwitterで明らかになっていて、制作した大学生6人の特定が始まるという炎上になりました。

 

制作した大学生6人は誰?

 

 

※顔画像は判明しています。ですがここでは添付いたしません。

 

【新建築デザイン研究会NADS】顧問

名前 髙桒 広太郎 (たかくわ こうたろう)
生年月日 昭和54年12月生まれ
趣味 自転車
最終学歴 日本工業大学大学院工学研究科博士後期課程建築学専攻修了

 

【新建築デザイン研究会NADS】サークル代表木村拓登

当時建築科の3年生ながらサークルの代表に就任するというとても素晴らしい学生だったのでしょう。

しかし人間的、道徳的に外れているのかもしれませんね。

『白熱灯は使っていない。LED電球を一つだけ使っていた。』

と言った本人だそうです。

 

建築科1年生:相沢広樹

彼女と付き合っているプリクラ画像まで晒されてしまい、彼女の顔まではっきりと分かってしまっています。

 

【新建築デザイン研究会NADS】メンバー:指田尚樹

こちらもTwitterでほぼ全てを晒されています。

好きな言葉まで晒されているぐらいです。

 

【新建築デザイン研究会NADS】メンバー:関沢秀一

建築科4年生で住所が宇都宮市だという事まで分かっています。

休日には様々な場所で写真を撮っているようです。

 

 

【新建築デザイン研究会NADS】メンバー:徳竹美月

建築科4年生詳しい事まで晒されていないようですが、かなり鮮明に撮られた写真が流出しているようです。

そのため就職活動が出来ないと言われています。

 

【新建築デザイン研究会NADS】メンバー:長尾穂の華

あまり詳しい事は分かりませんでしたが画像ははっきり出ています。

こちらも就職活動が危ないように思われます。

 

【新建築デザイン研究会NADS】メンバー:吉村菜摘

埼玉県越ケ谷高校出身の生活デザイン科4年生で祖父が建築士でもあります。

こちらの方もほぼほぼ流出しています。

 

こちらの方々は一切謝罪をしていません。

成人はされているにも関わらず。

サークル用のTwitterを削除しては作成を繰り返しているようです。

 

みんなの反応は?

ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大学生達に悪意はなかったでしょう。

しかし悪意が無ければ人を殺しても良いなんて事は無いんです。

この佐伯健仁君がどれほどの恐怖でどれほど熱い中、命を落としてしまったのか、2年経った今でも…死ぬまで心に刻みこんでほしい。

当時の動画が様々な所で見れます。お父さんが子供の名前を叫んでいる映像です。

とてもじゃないですが、私は最後まで見ることは出来ませんでした。すぐに消しました。

将来、自身子供を授かった時にこのお父さんお母さんの想いを理解していただきたいと思います。

 

しかし私が親なら全員極刑を望む案件です。

佐伯健仁くんのご両親は納得できないでしょう。

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.