良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

スポーツ

契約書の画像とクリストファー・ジーンが大坂なおみ一家を訴えた真相とは? その内容や理由は?

投稿日:

大坂なおみと父親が元コーチのクリストファージーン氏に訴えられる。

という報道がありました。

 

私は報道で名前を聞く前に元コーチ!と聞いて

真っ先に浮かんだのが…

バインコーチでした!

 

でも、元コーチのバインコーチではなくクリストファー・ジーン氏のようです。←誰?

 

今回は、大坂なおみ選手と姉の大坂まり選手のプロフィールや経歴と元コーチのクリストファー・ジーン氏に訴えられたその内容や理由とはなんなのかを調べたいと思います。

 

大坂なおみ選手のプロフィールや経歴

 

 

  • プロフィール

 

大坂なおみ

国籍

日本

出身地

大阪府大阪市中央区

居住地

アメリカ合衆国 フロリダ州パームビーチ郡ボカラトン

生年月日

1997年10月16日

身長

180cm

体重

69kg

利き手

バックハンド

両手打ち

 

日米二重国籍だが、選手登録は日本。

日清食品ホールディングス所属。

マネージメントはIMG(インターナショナル・マネジメント・グループ)。

拠点はボカラトン、エバートテニスアカデミー。

姉の大坂まり選手もプロテニス選手。

 

姉の大坂まり選手のプロフィールや経歴

 

参照:Yahoo!

 

似てますよね(笑)

 

1999年全仏オープン女子ダブルスを優勝したビーナス・セリーナのウィリアムズ姉妹を見た父と姉の影響で3歳からテニスを始め、テニス経験のない父の教えのもと、近所の靭テニスセンター等で練習をしていたそうです。

 

 

  • 経歴

ツアー経歴

デビュー年

2013年

ツアー通算

3勝

シングルス

3勝

ダブルス

0勝

生涯獲得賞金

10,839,756

アメリカ合衆国ドル

4大大会最高成績・シングルス

全豪

優勝(2019)

全仏

3回戦(2016・2018)

全英

3回戦(2017・2018)

全米

優勝(2018)

優勝回数

2(豪1・米1)

4大大会最高成績・ダブルス

全豪

1回戦(2017)

全仏

2回戦(2016)

全英

1回戦(2017)

全米

1回戦(2016・2017)

国別対抗戦最高成績

フェド杯

WG ll PO(2018)

5勝1敗

ホップマン杯

RR(2018)

キャリア自己最高ランキング

シングルス

1位(2019年1月28日)

ダブルス

324位(2017年4月3日)

 

ダブルスよりシングルスのが圧倒的に

成績がいいですよね。

 

ダブルスは2人の意気が合わないといけないので

自分の思うようなプレイが出来ないんでしょうか。

 

シングルスのほうが得意みたいですね。

 

大坂なおみが訴えられた内容や理由とは?

 

 

大坂なおみ選手が13歳の頃のコーチクリストファー・ジーン氏に訴えられているそうです。

 

今頃??って感じですけどね。

 

その元コーチのクリストファー・ジーン氏は今回の件について、

 

「やりたくなかったことですが、以前大阪選手の父と話した時に、弁護士を立てるように言われました。だから弁護士に依頼したのです。」

 

と話しているそうです。

 

その内容が

女子テニス・世界ランキング1位の大阪なおみ選手が、13歳の頃のコーチから訴えられたと複数の海外メディアが報じた。元コーチは大阪なおみ選手の父親と「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んだ」と主張しているという。

 

TMZによると、起訴を起こしたのは2011年から2012年まで大阪なおみ選手と姉・まり選手を務めた元コーチ。

 

少女時代に大阪なおみ選手を指導した6人のコーチ全員が報酬を受け取っていなかったという。そのうちの数人は、無報酬での指導に納得している様子だが、2人のコーチが不満を述べ、そのうちの1人が起訴を起こしている。

 

アメリカでは、いいコーチを付けたいけれど金銭的に難しい場合、このような契約がなされることもあるそうです。ですが、通常は10%だそうです。

 

そしたら、この訴えの20%は多すぎるようですね。

 

でも、父親との契約した「賞金の20%を永久に受け取る」ということは、、

 

現時点で、全米オープン、全豪オープンを連勝した大阪なおみ選手の獲得金額は、

すでに1083万9756ドル(約12億615万8403円)に達しています。なので、元コーチは、少なくともこの20%の200万ドル(約2億2254万3460円)の支払いを求めていることになりますよね??

 

ここからはもしこのクリストファー・ジーン氏が凄く良い人で嘘をついていないとしましょう。

 

コーチも家庭があると思いますしね…無報酬で教えるのは現実的にどうなのかとも思いますよね。

大坂なおみ選手の家族は支払い能力が無かったとクリストファー・ジーン氏は仰っています。

当時未成年だった大坂なおみ選手と姉のまり選手が知らないところで、父親が娘たちの代わりに結んだ契約です

そう考えると、大坂なおみ選手と大坂まり選手が訴えられるのは筋違いな気もしますが・・・

クリストファー・ジーン氏は契約書に大坂なおみ選手や姉のまり選手はサインしたと訴えています。

 

裁判所は、どう判断するのか気になりますね!

良い人ならね!!

 

真相は

 

 

しかしですよ。

どうもそうでもないようなんです。

この契約書は本物なのか?

そんなバカげた契約をする家族はいるのか?

そもそも13歳や14歳だった大坂なおみ選手や大阪まり選手のサインなんて未成年ですから無効ですよ。

し・か・も

契約書の名前でまり選手の名前がmarie(マリー)になっている個所もあるんです。

おかしいですね。

そんな大事な契約書で誤字なんて。いい加減に作る書類なんてないですよ。

こちらがその画像です。

 

参照:Twitter

 

 

私はこの話はかなり胡散臭いと思っています。

八代弁護士の話が実に『なるほど…』としっくり来てしまいました。

八代弁護士 「連邦でなく州の裁判所に訴えたのは、州の裁判所の民事は陪審制で、子供の頃に頑張って育てたコーチの可哀想な訴えとして同情を引けば、契約書の不備はさておき10分の1ぐらいの金額で和解に持ち込めると考えての訴えかも」

ここが狙いなのかもしれませんね。

仮に大坂なおみ選手の賞金の10%ぐらいを一回でも貰えればそれなりの額にもなりますしね。

 

 

では、そんな胡散臭いクリストファー・ジーン氏とは誰だ!

 

元コーチのクリストファー・ジーン氏とは誰??

 

 

訴えた元コーチのクリストファー・ジーン氏とは誰なのか??

 

参照:Yahoo!

 

クリストファー・ジーン氏46歳。大坂なおみ選手の父親と同じハイチ出身。

そして、クリストファー・ジーン氏と大坂なおみ選手の父親がハイチでも隣町出身だったことから兄弟のように仲良くし、大坂なおみ選手を実の娘の様に熱心に指導し誠意を尽くされたそうです。

 

大坂一族と親しい関係でいたかったそうですが、大坂選手の父親が掌を返して急に距離を置き始めたとか・・・

 

それで、感情を逆撫でして裁判に訴えることに至ったそうです。

 

まとめ

 

 

今回は大阪なおみ選手が訴えられたことについて調べましたが、

調べていくうちに、元コーチだったジーン氏は「やりたくなかったこと」といっています。

本当にやりたくなかったかもしれませんが、大阪選手の父親が掌を返して距離を置き始めたことに腹がたったのでしょうね。

 

これからどうなるかが見ものですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

-スポーツ

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.