良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

【真相】黒崎愛海さんとニコラス・セペダ容疑者とは?仏(フランス)留学生不明事件その後犯人逮捕か?

投稿日:

2016年、日本人留学生の黒崎愛海(くろさき なるみ)さん(当時21が大学寮を出た後行方不明になった事件を覚えていますか?

今回その事件で、仏捜査チームは4月にチリを訪れ、黒崎さん殺害の容疑がかけられている元交際相手のチリ人のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者を取り調べる見通しだそうです。

今回は黒崎愛海さんとニコラス・セペダ・コントレラス容疑者、そしてこの事件の真相について調べていきたいと思います。

 

ではまずは黒崎愛海さんについて調べていきたいと思います。

 

 

黒崎愛海さんとは??

参照:Yahoo!

黒崎愛海さんとは、フランスで行方不明となっていた女性です。

事件当時黒崎さんはフランスのブザンソンと呼ばれる町に留学のため訪れていました。

筑波大学の学生として勉強に励んでいましたが、男女のもつれが原因となって事件に巻き込まれました。

 

黒崎さんは難関といわれている奨学金制度の「トビタテ!留学JAPAN」を得ています。

その倍率はなんと!!

 

6倍以上!!!

 

と言われています。

なので、黒崎さんが留学に対してどれほどの力を入れていたのかが

分かりますよね。

 

それに、黒崎さんは将来、母子家庭に対しての支援を強化していきたいと話していたそうです。これからの日本にとって欠かせない人物だったことも分かりますね。

 

仏(フランス)留学生不明事件事件について

参照:Yahoo!

 

黒崎さんは、2016124日を境に消息を絶ちました。

 

事件当時、黒崎さんはダンス教室に通っていたことから、ダンス教室で多くの人物が黒崎さんの姿を確認しています。しかし、その次の5日には授業を無断で欠席したことから、周囲の人たちが徐々におかしいことに気づいたそうです。

 

 

行方不明になる直前、近隣の住民は

「どんどんと何かを叩くような音がして目が覚めた。その後、女性が必死で叫ぶような甲高い絶叫が1,2分続いた」

と証言もあります。

 

しかし!!

 

12月19日に黒崎さんを見かけたとの証言も取れています。

その際、黒崎さんはかなり精神的に参っていたといわれており、

証言者は、

 

「印象に残っていた」

 

と話していることから、19日までは生きていた可能性は高いです。

ですが、証言者がその日に初めて会った赤の他人だったこともあり真偽については不明。

そして、事件が発展したのは、黒崎さんが住んでいた寮から血痕が発見されたことが理由です。

 

残念ながら血痕は黒崎さんのものだと断定することはできませんでした。

ですが、非常口付近に血痕があったことによって黒崎さんと関連があるとみて警察が調べることになりました。

 

血痕は多量に見つかっていました。

もし黒崎さんが関係しているのならば、かなりの外傷を負っているとみられていたそうです。そしてそのちかくにはタイヤの跡があり、急いで発進させたことも分かっていました。

 

 

殺人事件として捜査

 

 

車のタイヤ痕や血痕が発見されたことによって殺人事件まで発展しました。

特に、血痕が周囲30cmほどの広範囲に広がっていたことを考えると、黒崎さんに対して悪意をもっている人物の犯行なのかな?と思います。

 

そして、黒崎さんの家族の証言などから

 

元交際相手が危険な性格でしつこくつきまとっていたとみられるそうです。

 

遺体はみつかっていないものの殺人事件と判断したそうです。

 

元交際相手とは??

 

元交際相手は、すでに帰国したチリ人のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者

 

殺人容疑で国際手配しています。

 

 

ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者とは?

参照:Yahoo!

 

 

名前 ニコラス・セペダ・コントレラス
年齢 28歳
出身地 チリ南部テムコ
学歴 チリ大学 筑波大学

 

ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者 28歳

出身地のチリ南部テムコの高校卒業後、チリ大学へ進学

 

コレヒオ・センテナリオ・デ・テムコという幼稚園から高校までエスカレータ式で上がれるチリ有数の進学校に通学(コレヒオ・センテナリオ・デ・テムコは少人数制学校、チリ政府助成の私立校)、ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者は殺人容疑者でありながら高学歴、優秀といわれています。

 

英語・スペイン語・フランス語・日本語が堪能、パソコンにも精通、IBM勤務経験あり。

 

2014年~2015年の春まで筑波大学へ留学、語学サークルで黒崎さんと知り合い交際

参照:Yahoo!

2016年初め再度、日本訪問、黒崎さんもチリを2015年夏訪問

2016年7月以降に、ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者と黒崎さんの間に深刻な問題が発生

 

二人の間に破局が訪れたのは、回転すし店でのデート以降といわれています。ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者が黒崎さんのフェイスブックのアカウントを乗っ取り、不正アクセスしてデータをすべて削除するという嫌がらせをしていたといわれています。

 

 

ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者は嫉妬深い性格だったので、黒崎さんの交友関係にある人物、特に男性の情報を削除したかったのではないかといわれています。

嫉妬の異常な行動が黒崎さんがニコラス・セペダ・コントレラス容疑者と別れる決心をつけさせた出来事になったそうです。くろさきさんは親しい友人にニコラス・セペダ・コントレラス容疑者の攻撃的でストーカーのような振る舞いを相談していたそうです。

 

ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者は黒崎さんにプロポーズしたことがあり、自分の思い通りにならなかったことで黒崎さんを逆恨みしていたのではないかとも言われています。

 

9月7日、ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者が動画投稿サイトに、彼女は信頼を取り戻し、自分がしたことに対し、少し代償を払わなければならないと警告とも脅迫とも取れるビデオ声明を投稿しています。

 

参照:Yahoo!

9月21日までにその条件を守れば許すことにすると期限を指定していました。ですが、黒崎さんは条件をのみませんでした。

 

それに、黒崎さんはすでにフランスで別の男子留学生と交際を始めていました。ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者はその交際が許せなかったのかもしれませんね。

 

ですが、交際が終わっているのにしつこすぎますよね。

女性との交際経験が少なかったのでしょうね。

 

 

ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者の通っていた学校の元PTA会長は

 

「友達とも協力できるし欠点のないとてもよい人物だった。とても優秀な生徒だった。」

 

とのことです。

 

 

チリではエリートコースを歩んできたニコラス・セペダ・コントレラス容疑者。

 

その裏の顔は

「しつこく、危険な性格」

が、痴情のもつれから頭をもたげてしまったとしても、自制心の無さに対し同情は全くありません。

 

今後は??

参照:Yahoo!

 

 

チリの検察当局は28日、ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者への尋問を来月中に行うと発表しました。

 

尋問は、来月15日から17日の間に、ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者に出頭を要請したうえで行う可能性があるとしています。質問はできないものの、フランス司法当局の担当官も立ち会う見通しで、フランス側は、尋問の結果次第では再び身柄の引渡しを求める可能性があるということです。

 

フランス当局は、ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者が黒崎さんを殺害した疑いが強いとみて、取調べ実施に向け、フランスが派遣する捜査判事を受け入れるようチリ側に司法共助を要請。

 

まとめ

 

 

このまま迷宮入りするかと思われていた事件ですが

犯人が捕まりそうですね。というか、捕まってほしいですね。

 

日本人がこのような事件に巻き込まれ

ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者はチリで堂々と暮らしています。

国際社会の難しさかもしれませんが残された家族にとっては到底納得できないと思います。

 

両国民が、この不理屈な事実を知る必要があると思いますし

まだまだ事件の解決の糸口はあると思います。

日本のためにも、チリのためにも解決してほしいです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.