良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

芸能人

【動画】コワ可愛いペンギンズのネタがじわじわくる面白い漫才です。

投稿日:

2016年の大晦日の「ぐるナイ おもしろ荘」で突如浮上してきたペンギンズ。

皆さんはご存知でしょうか?

一緒に共演したブルゾンちえみはこの番組を機に爆発的に大ブレークしました。

しかし水面下?でじわじわくる面白さを広めつつある漫才が話題になってます。

最後にペンギンズの動画もアップしてますのでご覧くださいね!

 

ペンギンズって誰なの?

そもそもお笑いに興味が無い方には絶対知る事のない情報でしょう。

ですが、周りが『ペンギンズ面白いよね~』ってなってしまったら気になるものです。

そんな方に無駄にペンギンズの知識を与えますね。

明日ぜひ周りをドン引かせてください(笑)

どんなネタなの?

 

コワモテなのに天然ボケで実はメッチャ心優しいアニキと、

そんなアニキを崇拝しすぎているノブオのちぐはぐで、

「コワかわいい」掛け合いが魅力的で話題になっています。

実際、後程動画を見て頂くと分かるのですが、

他の芸人さんの漫才と違いスローなやり取りで、

アニキの独特な【間】が良い感じです。

そしてやはりノブオのハイテンションとローテンションの【差】が、

じわじわくる笑いなのです。

 

ペンギンズの経歴

彼ら最初からペンギンズではございません。

元々は違うコンビでした。

オールバックにスーツ姿のアニキ(吉間洋平)、

アロハシャツを着た舎弟のノブオ(川口直哉)、

アニキ漫才同様の上下関係があります。

実際に8個の年齢差があります。

 

実はペンギンズ結成の前に、

お互いにコンビを組んでいました。

 

アニキは東京の吉本から2003年4月に【バロン】というコンビを今とは違う相方と組んでいました。

そしてのちに東京の松竹芸能に移籍し、

2010年6月にコンビ名をひらがなの

【ばろん】に改名しました。

 

さらに2013年には松竹芸能を辞めて、

2014年5月よりサンミュージック所属になりました。

 

 

ノブオは吉本で【白猫】というコンビで活動してました。

Mー1グランプリ3回戦まで進出したようです。

 

その後松竹芸能に移籍しました。

松竹時代は大学の同級生と【だいなお】というコンビ名で活動していましたが、2014年12月に解散しました。

 

そして2015年にペンギンズを結成しました。

結成時は運命だそうで、ノブオが事務所に解散の話をしに行く朝にアニキから『一緒にやろうか』っという連絡があったそうです。

ネタ通り怖い人?

二人とも声がいいのですが、実際怖い人なのか?っと思いがちですが、

アニキに関してはナチュラルに声が良いだけです(笑)

もちろんノブオさんも舎弟っぷりが板についてますが、

役作りが徹底されているだけです(笑)

 

ただ単に二人ともはまり役なだけですね。

 

現在の二人の本音

浮上のきっかけは前述した通り「ぐるナイ おもしろ荘」です。

先にブルゾンちえみさんがブレイクされてますが、ペンギンズも徐々に忙しくなってます。

そこで本人の現状の本音が出てます(笑)

 

「うれしい半面、プレッシャーに押しつぶされそう」(ノブオ)

「出る番組全部でヒットを打っていかないと残れないと思うんで、手放しで喜んでいられない」(アニキ)

「昔は2人ともトガってたんで、お客さんが笑わなかったら『分かんねえんだろ?』って、はき違えてた。でも今は正反対。お客さんが笑うかどうかだけを見ています」(アニキ)

「先輩方には『このキャラのままでいくの?』とよく言われるけど、どこまで行けるか試してみたい」(ノブオ)

「『キャラじゃなくて普通に答えろよ』という場面が多々あるんですが、そのへんの返しもキャラでうまくできるようになれれば(笑)」(ノブオ)

※ヤフーニュース参照

 

おわりに

二人の息の合った掛け合いはこれからブレイクするでしょう!

っと言いたい所なのですが、

ネタがキャラが強いだけにトーク番組で生きてくるのか…

個人的にはもっとブレイクしてほしいのですが。

 

ですが、ネット上にこんなコメントがありました。

正月のナイナイの番組に出てたんだけど、ノブオがちゃんとキャラを生かしたままアドリブ効かせてどんどんトークに絡んでいましたよ。なので、そっちも期待できそうです。

っという事らしいので、ぜひ今後もトーク番組などにもドンドン出てきて活躍してほしいですね!

 

では最後に動画のリンクを張ってますので、

ぜひお楽しみください!

Sponsored Link



Sponsored Link



-芸能人

執筆者:




アーカイブ