良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

テレビ

三宮恵利子の今現在。小平奈緒の関係や結婚して子供はいる?スケートを辞めた理由は?

投稿日:

4月7日(日)放送の【消えた天才で★大関・貴景勝&金メダリスト小平奈緒が衝撃を受けた天才SP】で小平奈緒さんの尊敬する人で三宮恵利子さんが紹介されます。

今思うと三宮恵利子さんは相当な成績を残していたような気がするんですよね。

長野オリンピックやソルトレークオリンピックではメダルは取ってなかったとは思いますが、日本新記録を出していたような…。

という訳で!

三宮恵利子さんの今現在は何をしているのか。

小平奈緒さんが尊敬するほど関係とは?

引退後の車のレーサーだそうですが、スケートを辞めた理由と関係があるのか?

結婚して子供はいるのか?

調べてみました。

 

 

消えた天才★大関・貴景勝&金メダリスト小平奈緒が衝撃を受けた天才SP

 

2019年4月7日(火)  18時30分~21時00分

出演者

 

MC

バナナマン(設楽統/日村勇紀) 

ゲスト

原晋/井森美幸/山崎弘也/上地雄輔/澤部佑/中村アン/畠山愛理 

VTRゲスト

レッド吉田/遠藤章造 

進行

日比麻音子(TBSアナウンサー) 

 

 

三宮恵利子さんの経歴・成績やプロフィール

参照:Yahoo!

  • プロフィール

名前

三宮恵利子

生年月日

1974年9月19日

日本

出身

北海道釧路市

学歴

釧路星園高校

 

  • 経歴

参照:YouTube

 

小学校1年生の時、三宮恵利子さんはアイスホッケーを始めました。

実は荒々しいウインタースポーツが彼女の原点だったのです。

その頃から三宮恵利子さんのスケート技術は周りの小学生とは別格。

早すぎるスケートはチームの中でもトップクラスでした。

そしてそのスピードを生かすスピードスケートに転向したのは小学校4年生の頃のお話。

すると眠っていた才能が開花。(もう開花してたんじゃないかと思うほど笑)

中学生になるとなんとスピードスケートで全国優勝。

わずか5年で中学生たちの頂点に立ったのです。

 

高校への進学は地元釧路にあった女子高…釧路星園へ。

この高校は北海道内ではスピードスケートの名門高校と知られていました。

実は岡崎朋美さんの在籍していた高校でもあります。

 

中学の頂点に立った三宮恵利子さんでも高校で勝つことは困難なものだったそうです。

名門校として名高い白樺学園の存在もあって三宮恵利子さんはなかなか上位に食い込むことはできなかったそう。

しかし高校3年のインターハイ。

ここで彼女は全国2位になったのです。 1位誰だ…

 

高校卒業後は三宮恵利子さんは実業団選手として93年に富士急へ入社しました。

ここから三宮恵利子さんはスピードスケート選手として人生の幕明け本当に始まった。

 

しかしスピードスケート人生…それは簡単なものではなかった。

ほぼ毎日練習の日々を送っていました。

リメハンメルオリンピックが入社した時には迫っていたのですが時期早々という事もあり見送り。

まず選手としての実績を残していく事になりました。

 

 

ここで三宮恵利子さん引退までの成績を見てみましょう。

平成6年 1000m 優勝2回 2位2回
平成7年 全日本スプリント1000m 1分24秒42 優勝
平成8年 全日本スプリント総合4位
平成9年 W杯カルガリー大会1000m 1分16秒98 日本新記録
平成10年 長野五輪1000m8位 500m11位 世界種目別選手権1000m14位       8月五輪オーバル・サマー・クラシック500m優勝 12月全日本スプリント総合優勝
平成11年 10月全日本距離別選手権500m優勝 1000m国内最高1分18秒01優勝      同年11月W杯ベルリン大会500と1000mW杯初優勝。
平成12年 12年世界スプリント総合4位 11月全日本距離別選手権500m3連覇 12月全日本スプリント全4レースを制し3連覇
平成13年 世界スプリント日本女子最高総合2位 ソルトレークシティ500m 11位 1000m 17位

 

という成績でした。本当に輝かしく素晴らしい成績です。

 

スケートを辞めた理由

 

 

 

参照:Yahoo!

確かにオリンピックでは勝ててない三宮恵利子さん。

94年では1000m2度の優勝に2位も2回。

もうこれで一躍有名になりましたよね。

そこからの三宮恵利子さんの成績は上記の表を見ての通りです。

 

長野オリンピックではこれほどの成績を残している彼女に国民が期待するのは必然で、三宮恵利子さんの先輩である岡崎朋美さんも出場するとなれば、間違いなくメダルは確実だろうと思われていた。

しかし惨敗でした。

この時の心境が消えた天才では放送されるようです。

 

 

そして気持ちを切り替え、また三宮恵利子ここにあり!を見せる成績を残し続けます。

そして02年のソルトレイクシティオリンピック。

年齢的に最後と言える大会ですので気合の入り方が違ってました。

そこまでの大会は凄まじいものです。

それも上記の表でご確認ください(笑)

 

そして迎えたソルトレイクシティオリンピック…。

三宮恵利子さんは全大会長野オリンピック同様の500mと1000mの二種目に出場しましたが、結果は500m11位、1000mでまさかの17位に終わりメダルには届かなかったのです。

 

しかしレース後の三宮恵利子さんはどこか吹っ切れた表情。

それは何かに解放されたかのようにも見えましたね。

そして現役を引退しました

 

引退理由はここでしょうね。

 

そして三宮恵利子さんがオリンピックで勝てなかった理由は…

オリンピック会場が屋内リンクだからそうです。

そう。三宮恵利子さんは屋外リンクの方が得意だったのです。

メディアには『生まれてくる時代を間違えた』と言われたようですね。

 

しかし過去のオリンピック出場にはこう振り返ってます。

 

もしメダルを取っていたら、『まだ続けたい』と言っていた気もします。

そうなっていたら、いまの充実した人生はなかったかもしれない。メダルがないことによって得られたものがある、と思えるようになりました

 

三宮恵利子さんの今現在

 

 

実は引退後、三宮恵利子さんはレーサーになっています。

やはりスピード狂なのか(笑)

 

なんと19歳の時にセリカを購入するほどの車好きだったそうですよ!

その後トヨタのヴィッツによるレースに出場しレーサーデビューを果たします。

最高位は6位だそうで、ほとんどのレースは下から数えた方が早いぐらいとの事。

よく『ドライブじゃないぞ!』と怒られたそうです(笑)

 

その後に旦那さんと結婚します。(下部に記載)

今はよくコメンテーターとして出演されますよね。

ゆるおびで見かけます(笑)

 

小平奈緒さんとの関係

 

 

参照:Yahoo!

 

三宮恵利子さんは2001年にスプリントが得意ですよね。

小平奈緒さんも同様です。何か仲間というかあるんでしょうね。

よくブログでも小平奈緒さんの活躍を期待している記事を書いていますからね

 

というか…

先輩後輩のようなものですから、絶対に交流はあるでしょう(笑)

 

結婚や子供は?

 

 

レーサーを6年し引退しました。

2007年3月22日にスノーボード選手だった長岡英明さんと結婚しました。

女の子二人の母になりました。

そして夫のふるさとの軽井沢で過ごしているそうですよ。

 

合わせて読みたい

 

 

以上、三宮恵利子さんについてでした。

橋本聖子さん、岡崎朋美さん、三宮恵利子さんなどの活躍があったからこそ、今小平奈緒さんや高木菜那さんや美帆さんの活躍に繋がっているのでしょうね。

 

 

 

 

-テレビ

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.