良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

飯塚幸三容疑者勲章(忖度)パワー発動?何故逮捕されないのか?理由は?過去の高齢者運転では逮捕。

投稿日:

おかしいと思いませんか?

何故、池袋暴走事故で暴走した当の本人の飯塚幸三容疑者がメディアには【さん】付けなのか。

【容疑者】じゃないのか?

そしてそもそもおかしい事は逮捕されていないんですよ。

これには飯塚幸三容疑者の勲章に問題がありそうです。

過去には同様の高齢者運転の事故では逮捕されているんですよね…

 

 

Sponsored Link

 

池袋暴走事故の概要

 

東京・池袋で乗用車が歩行者などをはね、親子2人が死亡した事故で、乗用車が直前に接触事故を起こした後、スピードを落とさずに現場に進入していたことがわかった。

この事故は19日昼過ぎ、豊島区東池袋で87歳の男性が運転する乗用車が歩行者などをはね、松永真菜さんと娘の莉子ちゃんが死亡し、8人がケガをしたもの。

事故を起こした車は、現場のおよそ150メートル手前でガードパイプに接触する事故を起こしていた。

その後の警視庁への取材で、ドライブレコーダーの映像から、乗用車が接触事故の後、スピードを落とさずに現場の交差点に突っ込んでいたことがわかった。

調べに対し、87歳の男性は「アクセルが戻らなくなった」と話しているが、警視庁は、男性が誤ってアクセルを踏み続けた疑いがあるとみて調べている。

参考:Yahoo!

 

 

 

飯塚幸三容疑者の勲章

 

Sponsored Link

 

 

ちょっと画像では文字が小さくて読みづらいと思うので引用しますね。

 

飯塚幸三氏が瑞宝重光章を受章
本会理事の飯塚幸三氏が、2015(平成 27)年秋の叙勲で瑞宝重光章を受章した。2015(平成 27)年 11月 5日、宮中で「平成 27年秋の叙勲 重光章勲章伝達式」が執り行われた。

飯塚幸三(いいづか・こうぞう)氏84歳、元工業技術院長、通産行政事務功労

飯塚幸三氏は、工業技術院長、国際度量衡委員、国際度量衡委員会副委員長、計量研究所長、国際計測連合(IMEKO)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、機械振興協会副会長、日本規格協会理事、珂クボタ副社長などを歴任し、計量計測に関して多大な貢献をしている。本会の理事でもある。工学博士(東京大学)。

『計測における不確かさの表現のガイド―統一される信頼性表現の国際ルール』『JISと SIに基づく量記号・単位記号の使い方』『世界の規格便覧』『硬さ―計量管理協会編 (計量管理技術双書 )』など著書も多数(共著も含)。

瑞宝章は、「国家又ハ公共ニ対シ積年ノ功労アル者」に授与すると定められ(勲章制定ノ件 3条 1項)、具体的には「国及び地方公共団体の公務」または「公共的な業務」に長年にわたり従事して功労を積み重ね、成績を挙げた者を表彰する場合に授与される勲章。

飯塚氏は「通産行政事務功労」として授与された。
本学会は、計測自動制御学会(SICE)力学量計測部会と共催で、特別講演会、飯塚幸三氏受章祝賀会を、12月 11日、東京電機大学千住キャンパスで開催した。当日の次第は次のとおり。

【第一部:力学量計測部会】▽ 1400~ 1500:運営委員会(部会運営委員のみ)▽ 1500~ 1520:休憩▽ 1520~ 1550:小野敏郎先生を偲ぶ(藤岡美博氏(松江高専)、吉田浩治氏(岡山理科大))

【第二部:特別講演】▽ 1600~ 1610:微小質量測定研究懇談会について(内川恵三郎氏)▽ 1610~ 1620:質量・力計測部会から力学量計測部会へ(黒須茂氏)▽ 1620~ 1630:部会の歩み─ APMFを中心に─(前田親良氏)▽ 1630~ 1650:部会の歩み─ IMEKOを中心に─計量研究,行政を顧みて(飯塚幸三氏)

【第三部:懇親会】▽ 1700~ 1900:飯塚幸三先生叙勲祝賀会

参考:http://www.shmj.jp/tuushin/tuushin76.pdf

 

ここで気になるのは瑞宝章重光章とは何なのかという事。

それは…とてつもない章でした。

日本の章の一つで瑞宝章のうち瑞宝大綬章に次ぐ重光章なのです。

2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、特に重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、瑞宝重光章以上を授与するとなっているそうなんです。

一般行政事務では事務次官が対象となるほかにも、高裁判事や大学の学長などが多いようです。

 

Sponsored Link

 

もうなんか訳わからないレベルの話ですけどね…。

 

話を戻しますと、この瑞宝章重光章が逮捕されない理由になっているような気がします。

警視庁はこう語っています。

証拠隠滅の恐れがないと判断、男性を逮捕せず任意で捜査を進める

いやちょっと待てよ!!

そんなバカな話があるか?

人を二人も殺しといて逮捕も何もされないとか…

 

過去の高齢者運転では逮捕されている

 

 

Sponsored Link

では他の高齢者運転による事故を見てみましょうか。

2016年12月に福岡市博多区の原三信病院にタクシーが突っ込み10人が死傷した事故がありました。

この時の暴走した車はプリウスです。

そしてこの運転手の名前は松岡龍生容疑者66歳です。

裁判が先日行われましたね…やっとの話でした。

この判決は【過失は重大で厳しい非難は免れない】とし、禁固5年6ヶ月を言い渡されました。

この事故でも目の前で母親と父親を失った少女が注目を浴びていたので、印象によく残っています。

この事故では【容疑者】になり逮捕されています!

 

では別の高齢者の事故です。

2018年5月の事です。

神奈川県茅ケ崎市元町の国道1号の交差点で90歳の女性が運転する車が歩行6人を次々とはねました。

歩行者の内女性1人が死亡し運転手を含む6人がケガをしました。

この事故では自動車運転過失致死罪の疑いで逮捕されました。

齋藤久美子容疑者90歳です。

 

他にも似たような事故はたくさんあります。私の記憶ではほとんどが逮捕されているはずです。

では今回の池袋暴走事故の犯人の飯塚幸三容疑者と何が違うのか。

上位の人間下位の人間の違いって事でしょうか?

メチャクチャ腹が立ちますね…

 

みんなの反応

ここからは皆さんの反応を見てみましょう

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

結局そういう事なのか…と思わせてくれましたよね…

忖度パワーや勲章パワーが働いているのか…偉くなると何でも許されるのか…。

テレビでも名前すら出さないところが大半でした。

名前を仮に出しても【さん】付けですからね。

守らないといけないのは被害者の方々でしょ?!

何故加害者である飯塚幸三容疑者を守るのか…全くもって理解できない。

今でもほくそ笑んでそうなのが腹が立つ…。

 







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.