良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

松永真菜さん顔画像。旦那(夫)会見の理由に涙。同じ立場になったら同じことが言えるか?

投稿日:

東京都池袋で飯塚幸三容疑者が運転する車が暴走し松永真菜さんと莉子ちゃんが死亡するなどした事故で、妻の松永真菜さん31歳と長女の莉子ちゃん3歳を亡くした男性32歳が24日都内で会見しました。

この会見はリアルタイムでテレビで放送しませんでしたね…ここでも飯塚幸三容疑者に対する忖度、勲章パワーがあったのでしょうか。

abemaTVでは放送されていました。

とてもまともな神経では見れなかったです…もし自分の妻や子供達を一瞬にして失くしてしまったら…

そんな事を考えていたら涙が溢れていました。

松永真菜さんのご主人会見を開いた理由を語られていました。

私はこのご主人と同じ事を言える自信がないです…

 

 

 

Sponsored Link

 

池袋暴走事故

 

 

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4の都道で、板橋区の無職、飯塚幸三さん(87)の乗用車が約150メートルにわたって暴走し、歩行者らを次々とはねた。警視庁によると、自転車に乗っていた近くに住む無職、松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡し、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が重軽傷を負った。同庁は飯塚さんが運転操作を誤った可能性があるとみて事故原因を調べている。

 同庁や目撃者によると、乗用車は事故直前、歩道と車道を隔てる金属製の柵に接触。約70メートル先の横断歩道を渡っていた自転車の男性をはね、さらに数十メートル先の横断歩道で松永さん母子をはねた。乗用車は交差点に入って来たごみ収集車と衝突し歩行者を巻き込んだという。最後は対向のトラックと衝突して停車した。

 事故時の信号はいずれも乗用車側が赤だったとみられる。現場にブレーキをかけたような跡はなかった。飯塚さんは「アクセルが戻らなくなった」と話しているという。同乗の80代妻も病院に搬送された。同庁は回復を待って飯塚さんから詳しく事情を聴く。

 捜査関係者によると、飯塚さんは2017年の免許更新の際、認知機能検査を受けていた。運転に問題はないと判断されたとみられるが、近所に住む男性は「飯塚さんは最近、右足をひきずりつえをついていた。駐車場への車庫入れに苦労していた」と話した。

 事故の一部始終を目撃した近くの男性(43)は「車は赤信号のまま交差点に突っ込んできた。ごみ収集車に衝突する際にも、よける様子はなかった」と振り返った。現場では通行人らが「子どもがひかれた」「誰か医療関係の人はいませんか」と叫ぶ声が飛び交っていたという。

 現場は東京メトロ東池袋駅近く。豊島区役所やサンシャインシティがあり、事故時は昼休みなどで多くの人が行き来していた。

参考:毎日新聞

 

 

松永真菜さんの夫の会見(全文)

 

Sponsored Link

 

私は会見の途中で見る事を止めてしまいました。

このご主人の気持ちを察するなんて出来なかった…

あまりにも悲しみが大きすぎる…悔しい…防げる事故だった…。

自分に起こった事故だと考えたら涙溢れたからです…。

 

そして全文を調べて読み返して、改めて松永真菜さんのご主人は莉子ちゃんのパパは本当に凄い…いや、尊敬…どんな言葉で表すのが適切なのか…それほどご主人に胸を打たれました。

ぜひ、皆さんにも読んでいただきたいと思います。

 

 

 事故現場の献花台にあふれるほどの花をたむけてくださった皆さま、妻と娘に寄り添い、心を痛めてくださっている皆さまの温かい心に本当に感謝しております。最愛の妻と娘を突然失い、涙することしかできず、絶望しております。

 娘はこの先どんどん成長し、大人になり、私と妻の元を離れ、妻と寿命が尽きるまで一緒にいる。そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間がたっても消えないでしょう。

 妻と娘は本当に優しく、人を恨むような性格ではありませんでした。私も2人を尊重し、本来なら、そうしたいです。ですが、私の最愛の2人の命をうばったという、相応の罪を償ってほしいです。

 この数日間、何度もこの先生きていく意味があるのかと自問自答しました。しかし、今回の事故以外でも、妻と娘のような被害者、私のような苦しむ遺族を今後絶対に出してはいけないとも思いました。

 そのために、私は妻と娘の画像を公開することを決断いたしました。妻はとても恥ずかしがり屋で、フェイスブックなどで顔を公開することもないような控えめな性格でした。

 そのため本当に苦渋の決断でした。この画像を見ていただき、必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったんだと現実的に感じていただきたいです。

 現実的に感じていただければ、運転に不安があることを自覚した上での運転や、飲酒運転、あおり運転などの危険運転をしそうになったとき、亡くなった2人を思い出し、思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が亡くならずに済むかもしれない。そう思ったのです。

 それぞれのご家庭で事情があることは重々承知しておりますが 少しでも運転に不安がある人は車を運転しないという選択を考えてほしい。また、周囲の方々も本人に働きかけてほしい。家族の中に運転に不安のある方がいるのなら、いま一度、家族内で考えてほしい。

 それが世の中に広がれば、交通事故による被害者を減らせるかもしれない。そうすれば、妻と娘も少しは浮かばれるのではないかと思います。

 今回の事件をきっかけに、さまざまな議論がなされ、少しでも交通事故による犠牲者がいなくなる未来になってほしいです。

 

 

松永真菜さんと莉子ちゃんの顔画像

 

Sponsored Link

 

こちらは松永真菜さんのご主人が公開した画像(写真)です。

参照:朝日新聞

参照:遺族提供

参照:FNN

 

とても素敵な笑顔で人間性が表れているようです。

この笑顔を…写真を…見てしまったら耐えられないですよ…

 

もし松永真菜さんのご主人と同じ立場になったら…

 

Sponsored Link

 

 

 

ここまで私は何度も同じ立場になったら…と書いてきましたが、冷静になり松永真菜さんのご主人と同じ立場になったら…と考えました。

ですが、同じようにここまで出来る人がいるでしょうか?

これから同じような思いする方を出さないために、これからも運転していく方への注意のために会見を開いてくれました。

今回、松永真菜さんや莉子ちゃんの写真を公開してくれました。

もし少しでも運転をする事に不安を感じたら、運転を止める勇気が必要と…。

ここに会見を開いて理由もあるのでしょう。

こんな事分かってても言える事、出来る事ではない。

今はご自身の事でいっぱいいっぱいだと思います。

 

そんな中で同じ思いをする人が増えないように…なんて考えられないです。

もし自分が同じ立場に、妻や子供達を失ってしまったら…と考えたら、松永真菜さんのご主人のような素晴らしい事を言えただろうか、出来ただろうか、本当に考えさせられました。

それと同時に私はもし自分が運転に不安を感じるような事があれば、家族に不安を感じさせるような事があれば、運転を辞めようと決意しました。

 

みんなの反応

 

Sponsored Link

 

ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

今一度自分の運転もそうですが、歩行者側になっても注意怠る事ないようにしようと思いました。

そして自分の子供達にもより一層の注意を払わなけらばならない事を教えなくてはと思う。

 

それにしても未だ飯塚幸三には【容疑者】と報道されません。

怪我をしているから…入院しているから…という理由もあるそうですが、忖度や勲章によるものありそうなんですよね。

そこにも腹が立ちます。

何で若い命を奪ったこの爺さんが守られているのか…

 

松永真菜さんと莉子ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

 

 







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.