良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

ジャン・ロンシン(中国籍の佐々木秀夫)の顔画像。中国人の暴走族グループの怒羅権(ドラゴン)とは。

投稿日:

日本に来て暴走族とか何してるのでしょうか。初代総長とかダサすぎる。

日本のアニメとかにハマったんですかね?

暴走族グループ「怒羅権」の初代総長の男ら二人が通行人の男性に殴る蹴るなど暴行を加えたとして逮捕されました。

現行犯逮捕されたのはジャン・ロンシン容疑者49歳。当時酒に酔っていて通行人の男性49歳に『肩がぶつかった』などと因縁を付け暴行したそうです。

ジャン・ロンシン容疑者の顔画像や現場の地図、事件の詳細について調べました。

 

Sponsored Link

 

事件の概要

 

 

東京・江戸川区で通行人の男性に因縁を付け、殴る蹴るなどの暴行を加えてけがをさせたとして、暴走族グループ「怒羅権」の初代総長の男ら2人が現行犯逮捕されました。

 中国人のジャン・ロンシン容疑者(49)ら2人は28日午前0時すぎ、江戸川区東葛西の路上で、通行人の男性(49)の顔を殴り腹を蹴るなどの暴行を加え、全治約1週間のけがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、ジャン容疑者らは当時、酒に酔っていて「肩がぶつかった」などと男性に因縁を付けたということです。ジャン容疑者は中国残留孤児の2世らで構成される暴走族グループ「怒羅権」の初代総長で、取り調べに対して「酒を飲んで覚えていない」などと容疑を否認しています。

参考:Yahoo!

 

Sponsored Link

 

ジャン・ロンシン容疑者の顔画像

参考:Yahoo!

名前 佐々木秀夫(ささき ひでお) 中国名 ジャン・ロンシン
年齢 49歳
住所 東京・江戸川区?
職業 暴力団 中国人グループ暴走族【怒羅権(ドラゴン)】

 

中国人がわざわざ日本で暴走するなよ…そして暴行とか…何しに来てんだか。

しかも怒羅権とかダサいぞ。

 

中国人暴走族グループの【怒羅権(ドラゴン)】とは?

 

Sponsored Link

 

中国人暴走グループの怒羅権についてWikipediaにはこう書かれていました。

「怒羅権」とは、「日本人に対する怒り、団結、権利」を意味する。中国残留孤児帰国者の一時入所施設「常盤寮」があった東京都江戸川区葛西で1988年に結成された

怒羅権は、暴力団対策法の適用外に当たる集団であるが、刃傷暴行・拳銃所持・殺人・強盗・覚醒剤密輸・危険ドラッグ密売・みかじめ料徴集などの凶悪犯罪が多い。90年代は暴走族から発祥したが、逮捕者には30代以上が多く、50代で逮捕されている者もいる。構成員らは蛇頭や東北系チャイニーズマフィア(東北幇)などと連携し国際犯罪とも関係している。

関東連合と並んで、暴力団対策法の適用外にあたる不良集団、いわゆる“半グレ”の顕著な例と言われる。警察庁の把握によれば首都圏の各地に複数のグループが存在し、総勢は数百名とも言われる。2013年に準暴力団に指定された

参考:Wikipedia

 

日本でそんなグループ作っていたんですね…

中国人暴力団はタチが悪そうです。

 

現場の地図

 

Sponsored Link

 

 

 

葛西駅周辺には飲み屋が上記の地図のようにたくさんあります。

おそらくこの辺りで暴行事件があったのでしょうね。

 

 

みんなの反応

ここからは皆さんの反応を見てみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

これからの日本のためにも法の整備は急務だともいます。

人材不足により外国人雇用の受け入れ…とよく聞きますが、それによりこういう輩は増えてきそうな気がします。

古くから怒羅権は存在しているようですが、今の時代だからこそ壊滅まで追い込んでいただきたいと思います。

今の若い子、子供達のためにも…。







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.