良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

小暮洋史の生い立ちや今現在【群馬一家3人殺害事件内容】動機は家族?何故捕まらないのか?ストーカーから全ては始まった…

投稿日:

今から21年も前の事。

平成10年1月14日群馬県高崎市(旧群馬町)で事件は起きました。

群馬一家3人殺人事件…

この事件の容疑者である小暮洋史は今現在も目撃情報を求めて指名手配中です。

逃げ得は許されない。それは過去も今も変わりません。

30日放送の“ザ!世界仰天ニュース”では群馬一家3人殺人事件について放送されます。

そこで最新の目撃情報が集まれば事件に進展があるかもしれません。

今回は事件解決の何かのきっかけになればと思い書かせていただきます。

小暮洋史の生い立ちから今現在と家族や動機についてと、何故犯人は捕まらないのか調べてみました。

 

Sponsored Link

 

事件の概要

小暮容疑者は1998年1月、女性の自宅に押し入り、同居していた電気工事業の父(当時48)と母(当時48)、祖母(当時85)の3人を殺害した疑いがある。小暮容疑者が女性に好意を寄せ、ストーカー行為を繰り返していたとされる。

参考:朝日新聞

 

有力な情報がないままもう21年もの歳月が経っています。

しかしこの事件を風化させてはいけません。

 

Sponsored Link

 

群馬県群馬町…現在の高崎市で事件は起こりました。

事件当日午後7時頃、小暮洋史容疑者は被害者宅石井さん方に押しかけました。

石井さん宅に押し入り、あっという間に長女の父親の石井武夫さん、そして妻の千津子さん、さらには祖母のトメさんの命を次々と奪いました。

石井武夫さんと千津子さんは失血死、トメさんは窒息死でした。

その後小暮洋史容疑者は何を思ったか…石井さん宅に留まり玄関で長女の帰りをおよそ2時間待ったのです。

その石井さん宅にはもちろん3人の遺体があります。

 

夜21時頃に帰宅した長女だったが即座に監禁されると思ったそうです。

しかし長女は勇敢にも興奮した小暮洋史容疑者を落ち着かせ、一旦家の中にもう一度招き入れ、話し合い小暮洋史容疑者を説得する事にしました。

その時の小暮洋史容疑者は玄関先で立ち尽くし呆然としていたそうです。

 

しばらくして落ち着いた小暮洋史容疑者はおもむろに車に乗って立ち去って行ったようです。

そう小暮洋史容疑者は長女には手を出さなかったのです…。

 

その時の逃走車は黒の日産の『シルビア』です。

ナンバーは群馬33も86-70です。

逃走した小暮洋史容疑者はその足で国道50号線を水戸方面に逃走しました。

その後太田市や埼玉県越谷市中編でシルビアが確認されましたが、それが最期に消息を絶っています。

 

小暮洋史容疑者の生い立ち

 

Sponsored Link

 

ここで小暮洋史容疑者の生い立ちを遡ってみましょう。

名前 小暮 洋史 (こぐれ ひろし)
生年月日 1969年7月31日 現在49歳
身長 170cmぐらい
髪型・表情・体型 21年も前の事件なので変わっている可能性が高い
出身 群馬県前橋市
職業 元トラック運転手

 

小暮洋史容疑者の幼少期についてや家族構成については情報が公開されていませんでした。

ただ学生時代からは公開されています…が、これも情報は多くありません。

何故なら小暮洋史容疑者は極度の内気な少年であり、周りの人間とコミュニケーションを取る事を苦手としていました。

群馬工業高校を卒業後は運送会社に勤めトラック運転手として働いていました。。

小暮洋史容疑者の評判は意外にも良く真面目に勤務していたそうです。

事件起こす10日前まで働いていたのでおよそ10年も働いていたので長期間務めていた事になります。

しかし真面目に働いていた…それは小暮洋史容疑者の勤務態度の事。

学生時代同様に職場の人間とはあまり深く付き合う事なかったので、コミュニケーションに対する苦手意識は大人になって解消できていた訳ではありません。

ですので、後輩に対しては面倒見が悪く対人となると評判は良くなかったそうですね。

 

Sponsored Link

 

小暮洋史容疑者には幼少期から癖がありました。

爪を噛む癖です。

大抵の人は大人になるにつれて治っていくものですが、小暮洋史容疑者は治りませんでした。

大人になっても爪を噛む癖のある人は『イライラやストレスを抱えている』『甘えたい』『完璧主義者』など言われています。

小暮洋史容疑者は『イライラやストレスを抱えている』といった感じなのかもしれません。

 

そしてもう一つ。

『甘えたい』

これも含まれているように感じます。

いや…『甘えたい』『イライラやストレスを抱えている』の複合でしょうか…

 

小暮洋史のストーカーから始まった

運送会社でトラック運転手をしていた時に納品先にドラッグストアにも出入りしていたそうです。

そこで勤務している女性と顔見知りになりました。

女性はもちろん仕事としての応対でしょう。

しかし小暮洋史容疑者は女性に次第に惹かれていき恋愛感情を抱くようになりました。

 

ここからおよそ2年もストーカーが始まるのです。

そしてこのストーカー行為が彼を殺人犯に変えてしまうきっかけとなるのです。

 

もうお分かりかと思いますが、その女性は石井さん宅で勇敢に説得した長女です。

小暮洋史容疑者はこの長女に対する想いが募り完全なストーカー男になるのです。

何故ストーカー男になったのか…

そこには幼少期のコミュニケーションが苦手でしょう。

女性に好意を抱いたもののどうコミュニケーションを取ればいいのか分からない。

ましてや甘えたいなどの感情もある。

しかしそれをどう伝えたらいいのか分からない。

その結果ストーカー男になってしまうのでしょうね。

 

Sponsored Link

 

そして小暮洋史容疑者がしたストーカー内容は…

  • 車で長女の後を追い回す
  • 長女の家のワイパーに手紙を挟む
  • 電話をしつこく掛ける
  • 多額の金品を貢ぐ

などおよそ2年もの間、熱烈なラブコールは続いたのです。

 

この事を長女は父親に相談しました。

父親は小暮洋史容疑者を怒鳴りつける一幕もあったそう。

そして悲劇を迎えます。

イライラしやすいストレスを抱えやすい小暮洋史容疑者は最悪の行動を起こします。

 

1998年1月4日

何かを決心したのか10年近くも続けた運送会社の社長に『辞めます』と辞表を突きつけ会社を退社しました。

そして1月14日午後7時頃に石井さん宅に押しかけたのです…

 

被害者の石井さん一家について

 

Sponsored Link

 

実際にこのストーカーについて警察に相談していたのかは定かではございません。万が一、お父さんである石井武夫さんは直接、小暮洋史容疑者に怒鳴るのではなく警察に相談していれば結果は変わっていたかもしれませんね…

しかし当時の警察はストーカーに対する危機意識も低かったようにも記憶します。

 

現在唯一生き残った長女は40歳?になっているかと思われます。

彼女は『何故自分だけ生き残ったのか』そう考える事もあったそうです。

もしかしたら小暮洋史容疑者の想いに応えていたら…なんて思うかもしれませんね。

そうであれば家族は死ななかったかもしれない。

しかしそこには本当の幸せなんて無かったでしょう…

どちらにしても悲しい結末だったように思えます。そしてその悪の元凶は小暮洋史容疑者でしかないのです。

 

長女は現在家族への弔いとして小暮洋史容疑者と向き合うために訴訟を起こし戦っています。

「刑事裁判を免れて逃走を続けている小暮と向き合う決意の証として、また、最愛の父、母、祖母への弔いとして、民事訴訟を起こしました」

「ただ、小暮が逮捕され、正当な裁きを受ける日が来るまで、真に父、母、祖母を慰霊し、その安らかな永眠を信じることはできません」

2018年、前橋地方裁判所高崎支部に損害賠償を求める訴えを起こしました。

求めた賠償金は1億370万円。

しかし小暮洋史容疑者は現在指名手配中で支払われる可能性は限りなく低いでしょう…

 

小暮洋史の今現在は…

 

Sponsored Link

 

そもそも小暮洋史容疑者は今現在は何をしているのか…。

 

運送会社で勤務していた時に同僚に

『警察に見つからずに死ぬ方法がある』

と語っていたそうです。

 

警察は自殺した可能性も含めて山中や湖など20カ所以上も調べたりしているそうです。

しかし遺体すら見つかっていません。

 

『警察に見つからずに死ぬ方法がある』

 

この言葉が非常に気になります…。

 

最新の目撃情報がある方は!!

このような事件は絶対に風化させてはいけません。

平成19年11月には事件解決のために重要な情報の提供者に懸賞金が支払われる『捜査特別報酬制度』の対象となりました。

当初の懸賞金は100万円でしたが、事件の長期化に合わせて平成22年9月には上限額が300万円に増額されています。

 

Sponsored Link

 

もし何かご存知の方はこちらに連絡してください!

群馬県警高崎警察署捜査本部

TEL 027-328-0110

フリーダイヤル 0120-547-590

 

未だ解決の糸口すら掴めていない状況です。

このまま逃げ得にするわけにはいきません。

警察は、被害者の石井さんの長女は事件の風化をさせないためにも平成の内に解決したい思いもあると思います。

4月30日放送のザ!仰天ニュースでは生放送で情報提供を待っているようです。

令和になり被害者石井さん一家が浮かばれるような結果になる事を切に願っております…。

 

被害者の石井武夫さん、千津子さん、トメさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.