良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

阿久根港で車が転落。一家心中か事件か?身元や現場の地図や原因は何?

更新日:

鹿児島県阿久根市の港で車が海に転落するのを地元の漁師が発見し通報しました。

車の中からは男女 4 人が見つかり全員の死亡が確認される。

5月13日早朝5時30分頃、鹿児島県阿久根市阿久根港で普通乗用車が海に転落沈んでいくのを地元漁師が発見、通報しました。

車の中には40代男女2人と小学生くらいの男児2人が乗っており、病院に運ばれましたが死亡が確認されています。

阿久根港で一家心中か事故か事件か?現場の地図も調べました。

 

Sponsored Link

 

阿久根市の場所

今回車が見つかった港は鹿児島県阿久根市というところです。

阿久根市は九州の南鹿児島県の西に位置し、熊本県のすぐ下隣です。

 

 

Sponsored Link

 

漁業が盛んで、近くには海水浴場があり、キレイな海が広がっています。

夏には家族連れの海水浴客で賑わう場所です。

私も海水浴に行ったことがありますが、青い海が広がりとてもいいところでした。

 

事故なのか、心中なのか?

 

参照:MBC

 

Sponsored Link

 

今回、車が転落したのは事故なのか事件なのかまだわかっていません。

しかし、車の転落が早朝5時30分だったこと、ブレーキ痕がなかった事を考えると家族揃って早朝港へ行くことは考えづらくわざわざ人目の少ない時間を選んで港へ向かったのでは?と考えてしまいます。

また事故であったとするならば咄嗟に急ブレーキを踏むと思われます。

この点から、やはり「一家心中」かもしれませんね。

 

子供を巻き込む「一家心中」は大人のエゴ

 

Sponsored Link

 

今回の件はまだ事件か事故か調べがついていませんが、もし一家心中だとしたら、やはり一番の被害者は2人の男児ではないでしょうか。

男児2人と40代男女は多分親子でしょう。

もちろん一家心中を決めたのは父親か母親どちらか、もしくは 2 人で決めた事だと思います。

両親は子供だけ遺していくのは子供が可哀想だと思ったのでしょう。

しかし大人の都合で道連れにされた子供の気持ちはどうなるのでしょう?

一家心中しか残された道はない…』と思うまで追い詰められた両親はきっと私たちが思いも及ばないほど悩み苦しんだことでしょう。

 

 

それでも子供を道連れにして心中を選ぶのは親のエゴだと思います。

子供たちはもしかしたら、家族でドライブにでも行くのかと楽しみにしていたかもしれません。

一番信頼出来る両親に連れられて車に乗っていた子供のことを考えると心が痛みます。

子供がこのように大人の都合に巻き込まれる悲しい事件はとても虚しい気持ちになりますね。

もちろん、このような決断しか出来ないほど追い込まれていた両親もどれほど苦しかったでしょうね。

平 和幸さん、春美さん、空(そら)さん、世名(せな)さんの4人のご冥福をお祈りしたいと思います。







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.