良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

世の出来事

北鹿浜小学校6年生エアガンでイジメのTwitter動画。名前やイジメの事実は?

小学6年男児が地面にうずくまっている小学4年の男児に向けてエアガンを撃っている動画がネット上に投稿拡散され物議を醸しています。

この動画はエアガンを撃った児童がスマホ向けの動画アプリにアップしたもので、この動画がTwitterに拡散され問題が発覚したそうです。

 これを受けて県教育委員会と警察が調べを始めています。

 

 

小学校6年生がエアガンでいじめの概要

 

東京・足立区の小学校の男子児童が下級生の男の子に向けてエアガンを発射する動画がインターネット上に拡散し、警視庁児童相談所に通告しました。

 横たわって顔を守る男の子に向けてエアガンを発射する男子児童。男の子は叫び声もあげています。

 足立区の教育委員会によりますと、動画は15日、足立区内の公園で撮影されたもので、小学6年生の男子児童が小学4年生の男の子に向けてエアガンを発射したことが確認されたということです。これまでに2人の間にトラブルは確認されていないということですが、警視庁は17日、男子児童から事情を聞き、児童相談所に通告しました。足立区の教育委員会は「いじめと捉えて調査している」としています。

参考:Yahoo!

 

【小学生がエアガンでイジメ?(動画)】

 

 

 この動画を観ると、頭を抱え込んで地面にうずくまっている男児の顔近くに向けてエアガンを撃っているのがわかります。

また、子供の叫び声も聞こえ、「うて!うて!うて!」とはやし立てている声も入っています。

 

 

イジメか?遊びか?

 

 

 

 エアガンで撃たれた4年生男児本人は、イジメではなく撃たれた時の叫び声もパフォーマンスだったと言っています。

「言わされている」可能性もあるとして調べていますが、これが遊びに見えるでしょうか?

本当のところはこの後の調べが進まないとわかりませんが、

どう見てもこれは遊びでは済まされないことではないでしょうか?

いや、今回は被害者にケガなどがなかったことからイジメか?遊びか?の議論がなされていますが、一歩間違えば傷害事件になる恐れのある出来事です。

エアガンを撃った男児はエアガン=おもちゃぐらいの認識しかなかったのではないでしょうか。エアソフトガンを防具なしで受ける危険を理解せずに人に向かって撃つ行為は

私はイジメではなく、傷害未遂事件だと思います。

それほど危険な行為ではないでしょうか?

 

エアガンを撃った少年は北鹿浜小学校、名前は?

 

 

 この情報も、もう既にネットでたくさん拡散されていますね。

名前までハッキリと分かっているようです。

(Twitterで流れていますがここでは自重させていただきます)

エアガンを撃った児童が通っていた小学校は東京都足立区の公立小学校、足立区立北鹿浜小学校であるとの情報が流れています。

被害にあった4年男児は別の小学校に通っていたということです。

 

 

 

まとめ

 

 

さて…

今回のこの出来事、いやあえて事件と言った方がいいかもしれませんね。

いくら子供がしでかしたこととはいえ、小学校6年にもなればこれがやってはいけないことだとわかるはずです。

自分の撃ったエアガンのBB弾が目に入ったらどうなるか?

このエアガンを撃った男児は想像力の欠如が甚だしい。

悪いことをしているという認識があれば自ら動画アプリに投稿などしないでしょうがこの男児は自分で動画を投稿しているのです。

ということは、この男児にはこれが悪いことだという認識がゼロだったわけです。

(そこの想像力ですら欠如しているのかもしれませんね。)

 

これほど怖いことはないと思います。

相手の立場に立てる。

自分の行動によってこの後どうなるのか。

やっていい事なのか悪いことなのか。

このようなことをきちんと考え判断出来る子供を育てていくことこそが大人の役目ではないかな感じた出来事でしょう。

しかしこのエアガンを撃った子の将来が色んな意味で心配ですよ…色んな意味で。

 

 

 

-世の出来事

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.