良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

鈴鹿市北長太町の廃墟のパチンコ店で転落事故。 転落した現場や少年とは?

19日午前2時半頃、三重県鈴鹿市北長太町の元パチンコ店の廃墟で探検していた18歳が二階から転落して死亡してしまいました。

自業自得とは言えどかわいそうですけどね…

安易に遊び場にするような場所ではなかったですね。もしかしたら…何かに誘われてしまったのかもしれませんが…。

 

転落した現場のパチンコ店や少年たちは何をしていたのか調べました。

 

 

廃墟のパチンコ店での転落事故の概要

 

 

 

【鈴鹿】19日午前2時半ごろ、三重県鈴鹿市北長太町の元パチンコ店の廃屋で友人らと探検していた近くに住む会社員の少年(18)が建物の2階から駐車場に転落した。少年は全身を強く打ち、四日市市内の病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡した。

 鈴鹿署によると、死亡した少年は兄(19)と友人3人の計5人で廃屋に入り、各自で好きな場所を探検していた。友人が駐車場でうつぶせに倒れている少年を見つけて一一九番した。2階の搬入用の扉を開けて前に進もうとした際、足場がなく、7―8メートル下の駐車場に転落したとみられる。廃屋は施錠されていなかった。

参考:Yahoo!

 

 

転落事故現場のゴール鈴鹿店の地図

 

 

転落事故が起きたのは三重県鈴鹿市北長太町です。

 

 

 

パチンコ店だった、今現在は廃墟となっている建物で事故は起こりました。

この写真から閉店したパチンコ店を調べたところ、

ゴール鈴鹿店」だということがわかりました。

 

転落した少年とは?何をしていたのか?

 

 

 

転落したのはこのパチンコ店近くに住む18歳の会社員の少年です。

19歳の兄と、同級生の男性3人合わせて5人で「廃墟探検」をして

遊んでいたそうです。

二階にある観音扉を開けて先へ進もうとしたところ足場がないことに

気付かずに、誤って8m程下の駐車場に転落したということです。

 

まとめ

 

 

 今回の事故は廃墟となった夜中の建物で起きました。

足元は暗く小さい明かり、例えばスマホなどて足元を照らしながら「探検」を

していたのではないでしょうか?

このような空き家に勝手に侵入することはいけないことです。

しかし、簡単に入れてしまうことにも問題があったのではないでしょうか?

入っては行けないところに入ってしまったという落ち度はもちろんありますが、

空き家になった建物のその後の管理対策を怠っていたことも問題ではないか?

と考える事故だったと思います。

亡くなられた少年のご冥福をお祈りいたします。

 

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.