良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

鈴木武容疑者の顔画像とWORLD CABIN(高速バス会社)の評判。あおり運転する高速バス?

5月24日午後4時20分頃、名神高速道路上り線草津ジャンクション付近で観光バスと車3台が絡む事故がありました。

この事故で58歳女性一人が死亡、この女性の小学一年生の女児が意識不明の重体。バスの乗客2名を含む計15名が重軽傷を負っています。

事故原因はバス運転手の前方不注意によるものとみて、

バス運転手鈴木武を過失運転致死傷の疑いで現行犯逮捕しました。

この事故は、WORLD CABINというバス会社のバスが乗用車に追突したのをきっかけに起こった事故です。

この事故を起こしたバス会社と運転手鈴木武容疑者について詳しく調べてみました。

鈴木武容疑者の顔画像とWORLD CABIN(高速バス会社)の評判とは…あおり運転する高速バス?

 

 

事故の概要

 

参照:JNN

 

24日、滋賀県の名神高速道路で観光バスが渋滞中の車列に突っ込み、17人が死傷した事故で、バスの運転手が追突を避けようと、直前にハンドルを右に切った可能性があることが捜査関係者への取材でわかりました。

 24日午後4時半ごろ、滋賀県草津市の名神高速・上り線で、観光バスが渋滞最後尾の乗用車に追突し、その前の乗用車2台にも玉突きする事故がありました。

 この事故で、追突された車に乗っていた奈良県の会社員・仲本佳子さん(58)が死亡。また、同じ車に乗っていた仲本さんの孫の女の子(7)が意識不明の重体です。警察はバスの運転手・鈴木武容疑者(52)を現行犯逮捕しました。

 調べによりますと、バスは左前部分の損傷がひどく、警察は鈴木容疑者が直前にハンドルを右に切ったものの間に合わず、乗用車に追突したとみて調べています。

参考:Yahoo!

 

 

バス運転手、鈴木武容疑者の顔画像

参照:関テレ

 

事故を起こしたバス運転手について

名前 鈴木武
年齢 52歳
住所 大阪府八尾市堤町
職業 バス運転手

 

顔画像は見つけることは出来ませんでした。

鈴木武容疑者はバス運転手歴20年のベテランです。

WORLD CABINには昨年3月に入社したようです。

これまでに事故を起こしたことがあるかなどは分かりませんでした。

WORLD CABINの社員の話しだと、鈴木武容疑者に持病などはなかったということです。

また、今回のバス運行前も健康に問題はなかったそうです。

 

WORLD CABIN(高速バス会社)について

 

 

次に事故を起こしたバス会社についても調べてみました。

 

社名 WORLD CABIN
設立 2005年
代表取締役社長 河村沅玲
本社 東京都新宿区
営業所 東京、大阪、千葉、名古屋、福岡、宮古島、 長崎、大阪東
グループ会社 ALEXANDER&SUN
従業員 270名

 

インバウンド輸送専門事業者としては国内最大となっています。

この会社、設立から少しずつ事業拡大し全国の主要都市に営業所を持っています。

最近の海外からの観光客の増加で運転手にかなりの負担があったのでは?と推測します。

 

WORLD CABIN(高速バス会社)の評判が最悪!

 

参照:Twitter

 

 

 次はこのバス会社の評判を見てみましょう。

このWORLD CABINのバスの運転を見た人からの口コミから、評判はかなり悪かったようです。

 

「車間距離あけない!」

「トンネル内で平気で無灯火」

「平気であおってくる」

「いつもこのバスに追い越される!いつか事故を起こすかも」

「無謀な車線変更、平気で信号無視」

 

など、いい事が1つも見つかりませんでした。

こんな危険な運転が普通のことだと運転手の中で蔓延していたのでしょうか?

またこの会社、2016年11月に、届出運賃を下回る運賃及び区域外での運送となるバス手配で業務改善命令を受けていました。

このことからも、真摯にバス運行に取り組んでいるとは言い難いですね。

 

まとめ

 

 

 また…死亡事故。

事故の引き金になったバス、またこのバスを運行していたバス会社の評判の悪さ。

明らかに、日頃からの利益主義の適当な管理体制からの事故ではなかったのか?

という思いが湧き上がってきます。

 

日本はこれから先さらにインバウンド受け入れが拡大していくことでしょう。

また、来年は東京オリンピックが開催され、もっともっとインバウンド輸送の需要が高まると思われます。それに伴う人材不足など問題も出てくるでしょう。

しかし、どんな状況になっても「人の命を預かり乗せている」ということだけは何よりも一番に考え忘れて欲しくないですね。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.