良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

銚子沖貨物船衝突事故の生存者は?事故の原因や現場の地図は?沈没した船から叩くような音が…

投稿日:

千葉県の銚子市沖で26日未明、貨物船同士が衝突し、乗組員五名のうち死亡者一名、行方不明者三名を出している事故ですが、海底に沈んだ船から、船体をたたくような音がするのを第3管区海上保安本部が確認しました。

銚子沖貨物船衝突事故の生存者はいるのか?事故の原因や現場の地図を調べました。

 

 

事故の概要

 

 

千葉県銚子市沖で26日未明、貨物船同士が衝突し、愛媛県今治市の千勝丸が沈没して乗組員1人が死亡、3人が行方不明になった事故で、水深約30メートルの海底に沈んだ船から船体をたたくような音がするのを第3管区海上保安本部が確認した。同海保が27日夜、発表した。同海保は、船内で行方不明者が発している音かどうか調査するとともに、潜水による救助活動を続けている。

海保によると、千勝丸は26日午前2時10分ごろ、銚子市の犬吠埼の南約11キロで、広島県呉市のすみほう丸と衝突し、海底に右舷側を上にして横向きに沈んでいるという。同海保は、27日午前10時45分から、特殊救難隊の12人を含む計18人のダイバーが断続的に計7回潜水して、船内の居住区を中心に捜索。捜索途中の同日午後1時ごろ、ダイバーが船体から出ている金属をたたくような音を確認した。銚子海上保安部によると、「ダイバーが船体をプラスチックハンマーで3~4回たたいたら、2~3秒後に船内からとみられる打音をかすかに3回聞いた」という。千勝丸を所有する今治市の勝丸海運によると、千勝丸は居住区が8カ所ある3階構造だ。

参考:Yahoo!

 

 衝突した船名

 

今回衝突した船は、愛媛県今治市の『千勝丸』と、広島県呉市の『すみほう丸』で、二艘とも貨物船です。

まずこちらが千勝丸です。

参照:Yahoo!

千勝丸のほうが、海底に右舷側を上にして横向きに沈んでいます。

 

そして

こちらがすみほう丸になります。

参照:Yahoo!

 

一方のすみほう丸では、乗組員4人全員の無事が確認されています。

 

事故の原因や現場の地図

 

 

すみほう丸の船体を調べたところ、船首下部の突起部分や、船首左舷側の損傷が激しかったため、船首部分が千勝丸に突っ込んだとみられています。

すみほう丸の乗組員は「霧が濃かった」と話しているといい、銚子海上保安部は、業務上過失往来危険容疑を視野に、どちらに回避義務があったかなどを、これから捜査します。

 

事故現場は銚子市の犬吠埼(いぬぼうさき)の南約11キロの地点です。

参考:Google map

犬吠埼は、初日の出が日本一早いことで知られ、各テレビ局の初日の出中継は、犬吠埼から行われることも多いです。

 

また、犬吠埼沖では、11年前に巻き網漁船が転覆し、4人が死亡、13人が行方不明となった事故が起きています。そちらの事故では、船底への強い衝撃の後、急激に船が傾き沈没。潜水艦にぶつけられた疑いがあるものの、事故原因の解明はされていません。

 

 

生存者は?

 

参照:Yahoo!

 

船長の藤田拓さんは、無事に救出されました。

藤田さんは事故直前は、船内の居室で就寝中でした。「ドンという衝撃を感じ、船に水が入り沈んでいった」と話しています。近くにあった救命いかだにつかまり、救助に至りました。

 

現在、他の生存者も捜索中ですが、潜水士が、約30メートルの海底に沈んだ船体からたたくような音を確認しました。海上保安本部は、船内に不明者が取り残され、音を発した可能性も含めて、慎重に調査しています。

潜水士が船体をハンマーでたたくと、数秒後に船体をたたき返す音が聞こえてきたそうです。

しかし、音の発生場所を特定するのが難しく、視界不良のため、27日の捜査は打ち切り、翌28日に捜査を再開する予定です。

 

まとめ

 

 

船体をたたく音が、生存者が発している音だとすると、潜水士の存在に気付いたはずで、大きな希望を持ったことでしょう。

しかし、救出されないまま時間が過ぎて行き、捜査終了後、潜水士の気配を感じなくなった生存者の絶望感や恐怖心を思うと、胸が締め付けられます。

 

まだ行方不明者が三名います。全員60代の男性です。皆さん無事で発見されるよう、お祈り申し上げます。

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.