良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

福岡市博多区で40代ひきこもり男性の顔画像や動機は?母親と妹を刺して自殺。

投稿日:

5月31日午後5時頃福岡市博多区で、右胸を刺された40代女性が路上に倒れているのがみつかりました。

この女性は「兄に刺された。部屋にまだ母がいる。」と近くを通りかかった女性に助けを求めました。

女性が住んでいた部屋を警察が訪れると部屋から黒煙が上がっており、腹から血を流した40代とみられる男性が意識不明で倒れており、病院に運ばれましたが死亡しました。

この男性の母親とみられる70代女性も頭から血を流した状態で部屋におり、警察に「ひきこもりの息子と口論にになり頭を叩かれた。」と話したそうです。

女性は金槌のようなもので頭を殴られたとみられています。

福岡市博多区で40代ひきこもり男性の顔画像や動機は?母親と妹を刺して自殺。

 

 

事件の概要

 

 

参考)

31日、福岡市で男が家族とみられる女性2人を刃物のようなもので刺すなどして、殺害しようとする事件があった。男も腹部に刺し傷があり、搬送先の病院で死亡した。

31日午後5時すぎ、福岡市博多区板付の市営住宅近くの路上で、右胸を刺され倒れていた40代の女性が「兄に刺された。部屋にまだ母がいる」と近くにいた女性に助けを求めた。

駆けつけた警察官が、部屋の前で血痕を発見。さらに部屋から黒煙が上がっていたという。この部屋の中では、腹から血を流した40代とみられる男が、意識不明の状態で見つかり、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。

また、男の母親とみられる70代の女性も頭から血を流した状態で助け出され、その際、警察に対し「引きこもりの息子と口論になり頭をたたかれた」と話していたという。

母親とみられる女性は金づちのようなもので殴られたとみられ、重傷。

警察は、引きこもりをとがめられた男が、逆上して母親と妹を殺害しようとし、その後、自殺を図ったとみて、事件の経緯を調べている。

参考:Yahoo!

 

現場の地図

 

 今回事件があった場所は福岡市博多区です。福岡空港や博多駅、博多港などがあり交通の中枢となる区です。

 

 

犯人の40代男性の顔画像や名前は?

参照:NNN

名前 不明
年齢 50代
住所 福岡市博多区板付
職業 無職

 母親と妹に危害を加えて怪我をさせ、自らも自殺したこの男性の

名前や顔画像はまだ見つけることは出来ませんでした。

 

犯行の動機

 

参照:NNN

 

部屋から助けられた母親が「ひきこもりの息子と口論になった」と証言しています。

このことから、ひきこもりを咎められて逆上し今回の凶行に走ったものとみて調べを進めています。

この男性は日頃から何かにつけて母親からひきこもりである事を責められ、本人自身もどうしていいかわからず鬱憤が溜まっていたのではないでしょうか。

 

 

ひきこもり男性は今危険な状態か

参照:NNN

 今回の事件を起こした男性はひきこもりでした………軽率に結びつけてはいけませんがどうしても先日の川崎での殺傷事件を思い出してしまいます。

一部テレビでは安易に「ひきこもり=危険」と想像させるような報道がされています。

このことのほうがとても危険なような気がします。

いろんな理由で社会から隔絶されひきこもりとして生きている人全てが「危険」ではありません。

このような報道はひきこもりの人達の気持ちを更に内へ内へと追い詰めてしまうのではないでしょうか。

偏見を助長させることに危機感を覚えます。

ひきこもりの人だけではなく普通に社会生活を送っている人も人知れず社会に対しての怒りを抱えていることも有り得るのです。

 

 

 

まとめ

 

 

 先日の悲惨な事件から3日後に起こったこの事件、他者を攻撃して自らも自殺という重なるところがあり、どうしても「また…」と思ってしまいました。

いろいろな事情を抱えて生きていて、苦しいことやどうしようもないことがあったとしても、やはり誰かを傷付けたり命を奪ったり決してあってはならないのです。

 

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.