良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

熊沢英昭(くまざわひであき)容疑者が熊澤英一郎(44歳息子)を殺害。Twitterと元農林水産事務次官の動機とこれまでの経歴とは?

更新日:

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

自宅で長男を刺したとして、警視庁は元農林水産事務次官の熊沢英昭(くまざわひであき)容疑者(76)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。逮捕後、長男の死亡が確認されたため、殺人容疑に切り替えて調査しています。

熊沢英昭(くまざわひであき)容疑者が熊澤英一郎(44歳息子)を殺害。Twitterと元農林水産事務次官の動機とこれまでの経歴を調べてみました。

そして被害者であり息子の熊澤英一郎についても調べました。

 

 

 

事件の概要

 

 

農林水産省の元事務次官が1日、同居している44歳の長男を刺して殺害しようとしたとして、警視庁に逮捕されました。刺された長男は死亡しました。

 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・練馬区に住む農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者(76)です。熊沢容疑者は1日午後3時半すぎ、自宅で同居している長男で無職の英一郎さん(44)の胸などを複数回刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。

 英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。取り調べに対し、熊沢容疑者は「包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警視庁は容疑を殺人に切り替え、当時の状況を調べる方針です。

 熊沢容疑者は1967年に旧農林省に入省、2001年からは事務方トップの事務次官を務めていました。

参考:Yahoo!

 

熊沢英昭元農林水産事務次官の経歴

 

参照:ANN

熊沢英昭容疑者の経歴を調べてみました。

名前 熊沢 英昭 (くまざわ ひであき)
年齢 76歳
生年月日 1943年4月21日
住所 東京都練馬区早宮4

・東大法学部卒業

・1967年に農林省に入省

・2001年より農林水産省の事務次官を務める

・2005年よりチェコ大使を務める

 

絵に描いたような、華麗なるエリート人生です。

事務次官を務めていた間に起きたBSE(牛海綿状脳症。狂牛病として知られる)の国内発生を予防できず、責任を問われる形で、事務次官就任後わずか1年後の2002年に退官していますが、その後チェコ大使を務めています。

 

 

息子を殺害した動機とは

 

参照:Twitter

76歳という年齢で、華麗な経歴を全て台無しにしてまで起こした殺人事件。

よほど強い動機があったのでしょう。

 

殺害された被害者である息子は熊沢英一郎(くまざわえいいちろう)

報道では名前は出ていませんが、ドラクエ10ではちょっとした有名人の、ハンドルネーム【神崎弘海】の中の人、(熊澤英一郎)@hiromi_kanzakiではないかと言われています。

彼が自ら農林水産省事務次官の息子であると、名乗っていた形跡があります。

 

 

英一郎のツイッターを見る限り、かなりゲームに没頭している様子が伺えます。

ツイッターでもたびたびもめ事を起こすこともあったようです。

 

https://twitter.com/hiromi_kanzaki

 

参照:Twitter

 

報道によると44歳ようですが、平日昼間や夜中にも、時間構わずツイートしているため、まともな社会生活を送っていたとは考えにくいです。

本人と思われる発言の中で、土地を持っていて資産があると言っているので、かなりの不労所得があったようです。

 

ネットゲームで有名になるまで上り詰めた英一郎。

父へのコンプレックスの裏返しでしょうか。

そこまで没頭できたのなら、別の道で名を成すこともできたのではないかと思われます。

恐らく、東大出身の父親のもと、裕福で教育熱心な家庭だったのではと推測できますが、本当に子育ては、どう転ぶかわかりません。

さらには母親への暴力、父親である熊沢英明に対する暴力が酷かってそうです。

それは逮捕された熊沢英明(くまざわひであき)容疑者の全身にアザがあるほどだったそうです。

 

またつい最近、この長男と似たような生活を送っていた男性が、凄惨な大事件を引き起こし自殺しました。

どうやら今回の事件の何らかの影響を及ぼしたようです。

息子があのような事件を起こしたら取り返しがつかない人様のお子様に万が一何かあったら…

と思われたようです。

事件当日引きこもりの息子と口論の末殺害した…と

 

ちなみに先日池袋で大事故を起こした上級国民のお方が、【〇〇容疑者】と呼ばれないと大変世間を賑わせましたが、今回のほうは速攻【容疑者】として報道されていました。

いくら元官僚でも、さすがに殺人事件ではすぐに容疑者と呼ばれるのでしょう。

 

現場の地図

 

 

事件現場は、親子の自宅のある東京都練馬区早宮4です。

 

 

閑静な住宅街で、ニュース映像で見ると、かなり大きな家にお住いのようでした。

ただし近所の人の証言によると、40代ぐらいの男性が出入りするのは一度も見たことがないとのことです。

筋金入りの引きこもりだったことが伺えます。

 

まとめ

 

 

華麗なる経歴の父親に、大きな家。

安定した幸せな一家を想像させますが、一歩ドアを入るとそこには40代の引きこもり男性が暮らし、元エリート官僚が殺人事件を起こす家となってしまいました。

幸せとは何なのか、考えさせられる事件です。

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.