良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

スポーツ

サニブラウンの日本人に違和感?学歴や経歴と出身中学高校大学を調査!

投稿日:

6月7日の陸上・全米大学選手権で男子100メートル決勝が行われました。

そこでサニブラウン・ハキーム選手がな9秒97の日本新記録をマークしました。

怪物と言われるサニブラウン選手についてまとめました。

サニブラウンの日本人に違和感?学歴や経歴と出身中学高校大学を調査!

 

 

サニブラウン選手が日本新記録!!

 

参照:Yahoo!

 

6月7日にテキサス州オースティンで開催された陸上・全米大学選手権の男子100メートル決勝で20歳の日本人選手、サニブラウン・ハキームが9秒97の日本新記録を叩き出しました。

これは2017年9月に桐生祥秀が出した9秒98を0.01秒更新し、日本勢では2度目の9秒台でゴール。

決勝では3位となりました。

 

 

 

サニブラウン選手の経歴と出身中学高校大学

 

参照:Yahoo!

 

そんな快挙を成し遂げたサニブラウン選手はどんな経歴なのでしょうか。

名前 サニブラウン・アブデル・ハキーム
生年月日 1999年3月6日
年齢 20歳
出身地 福岡県北九州市
出身校 城西大学附属城西中学校・高等学校

 

現在:2017年秋より、アメリカの州立フロリダ大学に在学中

父親:ガーナ人でサッカー経験あり

母親:100mとハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場

 

アスリート一家に生まれ、恵まれた体格と環境を与えられたサニブラウン。

幼少期はサッカーをして過ごしていましたが、小学校3年生の時に母親の勧めで陸上競技に転向しました。

きっとサッカーでも結果を残せたのでしょうが、さすが元陸上選手の母親。先見の明があったのでしょう。

 

その後進んだ城西附属では、2012年に CS(Culture and Sports)クラスが設立され、高校で野球、陸上で全国大会を目指す生徒や、各種芸能活動を行う生徒を所属させ、活動を支援しています。

ちょうど彼が中学に入学した頃に立ち上げられたので、きっとそのクラスに入って研鑽を積んだのでしょう。

 

高校では日本陸上競技選手権大会で第2位、世界ユース陸上競技選手権大会では100m・200mともに優勝で2冠達成、世界陸上競技選手権大会の日本代表に選出されるなど、数々の結果を残してきました。

 

高校卒業後はアメリカの州立フロリダ大学へ進学します。

フロリダ大学はフロリダ州で最大規模の大学で、学生数50,000人全米第2位の学生数を誇り、州立大学トップ校で形成される名門校グループ「パブリック・アイビー」の1つです。

数々のスポーツ選手も輩出し、日本人だとプロゴルファーの東尾理子が卒業しています。

 

 

サニブラウン選手の日本人に違和感?

 

参照:産経新聞

 

今でこそ日本人選手として浸透しているサニブラウンですが、彼が日本人であると聞いてもピンと来ない方が多かったのではないでしょうか。

 

スポーツ界でもハーフの日本人が活躍していますが、ほとんどの方は日本名が入っているので日本人と認識しやすいようです。

大坂なおみ、オコエ瑠偉、ケンブリッジ飛鳥など。

日本人離れした容姿でも、名前のおかげで日本人として受け入れやすいようです。

 

また彼を日本人として受け入れられない心情を吐き出したツイートも散見されます。

 

 

『純粋な日本人じゃないから素直に応援できない』

『日本最速って違和感』

『純日本人の活躍が見たい』

 

ざっと見ていてもこのようなツイートがたくさん出てきました。

 

 

何様なんでしょうか?

むしろ、彼が日本人代表として世界で活躍してくれることに感謝。そんな日本にいることに、誇りを持ちたいと思います。

そんなことをつぶやいている人は、鉢巻きを巻いて竹やりで訓練している時代から抜け出せていないだけなので、放っておきましょう。

 

ただし彼らの心情の奥底には、「やっぱり一般的な体格の【日本人】には、記録樹立は無理なのか・・」という民族的なコンプレックスもあるのかもしれません。

しかし、だからというって上記ツイートをして良い理由にはならないのです。

 

逆にこういうツイートも見かけました。

 

 

こういうツイートを目にするとやはり私は何だか嬉しくなります。

 

色んな海外のスポーツなどを見ると異国と異国の結婚なんてめちゃくちゃありますからね?

それを受け入れられないとか余りにも小さい世界で生き過ぎている

 

まとめ

 

 

私たちが彼を誇りに思うと同時に、彼に日本人選手でよかったと思ってもらえるような日本でありたいです。

専門家にも、まだまだタイムが伸びると期待されている選手です。

来年のオリンピック、さらにその後の活躍に大きく期待しています。

-スポーツ

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.