良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

新村健治(しんむらけんじ)容疑者の顔画像や住所。なぜ猫盗み虐待し殺したのか?全くもって理解できない。

投稿日:

他人の猫を盗んだとして富山市の無職、新村健治容疑者(52)が13日に窃盗の疑いで逮捕されました。

他人の猫を捕獲器で捕まえて、虐待し、殺していたとみられています。

調べに対し、「猫は死んだので自宅近くの用水路に捨てた。」

「一年以上前から十数匹盗んだ」と話しているということです。

本当に、はらわたの煮えくり返るようなニュースです。

動物をいたぶり虐待することをなぜ繰り返してきたのか?どうやっても理解することができません。

新村健治(しんむらけんじ)容疑者の顔画像や住所。なぜ猫盗み虐待し殺したのか?

 

Sponsored Link

 

現場の地図(住所)

 

まずは現場となった住所から…

 

新村健治容疑者の自宅住所が判明したようです。

富山市布目1700-52

 

 

 

この場所で一体何匹の猫たちが殺されていたのでしょう。

容疑者逮捕の後、動物愛護団体の人が新村容疑者の家に入り風呂場に行ったところ、猫が恐怖を感じた時にお尻から出す独特の臭いが残っていたそうです。

虐待され恐怖におののき死んでいった猫たちのことを考えるとたまりませんね。

 

Sponsored Link

 

新村健治の顔画像

 

参照:JNN

 

名前 新村 健治 (しんむら けんじ)
年齢 52歳
住所 富山市布目1700-52
職業 無職

この新村健治容疑者は、逮捕前の今月4日にチューリップテレビのインタビューに今回の件についていけしゃあしゃあと答えています。

顔を隠すとか、インタビュー拒否とかしていないということは猫を盗み殺したことに対して罪悪感などは感じていないのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

何故猫を盗み殺したのか?(動機)

 

参照:JNN

テレビ局のインタビューに対し、

これまでに50匹ほど殺した

一人暮らしで寂しく誰も相手をしてくれないのでストレス発散でやった。

せっかく捕まえたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから。ただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた。」などと話しています。

新村健治容疑者は猫を捕まえてきた後は、ケージに閉じ込めてエサを与えず金属の棒でつついたり、叩いたりしていたようです。

また記者からの「しばらく放っておいて最初に何した?」との問に対し、

お湯をかけた」とも答えています。

そして、死んでしまった猫は、回りにバレないように四方漁港に捨てていたというのです。

この、人間とは思えないような思考はなんなのでしょう。

もう人の形をした鬼か悪魔でしかないです。

背筋が凍りつきそうな程の残忍なことを、弱いなんの抵抗も出来ない猫たちに、自分のストレス発散のためだけにやっていたということです。

怒り以外の気持ちが見つかりません…

そして、絶対に許されない最低な蛮行です。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

今回のこの新村健治容疑者の、言葉に出来ないほどの行動についてTwitter上でも怒りの声が多数あがっています。

家族として一緒に暮らしかわいがってきた大切な猫を盗まれ、虐待され、殺され、棄てられた猫たちの飼い主はどれほどのショックや悲しみを感じた事でしょう。

 

今回新村健治容疑者が逮捕された理由は「窃盗罪、動物愛護法違反、器物損壊罪」の疑いです。

動物は悲しいかな今の法律上は「物」として扱われています。

 

どんな処罰が下るかわかりませんが、今の日本の中で可能な最大限の刑を課して欲しいです。

 







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.