良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

埼玉県所沢市刺殺事件。学校名は南陵中学校?動機は教科書?中学生が同級生を刺殺。

更新日:

7月5日午後5時頃、埼玉県所沢市久米の民家の前で「人が倒れている」という通報が複数あり、警察が駆けつけたところ中学2年生男子が上半身を刃物で複数回刺されており、病院に搬送されましたが意識不明の重体になっています。

刺したのは被害者と同じ学校に通う中学2年生の同級生の男子で、「自分が刺した」と犯行を認めているということです。

中学2年生のまだ13~14歳の子達に一体何があったのでしょうか?

どのような理由があれば「刃物で人を刺す」という凶行に至るのでしょうか?

埼玉県所沢市刺殺事件。学校名は南陵中学校?動機は教科書?中学生が同級生を刺殺。

 

Sponsored Link

 

事件のあった現場は?2人が通っていた中学校は?

 

参照:ANN

 

事件があったのは埼玉県所沢市久米の民家だということです。

この場所は加害者の自宅だという情報があります。

被害者が加害者男子の家に遊びに来ていたのでしょうか。

また、2人が通っていた中学校は所沢市立南陵中学校だということがわかっています。

 

加害者の名前や顔画像は?

 

この情報は今のところ全くわかっていません。

未成年であるので今後警察から発表される事はないですが、SNSで晒される可能性は高いかもしれません。

 

追記:

 

被害者の本郷功太郎さん13歳の顔画像は公表されましたが、やはり加害者の少年は公表されないでしょう。

参照:ANN

ここではモザイクをかけて載せさせていただきます。

 

 

Sponsored Link

 

なぜ犯行に至ったのか?刺した動機とは?

 

中学生が同級生を刃物で刺す。というショッキングな事件。

それも上半身を複数回刺すというかなりの恨みや憎しみがなければ何回も刺すことは出来ないでしょう。

中学生同士のこのような事件の動機として真っ先に考えられるのは、やはり「いじめ」があったのでは?ということでしょう。

今回使われた刃物は、包丁なのかバタフライナイフなのか、カッターなのか種類が分かりませんが中学生が刃物を持っているということは非日常であり、やはり強い恨みによる犯行なのでは?と考えられます。

推測になりますが、刺した加害者は被害者男子から日頃いじめにあっていて、「殺害する」という強い覚悟を持って計画的に刺したのではないかと思ってしまいます。

今後刺した男子の調べが進む中で犯行の動機もわかってくると思われます。

追記:

犯行の動機が分かりました。

県警によると「刺したことは間違いない。教科書のことでけんかになった」と供述している。事件当時、少年宅には2人と少年の祖母がいた。少年は友人と期末テストの勉強をする予定だった

参考:Yahoo!

 

とてつもなぬ下らない理由でした。

人を刃物で刺したらどうなるかも判断出来ないのでしょうか。

いじめなどでしたら情状酌量余地はありました。

ですが、私は今回に関しては許される事ではないと思います。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

今回の犯行の動悸が、もしいじめによるものだとすれば加害者男子はこうなる前になぜ周りに相談しなかったのでしょうか?

動機がいじめでなかったとしても、このような恐ろしい犯行を起こそうと思うまでに精神状態が追い詰められていたのは確かです。

しかしきっと、生きている世界が狭いこの年代は苦しみを外に出す術を知らず内へ内へと自分の思いを溜め込んでしまうことしか出来なかったのではないでしょうか。

特に学校が助けてくれない今の世の中、余計に信用出来る大人が周りにいなかったのかもしれません。

この加害者男子を擁護するつもりはありませんが、今回このような事件になってしまった根本を大人はしっかりと考えていくべきだと思った事件でした。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます







-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.