良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

TWO WEEKS フジテレビ

【TWO WEEKS】無料動画と見逃し配信を視聴方法!1話~最終話までのネタバレ/感想/あらすじも!

更新日:

では、今回は毎週火曜日に放送されています、ドラマ『TWO WEEKS』を気軽にお得に見る方法を紹介したいと思います。

ドラマ『TWO WEEKS』の見逃し配信無料動画を視聴する方法とは?

さらにさらに!

1話~最終話までのネタバレストーリーやあらすじ、感想についても紹介します!

 

 

TWO WEEKSを無料視聴

 

YouTubeやデイリーモーション・パンドラなど無料動画サイトで『TWO WEEKS』第何話を視聴する事を出来るのか?

 

 

では無料動画サイトでドラマ『TWO WEEKS』見れるのか調べて見たいと思います。

そもそも無料動画サイトとは何なのでしょうか?

無料動画サイト

  • YouTube
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • Pandora(パンドラ)

ですね。

世界中のユーザー達がアップロードする動画サイトです。

 

YouTubeのようにしっかりしたサイトならば問題ないのですが、

  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • Pandora(パンドラ)

は少々違います。

安易にDailymotionとPandoraを見ると痛い目にあう可能性があるのです。

それがこの注意ポイント。

 

注意ポイント

DailymotionとPandoraは画質音声が悪く、ウイルスに感染する可能性がある。

 

画質や音声は百歩譲って無料で見るのですから我慢しましょう。

ですが、ウイルスだけはシャレになりません。

コチラの画像はパソコンに表示された警告です。もしこんな警告が突然表示されたらどうしますか?

 

次に見ていただくのはスマホに表示された警告です。

 

 

いきなりこんな警告が表示されたら焦りませんか?

実際に自身のスマホやパソコンがここからウイルスに感染された?方もいらっしゃいます。

 

 

正直言ってパソコンが壊れるぐらいならまだいいです。(痛いですけどね…)

特に怖いのがこれです。

注意ポイント

パソコンやスマホから住所や携帯番号などの個人情報を盗まれたりパソコンのデータを破壊されたりインターネットバンキングの暗証番号や口座番号を抜き取られたり…様々な詐欺に遭う可能性が出てきます。(最近だと勝手に他人のために仮想通貨の採掘【マイニング】をするというウイルスがあるらしい)

 

これに関しては後々本当に恐ろしいことに巻き込まれるんじゃないかと不安になります…。

 

では!!ドラマ『TWO WEEKS』を見るにはどうすればいいんだ!?って話ですよね。

私はこちらをお勧めします。

FOD(フジテレビオンデマンド)っというフジテレビの動画配信サービス

で見るべきです。

 

というか、本来ならばここでしか見てはいけません…。

無料動画サイトは著作権で見る事すら違法になる場合もあります。

 

 

FOD(フジテレビオンデマンド)のお得なサービス概要

 

では何がそこまでおすすめなのか。

詳しく紹介したいと思います!

まずFODとはフジテレビオンデマンドの略でドラマやバラエティ、アニメや映画など約3000作品が見放題のサービスです!

今なら一ヶ月間無料のキャンペーンを行っているので動画が無料で見放題!!

※2019年8月現在です。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

 

この見放題作品をいつでも何度でも見たい時に見れるんですよ。

ポイント

  • 鬱陶しい広告も無い!
  • ウイルスだって無い!!
  • 画質も音もテレビ同然!
  • サクサク見れる!!

とっても快適にいつでもどこでも見れるんですよ(^^♪

 

TWO WEEKSを無料視聴

 

 

【TWO  WEEKS】1話~最新話のネタバレと感想

 

ここでは各話のネタバレと感想を記載しています。

こちらがTWO WEEKSの公式サイトになります。

 

第1話のネタバレと感想

 

 

女に体を売ったり、質屋で働いて自堕落に生きている結城大地。

そんな彼のもとに突然、8年前に子供を身ごもりながらも別れたままだったすみれが現れました。

 

てっきり子供を堕ろしたと思っていたすみれは、はなという女の子を生んで育てていました。

しかしは現在白血病の闘病中で、骨髄ドナーを必要としています。

なかなか適合するドナーが現れない中、藁をもすがる思いで、すみれが結城に血液検査をするようにお願いをしにきたのでした。

 

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

病院で血液検査を受けた結城は、はなと出会います。はなは一目で「パパだよね?」と

父親と見抜き、次に会うまで持っていて、とぬいぐるみを結城に託します。

はなは実は、誰にも知られることなく、すみれが破り捨てたはずの、結城とすみれが写った写真を隠し持っていたのでした。

数日後、検査結果が出て、ドナーとして適合することがわかりました。2週間後に骨髄移植を行うため、手術当日までけがをせず、飲酒・喫煙をしないように小池医師からきつく言われます。

一方、8年前から「結城の腐れ縁」という、怪しい柴崎という男が現れます。彼には重大な秘密があるようで、月島検事が柏木愛を使って、柴崎の身辺を探っています。月島検事は、クスリでボロボロになった愛を救ってくれた恩人で、柴崎にも何か特別な事情があるようです。

柴崎の愛人として潜入している愛は、重大な秘密をデジカメに収めた、と月島検事に連絡をします。その後デジカメを質屋の結城に預けますが、そのデジカメを結城の同居人のサトルが旅行に持っていきました。

その後愛は連絡がとれなくなります。

結城は何者かにはめられて、頭を殴打され、目覚めたときには血だらけの包丁を握らされており、側には血だらけになった愛の遺体がありました。

その場に警察が突入し、結城は逮捕されます。その捜査には、すみれの婚約者・有馬が加わります。

結城は冤罪を主張するも信じてもらえず、拘置所送りが決定しますが、護送車に事故で車が突っ込みます。2週間後のドナー手術のために逃亡を決意し、死にかけている警官から手錠の鍵を奪い、バイクを盗んで逃走するところで、1話は終了しました。

 

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

1話の初っ端は、チンピラの三浦春馬が登場し、たばこを吸ったり、【カメラを止めるな】出演女優のしゅはまはるみと裸で目覚めるシーンがあったり、9時スタートの割に攻めたドラマなのかと思いましたが、チンピラ役は長くは演じないようです。

しゅはまはるみは箸休め的な役としてちょいちょい出てくるのかと思いましたが、それっきりのようです。

チンピラ役の三浦春馬はあまり見たことがないので新鮮でした。イケメンは何を演じてもカッコイイのですね。ワイルドな三浦も、もう少し見てみたかったです。

そこからはなと対面して、骨髄提供のために、たばこを手にするも吸うのをやめるシーンなど、チンピラから父親になる心の移り変わりを丁寧に演じていたと思います。

柴崎を怪演している高嶋政伸の存在感が半端じゃないです。今、癖のある悪者を演じさせたら彼の右に出るものはいないのではないでしょうか。

彼はこの先、良い人を演じることはないのでしょうか。彼が悪人以外を演じたのを見た記憶がもう、ありません。

第一話で数々の謎が示されました。すみれと結城はなぜ別れたのか、8年前に結城と柴崎には何があったのか、月島検事はどうして柴崎を探っているのか、デジカメの中身は何なのか、愛は誰に殺されたのか・・。これから一つ一つ解明されていくのが楽しみです。

それと同時に、恐らくバッドエンドにならない予感はしますが、2週間後の移植手術に向けて、結城がどのようにドナーとして病院にたどり着けるのかも楽しみです。きっと、ぎりぎりまでたどり着けないんだろうな~と思いつつ、何が起きるのかわくわくします。

 

第2話のネタバレと感想

 

 

柏木愛殺害の濡れ衣を着せられて逮捕された結城大地。護送中、車が突っ込み、交通事故にあいます。2週間後の、実の娘で白血病のはなのドナー手術を受けるために逃亡を決意し、事故に紛れてバイクを盗んで逃走するところで、1話は終了しました。

 

はなの母親すみれの婚約者・有馬を中心とした警察の追跡劇が繰り広げられますが、警察の目をかいくぐり、結城の逃亡は続きます。柴崎の秘密を追っている月島検事もどうにか結城の行方を追うべく、国会議員の久我の協力を得て、捜査に加わります。

 

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

月島検事は、柏木愛が殺される直前に、「柴崎の秘密をつかんだ」と連絡してきたことを思い出します。デジカメに証拠が入っていると気づいた月島は、愛のマンションでデジカメを探すも見つかりません。しかし収穫はありました。デジカメは愛から結城の手に渡っていたことを突き止めます。しかしその大事なデジカメは、そんな大事なものが入っているとも知らずに、結城の同居人・サトルが持っています。

【8年前】の出来事について、少し謎が解明されました。柴崎が犯した何らかの罪を、無実の結城がかぶり、服役したのです。すみれを守るためのようでした。月島検事はその事件に大きく関わっています。

結城は今回の濡れ衣も、柴崎が絡んでいることに気が付きます。

愛を殺した真犯人が分かりました。愛が月島に「柴崎の秘密をつかんだ」と電話していたのを、柴崎の秘書・間宮に聞かれていました。柴崎は愛を拉致した上に問い詰め、包丁で刺し殺したのです。柴崎もデジカメの存在に気付き、結城の行方を追い始めます。

警察からの追手がいよいよ狭まり、結城は雑木林の中に追い詰められます。

包囲網が敷かれ、逮捕目前となったところで爆発が起き、間一髪、結城は何者かに助けられます。味方かと思いきや、その男はナイフをふりかざし、結城に襲い掛かるところで2話が終了しました。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

柏木愛殺害の濡れ衣を着せられて逮捕された結城大地。護送中、車が突っ込み、交通事故にあいます。2週間後の、実の娘で白血病のはなのドナー手術を受けるために逃亡を決意し、事故に紛れてバイクを盗んで逃走するところで、1話は終了しました。

はなの母親すみれの婚約者・有馬を中心とした警察の追跡劇が繰り広げられますが、警察の目をかいくぐり、結城の逃亡は続きます。柴崎の秘密を追っている月島検事もどうにか結城の行方を追うべく、国会議員の久我の協力を得て、捜査に加わります。

月島検事は、柏木愛が殺される直前に、「柴崎の秘密をつかんだ」と連絡してきたことを思い出します。デジカメに証拠が入っていると気づいた月島は、愛のマンションでデジカメを探すも見つかりません。しかし収穫はありました。デジカメは愛から結城の手に渡っていたことを突き止めます。しかしその大事なデジカメは、そんな大事なものが入っているとも知らずに、結城の同居人・サトルが持っています。

【8年前】の出来事について、少し謎が解明されました。柴崎が犯した何らかの罪を、無実の結城がかぶり、服役したのです。すみれを守るためのようでした。月島検事はその事件に大きく関わっています。

結城は今回の濡れ衣も、柴崎が絡んでいることに気が付きます。

愛を殺した真犯人が分かりました。愛が月島に「柴崎の秘密をつかんだ」と電話していたのを、柴崎の秘書・間宮に聞かれていました。柴崎は愛を拉致した上に問い詰め、包丁で刺し殺したのです。柴崎もデジカメの存在に気付き、結城の行方を追い始めます。

警察からの追手がいよいよ狭まり、結城は雑木林の中に追い詰められます。

包囲網が敷かれ、逮捕目前となったところで爆発が起き、間一髪、結城は何者かに助けられます。味方かと思いきや、その男はナイフをふりかざし、結城に襲い掛かるところで2話が終了しました。

 

第3話のネタバレと感想

 

 

第3話はドラマが大きく動き、謎も一部が解明する大事な回でした。

 

2話の終盤、山中で警察に囲まれてしまった結城を爆破で救ったのは灰谷。

しかし彼は結城の味方ではなく、柏木愛が遺したデジカメのありかを追う柴崎の手下でした。

 

結城が灰谷を撒いて逃げた先は三話ゲスト・賠償美津子演じる老婆義江の家。

少し心が通じ合いますが、心臓の発作に倒れた義江を警察の追手が迫る中病院まで運び、義江から息子の形見の洋服といくばくかのお金を借り受け再び逃亡します。

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

同じくデジカメのありかと結城を追う、月島検事の過去が明らかになりました。

高校生の時に、目の前で父親が柴崎に刺されるのを目撃します。

しかし逮捕されたのは、見ず知らずの結城。

真犯人は柴崎だと訴えるも誰にも相手にされず、真相は解明されることはなく父親が死亡します。

その後検事になり、柴崎の正体を暴くために柏木愛を使って探りを入れますが、柏木愛が証拠をつかんだところで柴崎に殺されてしまったのです。

結城を追う警部補・有馬は調べを進めるうちに、結城とすみれが何か関係があることに薄々気付き始めます。

デジカメが自分の無実を証明してくれるかもしれないことに気付いた結城は、たまたま今、何も知らずにそのデジカメを持っている同居人の相良に連絡を取り、二人が育った今は廃墟となっている養護施設で落ち合う約束をします。

相良を尾行していた有馬たちも養護施設に到着し、包囲網を敷きます。

結城は相良を見つけましたが、なんと刺殺されていました。

背後には血だらけのナイフを手にした灰谷。

思わず「サトル!」と叫んだ結城に気付き有馬たちは施設に突入します。

再び逃走する結城と有馬が衝突したところで3話は終了します。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

第3話は物語が大きく動き出し、片時も目が離せない展開となりました。

ずっと血が付いた汚い洋服を着ていた結城ですが、スーツ&眼鏡に着替え、イケメンぶりを見せつけられた回でもありました。各回必ず、半裸やそれに近い三浦春馬が見られるので、ただただ三浦のカッコよさを愛でるために見ている女性も多そうです。

二枚目の三浦をさらに盛り立てる、豪華な脇役もかなり見どころ満載です。

今、胡散臭い悪役を演じさせたら天下一品の高嶋政伸、その手下が、【トリック】でコミカルな刑事を演じた池田鉄洋と、【モンテ・クリスト伯】で謎めいた役を演じた久保田悠来。

可愛らしい中にしっかり芯のある女性を演じている羽根京子、繊細な内面を丁寧に演じている比嘉愛未、年齢不詳な美しさを保ち続ける黒木瞳。

そして、正義を貫くほど、愛する人を苦しめることになる、という難しい役どころの三浦貴大。今回、薄々すみれと結城の関係に気付き始めましたが、彼が今後迎えるだろう葛藤や苦悩を、どのように演じるのかとても楽しみです。

賠償美津子も3話ゲストで前半しか出演していませんでしたが、強烈な存在感を放っていました。お金を借りた結城が、【お金は、必ず返します】とメモを残していったので、再び登場することを期待しています。

元々は韓国ドラマのtwo weeksですが、私はあえて、韓国ドラマのほうのストーリーは見ていないので、先が全く読めません。

でも、黒木瞳が怪しいんじゃないかと思っています。今のところ美人国会議員で、月島検事を励ます役どころですが、それだけで済むとは思えない・・一番の黒幕なんじゃないか、とさえ思ってしまいます。

3話では、少し謎が解明されましたが、結城と柴崎との間に起きた8年前の出来事や、デジカメの中身、結城とすみれが別れた理由など、まだまだ多くの謎が残っています。

これからの展開と謎の解明がどうなっていくのか、ゾクゾクするほど楽しみです。

 

 

第4話のネタバレと感想

 

 

第4話は、いくつかの過去が解き明かされ、結城への包囲網が狭まり、すみれとはなにも追手が迫る回でした。

 

結城とサトルは、一緒に育ち、今は廃墟となった養護施設で、柴崎の秘密が映ったデジカメの受け渡しのため落ち合う予定でした。しかし再会したサトルは何者かに刺されて死んでおり、追ってきた有馬と逃げる結城がぶつかったところで第三話は終了しました。

 

結城は有馬からはどうにか逃げ切ります。その後、道端で絡まれ暴行されていた、春川という男を助けたことにより、そのお礼として一時的に匿われます。春川は新聞記事で結城の正体を知りますが、通報はせずに、フェリーのチケットをプレゼントします。

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

その頃月島検事は、養護施設でサトルが殺されたことがきっかけで、施設の元園長から結城の過去を聞きました。

父親を知らずに育ち、母親も幼いころに自殺。誰も寄せ付けず、心を開くことはなかった結城ですが、ただ一人サトルだけは結城に懐き、兄弟のように育ちました。そして月島検事は8年前にすみれと結婚するはずだったこと、そして二人には娘がいて、重病で入院していることを突き止めます。

それとほぼ同時に、柴崎もすみれの存在と、娘の病院を探し当てました。

結城と柴崎が探しているデジカメは、死んだサトルはもっておらず行方不明のままですが、サトルが養護施設に向かう前に、彼女の琴美に託していました。

有馬も結城の正体に気付きつつあり、はなの主治医の小池に、はなのドナーの正体を聞きますが、教えてもらえませんでした。

そんな有馬とすみれの出会いも明らかになりました。

お金に困って、住む家のないすみれとはなの存在を刑事の仕事を通して知った有馬。知り合いだった、当時アメリカに研修に行っていた小池医師の家を仲介し、住ませることになりました。それがきっかけで有馬とすみれは交際することになります。

春川にもらったチケットを手に、フェリー乗り場に向かう結城ですが、警察に包囲されていることに気付き逃走します。実は春川が結城を売ったのでした。

今回は逃げ切れず、東京湾にかかる橋に追い詰められますが、有馬の発砲と同時に海へ転落し、4話は終了します。

 

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

第4話は結城・有馬・すみれの過去が少しずつ明らかになり、登場人物の心情が丁寧に描かれた回でした。

サトルが死んだそばに灰谷がナイフを手に立っていたので、てっきり灰谷がデジカメを手に入れたとばかり思っていましたが、琴美が持っていたのにはびっくりしました。

灰谷の、柴崎に対する態度から、絶対服従ってわけでもないのかなと思いました。彼も後々、重要なキーマンになるかと思います。

そして、今回の裏切り者は何といっても春川!なに、あいつ。クズ中のクズですよね。

前回の倍賞美津子に続く、4話の【いい人】枠かと思っていたのに最後の最後、裏切られました。助けてやったのになんだよ!

サトルが亡くなって、味方が誰もいなくなったところでこの仕打ちはひどいです。

緊迫した場面が続く中、毎回はなちゃんの笑顔には癒されます。

演じているのは稲垣来泉ちゃん。くるみちゃんと読みます。

なんとまだ8歳。これまでラジエーションハウスやブラックペアン、アンナチュラル、貴族探偵など数々の話題作に出演しています。

私も初めて彼女を認識したのは3年前の【砂の塔】で、すでにその頃しっかりした演技をしていましたが、まだ5歳だったんですね、驚きです!期待の子役さんで、今後の活躍が楽しみです。

次回はさらに結城の過去が明らかになったり、有馬が結城の正体を知ったりするようです。

次回予告ではナイフを手に、柴崎が結城に迫っている場面もありました。

ますます目が離せないですよね、火曜日が待ち遠しいです。

 

第5話のネタバレと感想

 

 

警察に、橋の上に追い詰められ、有馬の威嚇射撃と同時に橋から転落した結城。

有馬たちは必死に捜索しますが、結城は見つかりません。

 

流れ着いた海辺の町で、傷を負った結城は目を覚ましました。発見した少年が自宅に連れて帰り、傷の手当てを受けます。そこで出会った少年の父親は、9年前に柴崎から追われていて、当時柴崎の手下だった結城が逃がしてやった男・室岡でした。結城はそのことがきっかけで、柴崎が月島検事の父親を殺した罪をかぶり、服役したのでした。室岡にとって、結城は命の恩人です。

 

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

しかし室岡も大事な家族を守るのに必死で、もう柴崎と関わるのはごめんだと、結城に出ていくように言います。結城もまた、娘の手術のため生きるのに必死なので、家に置いてもらうよう懇願し、取っ組み合いになり、殺し合い寸前になりますが、少年が制止し、なんとか匿ってもらいます。

有馬たち捜索隊は、結城が落下した時間帯に通った船を手掛かりに、結城の居場所を探します。

月島検事は、結城がはなの骨髄移植のドナーとなっていることを知り、2つの殺人事件については冤罪だと思い、事務所から久我に電話をかけ、その考えを伝えます。

その時、有馬たちは結城が流れ着いた場所が、千葉の袖ヶ崎だと特定します。

久我との電話の最中に、事務官の角田が、それを大声で月島検事に伝えます。結城の居場所を聞いていたのは久我、そしてその場にいた月島検事の上司・岩崎です。

その直後、何者かが柴崎に電話をかけ、結城の居場所を伝えました。

結城の隠れ家に有馬たちがやってきますが、間一髪、室岡の助けにより逃げます。しかし柴崎達に捕まってしまいます。

手を縛られ、柴崎にデジカメのありかを問い詰められますが、てっきり柴崎の手にデジカメがあると思っていた結城は、ここで勝負に出ます。

『自分の身に何か起きたら、デジカメの中身が流出するようになっている。嘘だと思うなら刺してみろ。流出して困るのはお前だけじゃないだろう。手術が終わったら、デジカメを渡す』

柴崎達と、手を縛られた結城が歩いていると、偶然鉄パイプが倒れてきて、結城はそのすきに逃げ出します。灰谷がすぐに追いかけてきて、見つかる寸前に月島検事に助けられたところで5話が終了します。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

5話は、登場人物それぞれの感情が大きく揺さぶられる回となりました。

結城と室岡が、お互い家族を守るために必死でぶつかり合うシーンは、まさに迫真の演技でした。

いつも物静かなすみれも、はなの命を守るために月島検事に『あなたがどうにかしてくれるんですか?娘を助けてください!』と泣いて詰め寄り、母の強さを表現していました。

久我も、月島検事の捜査状況を気にしており、柴崎との関係を匂わせるようなシーンがありましたが、それはフェイクで、岩崎が怪しいのか??大きな謎がありそうです。

いつも地味な衣装の月島検事と久我ですが、なぜか今回、同じような赤紫の衣装を着ていました、ちょっと唐突で違和感を抱いたのですが、特に意味はないのでしょうか。なんだか最後まで気になりました。

そして5話ゲストの村上淳。モデル出身のムラジュンですが、すごく渋い、良い俳優さんになりましたよね、彼が出ると、画面がピリッと引き締まるというか。

ただ、最近ではシリアスな役柄しか見たことがないので、コミカルな村上も見てみたいです。

村上淳の子供役も、はなちゃんを上回る可愛さでした。くせ毛?なのか、ボサボサの頭で、よれたランニング。そしてそんな恰好がよく似合う素朴な顔。昭和っぽいというか、自然体で、緊迫したシーンが続く中、彼が出てくるとほっとしました。次回からもう出ないと思うので、寂しいです。

そんなゲスト出演者が、6話以降も出てくるのか楽しみです。

そして、更に大きく物語が動きそうな6話も見逃せません。

 

 

第6話のネタバレと感想

 

 

千葉の港町に逃げていた結城ですが、柴崎や灰谷に捕まるものの再び逃走、月島検事に助けられたところで5話が終了しました。

 

月島検事は助けた結城に、「デジカメを返してほしい、それがあれば柴崎に復讐できる」と、8年前の、結城が罪を被った殺人事件の被害者の娘が自分であることを告げ、自分は結城の味方であるといいます。結城はそんな月島を騙し、車を奪って逃げます。

そして千葉に柴崎がいたことで、月島検事は、柴崎に内通者がいることに気付きます。

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

月島検事はすみれに会い、8年前の事件の真相を告げ、捜査に協力を求めます。「愛する人を守るために罪を被ったのだ」ということを聞かされ、すみれは泣きます。

後日、人目を盗んで会いに来た結城に、すみれは8年前のことを責めますが、結城は「ある計画が終わるまで俺を信じてくれ」と言います。結城は病院からの去り際、すみれに会いに来た有馬と鉢合わせます。捕まえようとする有馬をすみれはつかんで止め、はなの父親であることを告げ、ドナーであることを伝えます。「はなは俺の娘同然だから、言ってほしかった」と有馬は苦悩します。

すみれの婚約者が刑事の有馬であったことに、結城もショックを受けました。

デジカメは、サトルの彼女・琴美が持っていると気づいた結城は琴美が働いている店に行きます。

月島検事は上司に呼び出され、結城を助け車に乗せている写真を、タレコミがあったと突き付けられ、結城の担当から外されます。

すみれが手配したスマホで、結城はすみれを呼び出します。有馬は部下に、すみれの見張りを頼んでおり、部下が後をつけますが、すみれは尾行に気付きます。部下の刑事を撒きましたが、なんと有馬が尾行を続けます。

タクシーを乗り継いで有馬も撒き、すみれは、サトルの恋人だった琴美の勤め先の店に行き、デジカメを受け取り、結城に渡します。

デジカメにはパスワードがかかっており、結城は月島を呼び出しました。デジカメに映っていたのは、月島が最も信頼する久我と柴崎の姿でした。

同じ頃、柴崎と久我が密会し、久我と柴崎の関係が明らかになったところで第6話は終了します。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

千葉の港町に逃げていた結城ですが、柴崎や灰谷に捕まるものの再び逃走、月島検事に助けられたところで5話が終了しました。

月島検事は助けた結城に、「デジカメを返してほしい、それがあれば柴崎に復讐できる」と、8年前の、結城が罪を被った殺人事件の被害者の娘が自分であることを告げ、自分は結城の味方であるといいます。結城はそんな月島を騙し、車を奪って逃げます。

そして千葉に柴崎がいたことで、月島検事は、柴崎に内通者がいることに気付きます。

月島検事はすみれに会い、8年前の事件の真相を告げ、捜査に協力を求めます。「愛する人を守るために罪を被ったのだ」ということを聞かされ、すみれは泣きます。

後日、人目を盗んで会いに来た結城に、すみれは8年前のことを責めますが、結城は「ある計画が終わるまで俺を信じてくれ」と言います。結城は病院からの去り際、すみれに会いに来た有馬と鉢合わせます。捕まえようとする有馬をすみれはつかんで止め、はなの父親であることを告げ、ドナーであることを伝えます。「はなは俺の娘同然だから、言ってほしかった」と有馬は苦悩します。

すみれの婚約者が刑事の有馬であったことに、結城もショックを受けました。

デジカメは、サトルの彼女・琴美が持っていると気づいた結城は琴美が働いている店に行きます。

月島検事は上司に呼び出され、結城を助け車に乗せている写真を、タレコミがあったと突き付けられ、結城の担当から外されます。

すみれが手配したスマホで、結城はすみれを呼び出します。有馬は部下に、すみれの見張りを頼んでおり、部下が後をつけますが、すみれは尾行に気付きます。部下の刑事を撒きましたが、なんと有馬が尾行を続けます。

タクシーを乗り継いで有馬も撒き、すみれは、サトルの恋人だった琴美の勤め先の店に行き、デジカメを受け取り、結城に渡します。

デジカメにはパスワードがかかっており、結城は月島を呼び出しました。デジカメに映っていたのは、月島が最も信頼する久我と柴崎の姿でした。

同じ頃、柴崎と久我が密会し、久我と柴崎の関係が明らかになったところで第6話は終了します。

 

第7話のネタバレと感想

 

 

6話の最後にとうとうデジカメを手に入れた結城と月島でしたが、柴崎と久我が繋がっていることを知り、月島はショックを受けます。

 

そこに灰谷が現れて、結城と月島を襲い、デジカメを奪還して柴崎に渡します。

 

月島は自宅に結城を招き入れ、8年前の事件を一人で調べていること、殺された柏木愛を使って柴崎の身辺を探っていたこと、久我が母親代わりの恩人だったことを打ち明けます。

手術まで7日間、月島は匿うと言いましたが、結城は迷惑はかけられないと断ります。

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

久我は柴崎と密会し、デジカメの中身を破壊し、結城を始末するように言います。

月島は久我を調べ始めます。久我がらみで、不審な金が柴崎の関係する会社に流れていることと、8年前に医療機器の臨床試験で被験者が一人亡くなっていることが分かりました。

「例の認可の件だって私がきれいに片づけたじゃないですか」とデジカメで柴崎が久我に言った言葉に思い当たり、父親の事件も関係があるのではないかと考えます。

月島が久我を食事に誘い、大事なプロジェクトに柴崎が関わっているようで心配だ、と切り出します。しかし久我は命がけのプロジェクトだから誰にも邪魔はさせない、と微笑みながら言います。もうデジカメが手元になく、柴崎と久我が繋がっている証拠がない月島は、何も言えません。

はなが一人でいるときに、病室に柴崎が、パパの友達だと嘘をついて会いに来ました。柴崎が帰った後、病院は不審人物が来たことで騒ぎになっていましたが、有馬はそれが柴崎であると気が付きます。

有馬は柴崎の会社を尋ね、はなに近づかないように言い、有馬は柴崎につかみかかります。柴崎は、結城を逮捕せずこちらに引き渡してくれれば、手術だけは受けさせてやると言い、警察がつかむ情報を流せと脅します。

女装した結城が月島の家を訪ね、デジカメを取られてなすすべがない今、明日出頭すると言います。翌日月島は警察に行き、結城が出頭するが自分一人で迎えに行く、警察は手を出さないでほしいと言います。それを聞いていた有馬は柴崎に情報を流します。

待ち合わせ場所に一人で向かった月島ですが、そこにライフルの照準を合わせる灰谷の姿がありました。バイクで現れた結城が撃たれ、血を流して倒れました。

しかしそれは月島と結城、そして有馬による作戦で、結城は有馬が用意した防弾ベストを着ていたので無傷、灰谷は殺人未遂で有馬に逮捕されました。

灰谷に、柴崎の罪を自白させる計画ですが、果たして・・・。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

7話は、最後のどんでん返し以外は、大きく物語が動く回ではありませんでしたが、それぞれの登場人物が、相手を訪ね、思いを打ち明けていたのが印象的でした。

特に、月島と久我の食事シーンでの、お互い腹の探り合いで、どちらも真実を言わないところが印象的でした。黒木瞳に、あんな不敵な笑みを浮かべられたら、何も言えませんよね・・。

彼女も恐らく、病気の息子を守るために、命がけで生きているんだろうな、と思います。

物語が進むごとに、彼女の謎も明かされることでしょう。

そして最後のどんでん返し、私も騙されました。てっきり有馬が寝返ったのかと思いましたが、そんなことはなかったですね。それほど、三浦貴大の演技が良かったです。

しかしそれ以上に癖のありそうな灰谷。精神力も屈強そうだし、なかなか口を割らないんじゃないでしょうか。でも、柴崎に対して、服従しているわけではなさそうなので、どんな行動をとるのか、こちらもすごく気になります。

7話で新章に突入したTWO WEEKS。まだまだ目が離せません!

 

 

第8話のネタバレと感想

 

 

7話の最後、おとりになった結城に対する殺人未遂で、灰谷が逮捕されました。
それを知った早穂子は電話で柴崎をなじります。

灰谷を使って、柴崎の正体を暴こうとしていた結城・有馬・楓でしたが、灰谷の取り調べが始まると、肝心の被害者の結城がいないことをタテに弁護士が乗り込んできて、灰谷は釈放されてしまいました。

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

灰谷が釈放されてしまったので、結城は柴崎の悪事を暴き、自分の無罪を証明する方法を模索します。
そこで柴崎の部下・久留和に揺さぶりをかけることを思いつき、楓に提案します。

結城は久留和の携帯に電話をかけ、『俺の次の身代わりはお前だ』と脅します。
柏木愛殺害の罪を結城に着せられなかった場合、代わりに久留和に罪が着せられるという意味です。『柴崎にいくら忠誠を誓ったところで、お前は使い捨てのコマだ』と言い、不湾を煽ります。

電話を切った久留和は感情をあらわにし、結城に、愛を殺した犯人は柴崎だと教えた部下のホンダに八つ当たりし、『動画のコピーだ!あれがあれば身代わりにされても・・』と口走ります。

それを結城は盗聴し、録音していました。

一方楓は、意を決して早穂子の元を訪れます。楓の父が殺されたのは、8年前に起きた医療事故が原因であり、それに気づいた楓の父を、早穂子が柴崎に頼んで殺したのでは?と追及します。

柴崎と手を組んだ理由を問い詰める楓に、早穂子は『理想の実現のためには、小さな犠牲は仕方がない』と言い放ちます。加えて、『あなたは検事じゃない。私怨のために立場を利用しているだけ』と逆に楓をなじります。
楓は涙を流し、『今までありがとうございました』と頭を下げ、早穂子の元を去ります。

その後結城は楓に、動画のコピーが存在することを知らせます。2人は、柴崎たちが危険を冒してまで、なぜ手術前に結城を殺そうとするのか考えます。確実に殺したければ、手術日に絶対に病院に現れる結城を狙えば良いのですから。

楓は、手術日と、早穂子が推進する『ディアチャイルドプロジェクト』の認可が下りるのが、同じ日であることに気が付きます。認可が下りる前に、手を組んでいる柴崎の悪事が表沙汰になれば、早穂子にも疑いがかかり、認可が下りなくなるためだと考えました。

また、柏木愛殺害について調べなおしていた有馬は、現場に停まっていた大家の車に目をつけ、ドライブレコーダーを確認しました。
すると、愛の死亡時刻を挟んで、スーツを着替えて出入りした柴崎の姿が映っていました。
有馬と楓は、柴崎が返り血をあびて着替えたのだろうと考えました。

その映像を元に、有馬は柴崎に任意同行を求め、柴崎への取り調べが始まりました。
柴崎の秘書がそのことを早穂子に伝えると、早穂子は動揺して電話を切ります。

その隙に結城は柴崎の家に忍び込み、デジカメのコピーを探しますが、そこに、今いるはずのない柴崎が現れます。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

今回も、話が大きく動き、片時も目が離せない回となりました。
灰谷が何か口を割ると期待しましたが、あっさり釈放されてしまいガッカリです。

楓は早穂子の過去を知り、恩人に裏切られましたが、これをきっかけに強くなった姿を芳根京子がしっかりと演じていました。

最後、柴崎家に、柴崎が現れたのにはびっくりしました。
しかし無事動画のコピーを手に入れても、違法な手段で入手した品物は、証拠能力がなくなるケースもあるのが少し気になりました。

柴崎の形相から、結城はタダで済むとは思えませんが、次回も楽しみです。

 

第9話のネタバレと感想

 

 

動画のコピーを盗みに、柴崎の家に忍び込んだ結城ですが、いないはずの柴崎に見つかってしまいました。

 

柴崎は『お前が一番苦しむ方法で殺してやる!』と言って結城を逃します。

 

柴崎が柏木愛を殺した証拠として、柏木愛が殺された時刻にマンションに出入りしていた柴崎の姿を捕えたドライブレコーダーがありましたが、久我が「その時間、私は柴崎と会食をしていた。そのレコーダーは捏造かもしれない」と証言しました。

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

そこまでして危険を冒す久我を不思議に思う結城でしたが、楓は久我について、『久我の息子は重度の心臓病で、アメリカで治療を受けている。久我が推進しているプロジェクトによって、息子が日本で治療を受けられるようになるかもしれない』と打ち明けます。

結城は楓に頼んで、久我に会い、はなの手術を受けさせてほしいと懇願します。

あっさり却下する久我に、手術が終わったら殺されても構わない、と頭を下げ、久我は承諾します。

しかしその密会の様子を、撮影するものがいました。

その後久我は柴崎に、電話で結城を解放するように指示しますが、柴崎は『結城のことは損得勘定では割り切れない』と言い、一方的に電話を切ります。柴崎には、結城を殺害する計画があるようです。

楓は事務官の角田の調査によって、久我がアメリカの息子の名前を使って、多額のマネーロンダリングをしていたことを掴みます。しかしその不正に関わっていたダミー会社が1年前に破産手続きのうえ倒産しています。楓はそうせざるを得ない何かが起きたと考え、理由を探ります。

そんな中、久我と結城の密会写真がテレビで報道されました。

すみれははなにすぐに戻ると言って、有馬に着替えを届けに行きます。道で灰谷がすみれにぶつかり、GPSをすみれのカバンに仕込みます。その先で柴崎の部下・久留和と手下たちがすみれを取り囲みました。

なかなか来ないすみれを不審に思った有馬はすみれを探し、誰かに連れ去られたことを知ります。

灰谷はすみれの携帯を使って結城に連絡し、捕まっているすみれの写真を送ります。

灰谷は、30分以内に、誰にも言わずに指定したビルの5階へ行けと結城に指示をします。

その後さらに何度も指定場所を変えられ、急ぐ結城。その間に、公衆電話を利用して、楓に状況を知らせます。

それを聞いた有馬は、結城に居場所を聞き出します。

報道を受けて、久我が緊急記者会見を開きました。

久我は『結城とは個人的な関係は一切ない、月島楓にはめられて、結城と会った』と言って、以前月島が結城を助けた際に、車の中で結城・月島・角田が写った写真を公開します。

実は一連の報道は、久我の自作自演でした。

楓は辞表を提出します。

すみれは久留和に、『私を助けたらあなたは必ず殺される。私のことはいいから、はなの命を助けて』と訴える動画を撮られ、結城に送ります。結城はその動画を有馬に転送し、有馬はすみれの瞳に写っているものの解析を部下に依頼します。

その頃はなは柴崎に誘拐されてしまいます。柴崎から結城に電話があり、『すみれとはな、どちらか選べ』と言われます。

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

指名手配中の結城ですが、ある時点から結構自由に動き回っているのが気になりますが、今回もめまぐるしい展開で、目が離せませんでした。

黒木瞳の冷徹女ぶりがツボです。まさかの自作自演とは。利用できるものは全て使う、捨て身の覚悟が恐ろしいです。

次回が最終回ですが、どうなるか全然分かりません。たぶん、ハッピーエンドになるとは思うのですが。柴崎に天罰が下ってほしいのはもちろんですが、久我も転落してほしいです。

それと、すみれが結城と有馬のどちらを選ぶのかも気になります。

有馬は性格的に、結城に譲ってしまうのでしょうか・・。はなが自作の絵本を使って、答えを導き出すのかもしれません。

終わってしまうのは寂しいですが、次回が待ち遠しいです。

 

 

最終話のネタバレと感想

 

 

【ネタバレ】+ コチラをクリックして下さい

ただいま準備中です…

 

【感想】+ コチラをクリックして下さい

ただいま準備中です…

 

 

ここまでネタバレや感想を書いてきましたが、実際に映像を見る方がやっぱり数百倍面白いです!

このドラマ【TWO WEEKS】を見るなら何度も言いますが、FOD(フジテレビオンデマンド)です!

 

TWO WEEKSを無料視聴

 

ネットの感想

 

 

 

ここでは【TWO WEEKS】を観た皆さんの感想を紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TWO WEEKSを無料視聴

 

まとめ

 

今回紹介させていただいた方法で【TWO WEEKS】見逃し配信無料動画を見ていただけたらと思います!

どうせ見るならいつでもどこでも観れて、お得に簡単に観れる方がストレスなしの方がいいですよね!

ぜひ動画配信サービスを活用しましょう!

 

 

-TWO WEEKS, フジテレビ

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.