良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

小川公乃さんが璃紗ちゃんと珠璃ちゃん刺殺。顔画像や動機(原因)は?無理心中なのか…

悲しすぎる事件が起こりました。

8月30日午後10時30分頃、大阪市東成区で璃紗ちゃん(5)と珠璃ちゃん(3)2人の女児と小川公乃さん(40)が血を流して倒れているのが見つかりました。女の子2人は病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

2人の母親の公乃さんはケガをしていますが意識はあるということです。

仕事から帰ってきた公乃さんの夫小川和也さん(33)が3人を見つけ消防に通報。

夫は「妻が刺した」と話しているということです。

警察は2人の女児の母親が無理心中を図ったとみており、母親の回復を待って事情を聞く方針です。

子供が犠牲になる無理心中…

これほど悲しいことがあるでしょうか。今回はこの事件を詳しくみていきます。

 

現在はまだ画像は公表されておりません。

公表され次第追記します。

 

 

事件があった場所

 

 

今回の事件があった場所は大阪市東成区神路3丁目です。

ここは、大阪メトロ千日前線の新深江駅~北へ400mほど離れた住宅地です。

 

なぜかわいい子供を刺したのか?

 

 

今回の事件は母親が子供を刺し、自分自身も腹を刺し無理心中を図ったと見られています。

現場に倒れていた二女珠璃ちゃん(3)の体の上には血のついた包丁が置かれており、また家の中からは母親の公乃さんから夫へ宛てた手紙が見つかっています。

母親はなぜ子供の体の上に包丁を置いたのでしょうか?

無意識にでしょうか?

なにかメッセージを残したかったのでしょうか?

母親が子供を殺して自分も死ぬという無理心中。と聞くと、「子育てに悩み、育児ノイローゼになってしまったのか?相談出来る人がいなかったのか?」などと思いが及びますが、警察は今回の無理心中は「家庭内のトラブルである可能性」と発表しています。

詳しいことは母親の回復を待って調べを進めるということですが「育児に疲れて」というだけの動機だけではないのかもしれません。

 

 

子供を巻き込む無理心中

 

 

動機がなんにせよ、「自分の子供を自分で殺す。」という行為は何があっても許されません。

子供は親の所有物ではないのです。

「子供を残していったらかわいそう。」など、親のエゴでしかありません。

子供は、特に今回被害にあった小さい子供は、いつも傍にいてくれて信頼出来る大人は親しかいないのです。

そんな全信頼を置いている親に殺される。こんなに酷く悲しいことがあるでしょうか?

親に殺される子供の気持ちを考えると胸が痛みます。

子育ては喜びや楽しさがたくさんです。でも辛さ苦しさ悩みもたくさんです。

子供に手をあげたくなる時もあります。

投げ出してしまいたくなる時もあります。

子育ての大変さはやったことがある人しかわかりません。それほど過酷です。

 

それでも何があろうとも自分の子供に手をかけるなど言語道断です。

 

 

まとめ

 

人それぞれ色んな悩み問題を抱えて生きています。

でも、誰でもいいですから事を起こしてしまう前に誰かに相談して下さい。

子供には罪はないのです。命をかけて守るべきものなのに、その命を消してしまってどうするのですか。

璃紗ちゃん珠璃ちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.