良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

池袋ホテル(ジアッタ)で窒息女性遺体。女性の身元と出入りする黒い服の男の名前は?

池袋のホテルで女性の変死体が発見されました。

ホテルの外観からラブホテルのようです。

 

女性の年代や死因などが明らかになってきました。

女性の身元や犯人と思われる男について迫ります。

池袋ホテル(ジアッタ)で窒息女性遺体。女性の身元と出入りする黒い服の男の名前は?

 

 

事件のあらすじ

 

参照:NNN

 

9月12日の夜、池袋のホテルの一室から女性の遺体が発見されました。

 

時系列を辿ってみましょう。

 

9月12日 午後3時40分頃

上下とも黒い服、白マスクの30歳前後の男がホテルに入り、事前清算を済ませて一人で205号室に入室。リュックサックを背負い、キャリーケースを持っていた。

 

午後5時50分頃

30~40歳ぐらいの女性が205号室に入室。帽子をかぶり、リュックを背負っていた。

 

午後7時40分頃

男性が一人で退室

 

午後8時15分頃

ホテルの従業員が205号室に入り、女性の遺体を発見、警察と消防に通報

 

報道から、ホテルはラブホテルのようです。

男性が最初に入って女性を待っていたようですが、デリヘル等ではないでしょうか。

カップルで別々に入るのは、不自然ですよね。

 

この男女の身元は分かってきたのでしょうか。

 

女性の身元と遺体の状況について

 

参照:NNN

 

女性は30~40歳ぐらいで、身長165センチ。現時点で身元は判明していません。

しかし、様々なことが分かってきました。

 

女性はショートヘアーで、黒縁の眼鏡をかけ、柄が着いた黒の半袖の上着を着て、青っぽい帽子をかぶり、リュックを背負っていました。

 

しかし、女性が遺体で見つかった部屋からは、女性の帽子とリュックがなくなっています。

身元が分からなくするため、男性が持ち去ったのだと思われます。

 

女性が発見された時の服装は、黒のTシャツに黒のスエットのズボン、黒の靴下です。

足首はひもで縛られていました。

ひざを抱えたような姿勢で、ビニールにくるまれた上にシーツでも巻かれていました。

 

首を絞められて殺されたようです。

 

女性にしては大柄ですね。当初、男性とも見られていたので、ニューハーフの可能性もありそうです。

男性が大荷物を持ってあらかじめ入室していたのですが、ビニールやひもも持っていたのでしょう。となると、計画性が伺えます。

 

 

男性の身元や名前は

 

参照:NNN

 

一方男性の特徴は30歳前後、リュックサックを背負い、キャリーケースを持って入室しました。

 

まだそれしか情報が公開されていませんが、池袋は都内屈指の繁華街で、防犯カメラの台数も多いと思います。

地元より、電車でやってくる人が多いので、駅の防犯カメラなどにも映っているかと思います。

 

 

ホテルの名前は

 

事件があったホテルは、東京都豊島区池袋1にあります。平和通りにある、東京都豊島区池袋1丁目3−9 のHOTEL The Attaだとみられています。

 

 

 

このあたりは、四方八方ホテルがひしめきあっている、ホテル街です。

 

近くにあるホテルの従業員男性は「こんなにパトカーが来て騒ぎになった記憶はなく怖いです」と話していました。

 

 

まとめ

 

時間差入室から、デリヘル的な関係だと思います。命を奪うほどのプレイを男性が強要したのでしょうか。その場合、見知らぬ男性と密室で二人きり、本当に危険ですよね。

犯人がまだ捕まっていないのも不安です。

早く二人の身元と事件が解明されてほしいです。

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.