良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

小倉美咲ちゃん特徴。今どこ?なぜ行方不明に?連れ去られたのか?椿荘オートキャンプ場で行方不明から5日。

小倉美咲ちゃん(7)が山梨県の「椿荘オートキャンプ場」から姿を消して早5日。

警察や消防、ボランティアなどの懸命な捜索にもかかわらずいまだ発見には至っていません。

まるで神隠しにあったかのように忽然と姿を消した女児は今どこにいるのでしょうか?

なぜ行方不明になってしまったのでしょうか?

これまでの情報をもとに詳しくみていきます。

小倉美咲ちゃん今どこ?なぜ行方不明に?連れ去られたのか?椿荘オートキャンプ場で行方不明から5日。

 

冒頭にいきなりですが、小倉美咲ちゃんの特徴を記載します。

 

美咲ちゃんの特徴

  • 黒い長袖Tシャツ
  • 青っぽいジーンズ
  • エメラルドグリーン色の靴
  • 身長は約125cm

 

 

小倉美咲ちゃん行方不明の概要

 

 

山梨県警や地元消防は25日午前、同県道志村のキャンプ場で21日から行方不明となっている千葉県成田市の小倉美咲さん(7)の捜索を再開した。村の派遣要請を受けた自衛隊175人が加わり、態勢は計約290人。

 県警は、水中も調べるため潜水服姿の機動隊員を新たに投入した。捜索は5日目となるが、これまでに捜したキャンプ場付近の山中や小川では、手掛かりとなるものは見つかっていない。

 小倉さんは21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。同日午後3時40分ごろ、別の場所に遊びに行った子どもたちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。

参考:Yahoo!

 

 

現場の場所

 

 

美咲ちゃんが行方不明になった場所は山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」です。

神奈川県に接しているところにあり、全国有数のキャンプ地として有名で都心からも行きやすい場所です。

西の森、東の森、南の森、中央の森とキャンプスペースが分けられており美咲ちゃんがキャンプ場おとずれた21日は三連休初日ということもあり多くの人々がキャンプ場に滞在していたようです。

では、なぜ「人々の目」がたくさんあったこのキャンプ場で美咲ちゃんは行方不明になってのでしょうか?

 

行方不明までの経過

 

参照:ANN

 

美咲ちゃんは、友人家族7組(大人13人子供15人)でこのキャンプ場をおとずれていました。

 

  • 21日PM3時頃テント場でおやつを食べていました。

 

  • PM3時40分頃、先におやつを食べ終えた子たちがテント場から約150m離れた沢に移動、15人の中で一番年少であった美咲ちゃんはおやつを食べ終えるのが遅くなりその後を追いかけました。

 

  • PM3時45分頃一人で沢のある森の中へ向かいました。この時に美咲ちゃんの母親はT字路を左に曲がる美咲ちゃんの姿を確認しています。

 

  • PM4時頃、子供たちは沢から帰ってきました。しかしその中に美咲ちゃんの姿はなく、大人たちは美咲ちゃんを探すも見つからず警察に通報しました。

 

美咲ちゃんの母親が美咲ちゃんを最後に見てから美咲ちゃんがいなくなったことに気付くまで約15分

たった15分です。

それに、大人がいるテント場から美咲ちゃんが向かった沢までは150mです。

子供がゆっくり歩いても4分かかるでしょうか?

それに沢から帰ってきた子供たちは美咲ちゃんとすれ違っていないのです。

なぜ美咲ちゃんは行方不明になってしまったのでしょうか?

 

 

なぜ行方不明に?

 

参照:FNN

 

テント場から沢までは約150m。

きっと誰もが「大丈夫」と思う距離です。

しかし沢の方へ行かなかったら?

実は沢への道を見落とし美咲ちゃんが間違って沢を超えて行ったとなると…

沢をこえた100m先には険しい山道へと続いており、その山道を20分ほど登ると足場が悪く大人でも体力を奪われるような場所へ出るのです。

 

もしも美咲ちゃんがこの場所に足を踏み入れたなら。

大人ならば周りの様子がおかしいことに気付き来た道を引き返す。という行動を起こすでしょう。

しかし7歳の子供はどうでしょう。

わたしが思うに、大人が持っているような時間の感覚や距離感はまだ備わっていないのではないでしょうか?

そして子供の目線は大人のものとは全く違います。

大人が「間違うはずない」と思っている場所でも子供ならば間違う可能性は大いにあります。

また、美咲ちゃんは先に行った友達と早く合流したいという思いだけで前へ前へ進んだことが想像出来ます。

 

そして、

「この道は違うかもしれない」という思いは頭に浮かぶことはなかったと思われます。

7歳というとまだまだ子供ではあるもののある程度は自分で考え行動出来る年齢です。

親のほうも、しっかりし始めた子供の姿を目にする頃です。

子供から目を離すことは時と場合によってはいい事ではありませんが、供の自主性のためには「手を離しても目を離さない」ということも必要になってきます。

今回の事で美咲ちゃんの母親を非難する声が聞こえてきていますが実はこの辺りの判断は難しいのが実情だと思います。

 

 

連れ去られた?

 

参照:FNN

 

美咲ちゃんが行方不明になったことは事件性があるのでは?

との声も聞こえてきます。

当時キャンプ場にはたくさんの人がいました。

それなのに美咲ちゃんの目撃情報がないのです。

小さい女の子が一人で歩いていたのなら「なぜこの子は一人なのだろう?」と印象に残るはずです。

そして、もう一つ美咲ちゃんが最後に目撃されて行方不明になったことに気付くまで約15分です。

そんなに短い時間に目の届かない場所にどうやって?

この二点からもしかして「連れ去り」なのでは?

という疑いが出てくることも理解出来ます。

 

以前にも…

参考:Yahoo!

 

以前にも同じような子供の行方不明事案がありました。

記憶に新しいのは昨年8月山口県で2歳男児が山の中で行方不明になるも3日後に無事に発見されたニュースです。

また、2016年5月には北海道で7歳男児が山中で行方不明となり6日後に4㎞離れた自衛隊の宿舎で発見されたニュースが印象的ではないでしょうか?

この2つの事案、どちらも「水」が命を救ったとされます。

今回美咲ちゃんが行方不明になった森の中の沢の水は飲めるそうです。

美咲ちゃんがせめてこの水で命を繋いでいてくれることを願います。

 

 

まとめ

 

では最後に美咲ちゃんの行方不明時の特徴をもう一度記載します。

 

美咲ちゃんの特徴

  • 黒い長袖Tシャツ
  • 青っぽいジーンズ
  • エメラルドグリーン色の靴
  • 身長は約125cm

 

警察、消防、ボランティア、そして今日から自衛隊も加わり230人体制で美咲ちゃんの行方を探しています。

今の時期、特に森の中は日中朝晩の寒暖の差が激しいです。

その分体力の消耗も心配されます。

きっとどこかで助けを待っているはずです。

一刻も早く美咲ちゃんが発見されますように。

 

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.