良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

織田信成への関大モラハラの内容は?アイススケート部退任の本当の理由とは。

貢献者に対して、ひどすぎる仕打ちです。

織田信長の末裔プロフィギュアスケーターの織田信成が、母校関西大学スケート部の監督をモラハラによる体調不良で退任したというのです。

一体、両者に何が起きていたのでしょうか。

織田信成への関大モラハラの内容は?アイススケート部退任の本当の理由とは。

 

 

関大スケート部監督就任の経緯

 

参照:Yahoo!

 

織田信成は、2013年末のアマチュア引退宣言後、プロとして活動する傍ら、スポーツコメンテーターやバラエティの出演、後進の指導においても活躍しています。

今から2年半前の、2017年4月1日付で母校関西大学スケート部の監督に就任しました。

大学から就任を打診され、織田は『自分なんかが監督になってもいいのか』と葛藤があったということです。

在学時代から深い関わりのある芝井敬司学長から励ましの言葉をもらって、就任を決意しました

織田自身も、2005年に関大入学以降、2015年に大学院を卒業するまで、同部に所属していました。

就任会見の日には、なぜか目を赤くして登場。

ちょうど前夜に、浅田真央がブログで引退を発表していたのでした。

そして、会見で発表されたのは、監督として関西大学たかつきアイスアリーナに週5日足を運ぶことと、監督としては遠征費等を除き無給であることでした。

自宅も高槻市内に建て、奥さんと3人の息子とともに暮らしています。

週5日勤務で無給って、究極のブラックですよね。

お金よりも、母校で後進育成することの価値を取ったのでしょうか。

それにしては搾取も甚だしいと思いました。ご本人は納得されていたようですが・・。

 

 

退任の経緯

 

 

9月9日

 

織田信成退任の一報が流れました。

この時の理由は、【多忙な生活の中、十分に選手と接する時間が確保できないから】というものでした。

織田が春ごろから悩んでおり、後任も決まっていないというのが大学側の言い分でした。

 

9月23日

 

解説者として多忙を極め、監督業が困難になった織田。しかし、超名門の関大スケート部をシーズン前に放り出して退任するのは考えられず、織田が後任として引き継ぐコーチも決まっていると報道されました。

そしてその後任は、織田の母・憲子さん(72)であると発表。

憲子さんは幼少期から織田のコーチを務め、関大在学中も織田の専属コーチをしていた人物です。

 

9月29日

 

最初の退任報道から3週間後。織田がブログで退任の理由について「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」と訴えたのです。

多忙による退任としていた大学側の説明を真っ向から否定した形となりました。

これを受けて、関大は事実関係を調査するとしています。

 

監督から選手へのモラハラは良く聞きますが、監督へのモラハラとはどういうことでしょうか。

体調を崩し、3ヶ月間リンクに行けなかったということです。

いつも笑顔で、メンタルも強そうな織田でもその状況になったということは、よほどのことだと思われます。

リンク上で一体何が起きていたのでしょうか。

 

 

織田信成へのモラハラの内容

 

参照:Yahoo!

 

モラハラの内容は明らかにされていませんが、退任決意後の大学の姿勢は、ひどいものでした。

7月に、織田が弁護士とともに関大と話し合いが始まり、関大のほうで調査を行うということでしたが、2ヶ月間音沙汰なし。

9月9日の報道では、大学側が引き止めたという記事も出ていましたが、そのようなことは一切なく、辞意はすぐに承諾されました。

現役時代からお世話になり、監督就任へ背中を押してくれた芝井敬司学長に直接会って辞意を伝えたいとお願いするも学長は1カ月先までスケジュールが埋まっていて忙しいという理由で、会うことすら叶わなかったそうです。

大学と織田の間に何があったのかは謎のままですが、無給で2年監督を務め、現役時代には大学の名声にも大きく貢献した織田に対して、かなり冷たい仕打ちだと思います。

ここまで来ると、関係修復はかなり難しいと思います。

織田は監督業にはまだ熱意を持っているようで、オファーがあればどこへでも行って指導したいと言っています。

どうか次は、条件面でも環境面でも整った場所で、最大限力を発揮してほしいと思います。

 

 

まとめ

 

織田さんのブログを読みましたが、胸を締め付けられる思いです。

モラハラの中身は明らかになっていませんが、織田さんの才能や血筋に対するやっかみもあるのでしょうか。

織田さんの言うとおりなら、大学側の態度がひどすぎて、大学の品位も落ちてしまいます。

再発防止とともに、真相についてしっかり追求していただきたいです。

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.