良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

時価2億円ダイヤモンドルース盗まれる!犯人は?なぜ盗まれた?怪盗キッドかルパンか…誰?

10月24日午後6時過ぎ、「展示していたダイヤモンドが無くなっている。」と110番通報がありました。

横浜市西区みなとみらい1のコンベンションセンター「パシフィコ横浜」のDホールで開催されていた「第7回国際宝飾展 秋」の会場で50カラット直径3cm時価約2億円相当のダイヤモンドルースがショーケースから無くなっていることに関係者が気付き神奈川県警に通報しました。

ダイヤモンドを出展していたのは埼玉県草加市の男性会社役員(54)でこの日の午後5時頃このダイヤモンドをショーケースから取り出し客に見せてその後ショーケースの鍵をかけ忘れた可能性があったということです。

盗まれたのはショーケースを開けた午後5時からダイヤモンドが無くなっていることに気付いた午後6時頃とみて、警察は防犯カメラを調べるなどして捜査を開始しました。

『ルパンの仕業か?!怪盗キッドか?!』と思わせるような巧みな怪盗事件。

今回詳しくみていきます。

 

 

【事件現場は?】

横浜市西区みなとみらい1にある「パシフィコ横浜」のDホール内で事件は起こりました。

ダイヤモンドルースが展示されていたのは、「第7回国際宝飾展 秋」の会場で、展示期間は10月23日~10月25日。

展示時間は午前10時~午後6時まででした。約410社が出展しており入場者数は期間を通して約1万人が訪れるということです。

ダイヤモンドが盗まれた時間もたくさんの人が会場を訪れていました。

 

 

【ダイヤモンドルースとは?】

参照:Yahoo!

 

普通に生活していると聞き慣れなれない「ダイヤモンドルース」

これ実は「裸石」のことで、研磨され石だけの状態のものをこう呼びます。

このダイヤモンドルースに台座を付けるなどしてアクセサリーとして身に付けることが出来ます。

 

 

【犯人は?なぜ盗まれた?】

 

 

この展示会に訪れるのはバイヤーがほとんどで、海外のバイヤーも多かったようです。

入場する為には招待券もしくは入場料5000円が必要で、

招待券は申し込めば無料で入手出来るようです。ということは、バイヤーや関係者のみに入場が許されている訳ではなく、

この会場に入ろうと思えば誰でも入れる状態だったようです。

 

また、ダイヤモンドが盗まれた時は「ショーケースにカギがかかっていなかった」ということです。

ショーケースにカギがかかっていないことに気付いた犯人が「魔が差した」のか、

それとも、カギがかけられていない状況を巧みな技で作りダイヤモンドを持ち去ったのか?

『宝石のプロ』が集うこの展示会で50カラットもの大物ダイヤを狙うという大胆な犯行。

盗んだ犯人も『盗みのプロ』だったのでしょうか?

 

そんな中で最新の情報では不審な男女がいたという事です。

もしかしすると初めから狙っていた奴らがいたのかもしれませんね。

 

 

【まとめ】

今回の怪盗劇、怪盗ルパンや銭形警部を思い浮かべた人や怪盗キッドとコナンを思い浮かべた人も多かったのではないでしょうか?

しかし、時価2億円もする大きなダイヤモンドが入っているショーケースのカギをかけ忘れるとか…。

出展者は悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

もしかしたらそのカギをかけ忘れたのも…

 

犯人が早急に見つかり逮捕され高価なダイヤモンドが所有者の手に戻りますように…。

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.