良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ

お得で素敵で面白くて暇を潰せる【芸能・スポーツ・社会・旅・その他】の最新情報を画像や動画をたま~にちょこっと使って分かりやすくお伝えします。

事件事故

富士山滑落生配信のニコ生主のTEDZUとは?Twitterと滑落した理由。登山道閉鎖中に軽装で登山

思わず目を背けたくなるような配信動画、富士山滑落を世界中に生配信した初めての人物ではないでしょうか。

ニコ生主の TEDZUが、生放送中に富士山頂付近から滑落しました。動画を見た複数の人たちから通報があり、警察は捜索を開始しました。

シーズンオフの富士山頂付近で一体何がおきたのでしょうか。

そしてこの TEDZUとはどんな人物でしょうか。

富士山滑落生配信のニコ生主のTEDZUとは?Twitterと滑落した理由。登山道閉鎖中に軽装で登山

 

 

事故のあらすじ

 

参照:静岡テレビ

 

10月28日の午後2時半頃、富士山頂付近を歩いてライブ配信していた登山者が滑落する動画がある、と複数の通報がありました。

警察がヘリコプターで確認したところ、山頂から人が滑落したような跡がありました。

県警の山岳救助隊が、翌29日の午前5時から捜索活動を行っています。

また、動画配信のアカウントから、登山者の特定を急いでいます。

付近には人影がないとのことで、かなり長い距離を滑落したようです。

また、富士山の登山シーズンは7月上旬から9月上旬の2か月間しかなく、今年は9月10日に終了しており、現在は登山道は閉鎖されています。

シーズンオフの登山。これこそまさに自己責任になりますが、救助隊を巻き込み、自分勝手では済まない事態となっています。

 

 

TEDZUの顔画像や経歴とTwitter

 

この登山者は、 TEDZUというニコ生主で、twitterアカウントは@TEDZU_lawです。

 

 

顔画像は公表されています。(ここでは公表しませんが去年の夏ぐらいまで遡るとわかります)

現在40歳のようで、大腸がんの闘病経験があり、司法試験に不合格

その後ニートとなり、ニコ生主に。

最近はダイエットを中心に発信していました。

たびたび富士山に挑んでいるようで、今年の夏も何度か登ったようです。

そして不吉な予言ともとれるつぶやきがありました。

 

 

登山の状況

 

参照:静岡テレビ

シーズンオフの登山でしたが、どんな状況だったのでしょうか。

登山直前のツイートでは、バスで向かっていたところ、乗客はみな河口湖駅で下車してしまい、シーズンオフを実感していたようでした。

夏山以外の期間、富士山はどのような状況なのでしょうか。

まず、山小屋とトイレが閉まっています。

10月後半は早くも積雪があり、実際動画でも雪が確認でき、最も危険な季節になります。

山頂付近は凍ってしまい、アイゼンやピッケルの刺さりが悪くなります。

そこに強い風が吹き、バランスを崩して滑落する可能性があがります。

ベテランでも簡単に飲み込まれてしまうほどの風が吹きます。

山頂付近は40度近い傾斜となり、いつ事故が起きても不思議ではないのです。

シーズンオフは、法律や条例で登山を禁止されているわけではなく、登山計画書を提出し、十分な準備・技術・体力をもって挑むことはできますが、死と隣り合わせであることを忘れてはいけません。

 

さらに、今回の登山、 TEDZUはありえないほど軽装だったそうです。

アイゼンやピッケルはなく、しきりに『寒い、手が冷たい』とコメントしていました。

ちょっと、富士山をなめすぎだったのでしょうか。

動画配信で注目されたい気持ちが、身に降りかかる危険より勝ってしまったのかもしれません。

 

 

まとめ

 

参照:静岡テレビ

 

動画を見ると、装備の薄さも気になりますが、やはり動画を撮って実況しながら歩けるような場所ではないと感じました。寒さや孤独感もあって、注意力が散漫になりそうです。

30日の昼現在、まだ見つかってはいません。

救助隊が捜索にあたりますが、シーズンオフの登山者には、救助隊も危険と隣り合わせになることを改めて感じてほしいと思ったできごとでした。

-事件事故

Copyright© 良い転機になるかも…とても能天気な情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.